TOP > > 夏こそお肉!夏に太る原因4つと夏太りしないための4つの法則

夏こそお肉!夏に太る原因4つと夏太りしないための4つの法則

shutterstock_2107855392

「今年の夏も暑かったですね~」なんて呑気なことを話していると、「アレッちょっと太ったんじゃないの?」なんて言われたことはありませんか?

夏バテで食欲もなく、体重は減ってこそ増えるはずはないと考えがちですが、本当にそうなんでしょうか?

実は夏から秋にかけて体重が増加することは、決して珍しいことではなく一般的なことなのです。夏に太った身体は秋になっても痩せるのは難しいことも多く、秋冬の体調不良の原因にもなりかねません。

夏太りは一体なぜ起こるのでしょうか?夏太りにならないために覚えておきたい注意点を解説します。

夏に体重が増加する秘密1 : 低下した基礎代謝

shutterstock_2235190572

基礎代謝とは人間が生命を維持するために使用されているエネルギーのことで、

  • 呼吸する
  • 心臓を動かす
  • 体温を一定に保つ
  • 消化を行う

など、重要な機能を動かすための作用です。

例えば、寒い冬には体温が下がらないようにエネルギーを消費して身体を温めたり、暑い日は汗をかいて身体を冷やします。

基礎代謝は運動などを一切行わなくても消費するエネルギーであり、男女差や個人差によってもその量は違ってくるのです。

実は、寒い冬は身体を温めるために基礎代謝が高くなることが分かっています。その点では夏はエネルギーを消費しなくても生命維持がしやすい環境なので、基礎代謝は低くなると言えるのです。

基礎代謝が低いことは消費エネルギーも少なくなり、結果的に太りやすい体質へなってしまいます。

特に夏に汗をかかない人、体質や例えばエアコン下で仕事をしている人などは基礎代謝が低下しやすいと考えられます。

基礎代謝が低下した状態で冬場と同じ分だけ栄養を摂取する行為は、低下した割合で太ってしまうという訳です。

夏に体重が増加する秘密2 : 偏った栄養の食生活

shutterstock_1337735602

「暑い夏はなかなか食欲出ないし、あっさりとした物ばかりを食べています。」

でもちょっと待って下さいね。栄養面から見てその食べ物は本当にあっさりした、あなたにとって良い物なのでしょうか?

日本人は夏場に「あっさりした物」と言う定義で、炭水化物を多く食べる性質があります。

  • ソーメン
  • 冷麦
  • 冷やし中華
  • そば
  • うどん

・・・数えればきりがありません。

これらは全て炭水化物によって作られています。炭水化物とは糖質であり、血中の血糖値を上昇させる成分で、人間の活動を支えるエネルギーでもあります。

エネルギーとして使用しきれなかった糖質は脂肪として蓄えられますので、もちろん太る原因になります。

またあっさりした麺類などは気づかないうちに食べ過ぎてしまうことも多いので、注意が必要です!

夏に体重が増加する秘密3 : 筋肉量の減少

shutterstock_869018292

この季節には昼間の活動が暑さのために制限される場合も多いと思います。

その結果運動不足になり、筋肉量の低下を招く結果になってしまいます。筋肉量が減ることは基礎代謝の低下にも繋がるので、筋肉量が減らない工夫を行うことも重要な要素となります。

筋肉量を減らさないためには運動も重要ですが、栄養面でのサポートも大切な要素です。
特に炭水化物中心の食生活を続けることは、筋肉量の低下の原因ですので注意が必要ですよ。

夏場の暑い時期こそタンパク質を意識した食生活が必要です。良質なお肉と豆類を食べましょう!

特に

  • 鶏のささ身
  • 鶏の胸肉
  • 豚のもも肉
  • 牛のヒレ肉
  • 豆腐
  • 大豆などの豆

はタンパク質の代表で、なおかつ筋肉量を増やすのに適しています。
鶏のささ身は特にヘルシーですので、アスリートやモデルも積極的に食べていますよ。
また、

  • ブロッコリー
  • 牡蠣
  • にんにく

などは筋肉の生成の手助けをしてくれる成分が豊富なので、是非一緒に摂りたいものです。

夏に体重が増加する秘密4 : ビタミンやミネラル分の不足

shutterstock_1286572672

人間の身体は体温が上昇してくると、汗をかくことにより体温を低下させる作用をもっています。汗の成分のほとんどは水分ですが、塩分やビタミン、ミネラル分も含まれています。

ビタミンやミネラルは脂肪を燃焼するために必要な成分であり、欠乏することで脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

特にビタミンB群は脂肪の代謝を促進する作用があり、少なくなることで太りやすい体質になります。

ビタミンB群を補給するには、

  • 豚肉
  • うなぎ
  • レバー

などから摂取することが手軽で効果的です。

夏太りに負けないために!意識したい4つのポイント

shutterstock_1967836882

夏太りは基礎代謝をはじめとする身体の変化に気が付かず、冬のままの生活を送ることで起こる現象といえるでしょう。

夏太りしないためにあなたが意識するべきポイントをまとめてみましょう!

①冬よりも夏の方が太りやすい事実を認識し、食事量を調整する

②麺類などの炭水化物に偏らず、良質なタンパク質(肉、豆腐、豆)などを併用して食べる

③冷たいものを食べ過ぎて胃や腸を冷やさないように注意する

④ビタミン、ミネラルの補給は徹底して!不安ならサプリメントやドリンク剤を摂ろう

暑い日はまだまだ続きます。不健康な太り方をしてしまってアンニュイなひと夏になってしまわないように、ぜひ実践してみて下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る