TOP > > 去年のあなたは夏ヤセ?夏太り?夏の肥満の意外な盲点とは

去年のあなたは夏ヤセ?夏太り?夏の肥満の意外な盲点とは

夏は痩せない季節?

例年の猛暑、続く熱帯夜…夏は開放的な気分になる楽しい季節でもありますが、こうも暑過ぎると体はすっかりバテてしまいますね。夏バテしたせいで自然に体重が減ってしまうという人もいるでしょう。

中には、夏バテによるダイエット効果を期待していたのに秋になったらかえって体重が増加していたよ…!という人も少なくないようです。なぜ、夏ヤセする人と夏太りする人がいるのでしょうか?

夏というのは痩せやすい季節というイメージがあるようですが、実は気をつけないと太りやすい季節でもあるのです。ではなぜ、夏は太りやすい季節なのでしょうか?

夏に太りやすい理由① ~基礎代謝量の低下~

私達の体は気温が高くなると基礎代謝量が低下します。基礎代謝量というのは、生命を維持する上で必要最低限の体温を作るのに必要なエネルギー量です。

気温の低い冬は体温が下がりやすいので体温を上げるために基礎代謝量が上がります。食事から摂取したカロリーや体脂肪が熱を作るためのエネルギーとしてたくさん必要になるということです。そのため、太りにくくなります。

一方、気温の高い夏は体温が上がりやすいので体温を上げないために基礎代謝量が低下します。これは食事から摂取したカロリーや体脂肪がエネルギーに使われにくくなるということなので、痩せにくくなります。

基礎代謝量+活動量<1日の摂取カロリー量

になった場合に余分なカロリーが脂肪として蓄積し始め肥満が起こります。ですから、夏太りを防ぐには基礎代謝量が少ない夏は食事の摂取カロリーが増えすぎないように、食生活を見直す必要があるのです。

夏に太りやすい理由② ~夏バテ予防のつもりが…~

夏に太りやすい理由に「食べ過ぎ」があります。夏は暑さで食欲が減退し栄養不足になりやすいので、なるべくスタミナのある食事を食べるようにしなければならない、というイメージがあるようです。

確かに夏は自律神経のバランスが乱れて、内臓の機能が低下し、食欲不振、消化不良、疲れやすい、だるい、といったいわゆる夏バテが起こりやすいのですが、基礎代謝量が下がっていますので無理に栄養をつけようと食べてしまうと逆にカロリーオーバーになりがちです。

特に夏向きのおかずには、食欲を増進させるために味付けの濃いコッテリした食事が好まれますが、塩分、油の摂り過ぎにつながりやすいので気をつけましょう。

おすすめの食事は、消化が良く、良質のたんぱく質とビタミン、ミネラルをバランスよく含む献立です。夏は消化機能が低下しやすいので消化が良い物を、そして体力をつけて体調を整えるためにはたんぱく質、ビタミン、ミネラルの摂取が効果的です。

夏太りしやすい理由③ ~冷たい物の摂り過ぎ~

暑いとどうしても冷たい食べ物、飲み物ばかり摂取しがちです。しかし、アイスやジュース、ビールは糖質やカロリーが多く、毎日摂取しているとカロリーオーバーにつながりやすくなります。

また、そうめん、冷やし中華といった冷たい食事はのど越しが良くて食べやすいのですが、冷たい食事ばかり続けるのは胃腸に負担を与えますので良くありません。冷たい食事や飲み物ばかり摂取していると内臓が冷えるためおなかに脂肪を蓄えて温めようとします。おなかポッコリになりますよ。

夏太りしやすい理由④ ~運動不足~

夏は猛暑で体力を奪われているため自然と痩せるのでは、と思っている人もいるかもしれません。しかし私達の生活を振り返ってみますと、現代人は冷房完備の建物の中で過ごすことが当たり前のようになっており、夏でも室内で案外と快適に過ごしているのです。

そのため意外と活動量が少なく、カロリーをあまり消費しない人も少なくありません。熱中症を予防するためにも涼しい室内で過ごすことは重要ですし、夏が運動不足になりやすいからといっても暑いさなかで無理に運動を行うことは厳禁です。

運動不足を解消する場合には早朝などの涼しい時間帯にウォーキングやラジオ体操といった体に負担の少ない運動を行うのがおすすめです。もちろん、涼しいからと言って給水や暑さ対策を怠ってはいけないことはいう間でもありません。

なんといっても、エネルギー消費が少ない時期には食生活とのバランスを考えて、必要以上にカロリーを摂取しないように気をつけることがのぞましいといえます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る