TOP > > 痩せている人も要注意! 内臓脂肪肥満型とは?

痩せている人も要注意! 内臓脂肪肥満型とは?

一般的に肥満というと見た目にも明らかに太っているとわかる人ですね。しかしそれほど太っているわけではないのに、実は体の中が肥満だというケースもあります。太っていないのに肥満というのもどこか矛盾しているように思えますが、これを内臓型肥満といいます。

内臓型肥満とは?

内臓型肥満という言葉からもなんとなく想像できますが、内臓の周りに脂肪がついてしまう状態のことをこう言います。一般的に言われている肥満体型の人は皮下脂肪なのに対し、内臓の方に脂肪がついてしまうので様々な病気を引き起こす原因につながってしまいます。

普通の肥満の場合は体全体に脂肪が付きますが、お腹周りやヒップ・太ももなど脂肪がつきやすい場所にも多くの皮下脂肪がついているので、全体的にでっぷりとした印象になります。このシルエットが果物の洋梨に似ていることから、洋ナシ型肥満と呼ばれることもあります。

それに対し内臓型肥満の場合は、内臓が多く集まる上半身~お腹周りに脂肪がつくので、腕やひざ下はそれほど太くないのに、お腹だけポッコリとしてしまいます。上半身も太くなりやすいため、シルエットはりんごのように丸く見えるので、りんご型肥満とも呼ばれます。

内臓型肥満になりやすい人

内臓型肥満になりやすいのは、中高年以降の人です。男性にもその可能性はありますが、意外と女性にも多いのである程度の年齢になったら注意しておきたい病気の一つです。

自分はそれほど太っていると思っていないし、周囲からも太っていると思われない人でも中高年になってお腹がポッコリしてくることがあります。

中高年=メタボというようなイメージも定着していますが、これこそが内臓型肥満のサインでもあります。なんとなく最近お腹周りだけ太ってきたなと感じたら内臓型肥満である可能性もゼロではありませんので、病院で検査するのも一つの対策です。

内臓型肥満が危険だと言われる理由

太りすぎというのは確かに体のあちこちにも負担をかけるので、健康上はあまり良くないことだとされていますね。しかし一般的な皮下脂肪の肥満の場合は、何百キロもあれば話は別ですがある程度生活習慣や食事を改善することで、健康維持も可能です。

しかし内臓型肥満の場合は、これが生活習慣病につながる可能性が高くなるので危険だと言われているのです。脳卒中、心臓病、糖尿病、高血圧など全て生活習慣病に含まれます。

知名度の高い病名ですが、どれも命に関わる病気です。もちろん病院での治療も可能ですが、ある程度なら自分でも予防や対策ができますので、できるだけ早い段階から予防と対策を取っておくことも大切です。

内臓型肥満の予防と対策

内臓型肥満の予防と対策については、まずなによりも生活習慣と食生活の見直しをすることです。中高年に差し掛かるとどうしても基礎代謝が低下してしまいます。これは老化現象の一つなので誰にでも起こりうることです。

今までと変わりない食事と生活をしているのに、なぜが太ったと感じるようになったら基礎代謝が低下しているサインであることも多いのです。

「規則正しい生活リズム」と「栄養バランスを考えたヘルシーな食事」これは、内臓が肥満にかかわらずとても大切なことですし、美容と健康維持にも役立ちます。

特に中高年以降は基礎代謝が低下するとわかっているので、脂肪燃焼をサポートする食材も積極的に取り入れて行くといいですね。唐辛子のカプサイシンや、生姜のジンゲロールなどもおすすめです。

体を温める作用のある食材もいいですし、最近はトクホの烏龍茶やお茶なども人気がありますので、そういうものを取り入れるのもいいですね。厳しい食事制限をしなくても、お茶を飲むことで脂肪の吸収を抑えてくれます。食事だけでは限界もあるので、サプリメントなどを取り入れるのも効果的です。

適度な゚運動もいい薬になる

内臓型肥満の予防にはやはり「適度な運動」これが一番の薬になります。運動をする場合は有酸素運動が脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、犬の散歩やウォーキングなどのごく軽い運動で十分です。ラジオ体操も手軽にできるいい運動なので、運動が苦手な人にもおすすめです。

もしも余裕があるのならスポーツジムに通ってもいいですし、ヨガやピラティスなどインナーマッスルを鍛えるエクササイズを取り入れていきましょう。無理のない範囲で毎日続けることも大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る