TOP > > 糖尿病の元になる肥満!肥満予防に効果的な3つのポイント

糖尿病の元になる肥満!肥満予防に効果的な3つのポイント

肥満は糖尿病など、恐ろしい病気の引き金になります。でもついつい食べ過ぎてしまって、気が付いたら肥満と言う人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、肥満予防に効果的な栄養や食事のポイントを3つご紹介していきます!

ビタミンB1を積極的に摂取する!

肥満防止に効果的な栄養は、何と言ってもビタミンB1です。でもなぜビタミンB1が肥満防止に効果的なのでしょうか?実はビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える作用があるのです。その為、ビタミンB1は肥満防止に効果的だと言われているのです。

ビタミンB1が豊富に含まれている食品は、とうもろこし、パイナップル、ウナギ、豚肉などです。ただしビタミンB1は熱に弱いため、熱を与えるとそのパワーのほとんどを失ってしまいます。

ですから、なまのまま食べる事が出来るパイナップルなどでビタミンB1を補給する事がお勧めです。またビタミンB1の吸収率を高めるアリシンを含む食品と一緒に摂取すると、更に高い効果が期待できます。

アリシンは、玉ねぎ、ニラなどに含まれている栄養です。ビタミンB1の吸収を高めるためにも、ぜひ玉ねぎやニラを一緒に食べるように心掛けてください。

ジュースは自宅で作って飲む!

熱い季節になると、ついついジュース類に手が伸びてしまいます。でも市販のジュースは、砂糖がたっぷり入っています。たとえ100%ジュースであっても、多くの砂糖が配合されている商品が多いんですよ。

どんなに体に良い飲み物であっても、糖質の摂り過ぎとなれば肥満の元です。肥満予防を考えている方は、少し手間でもご自宅でジュースを作りましょう。手作りのフルーツジュースや野菜ジュースは、美味しいですし体にもいいです。しかも市販のジュースとは違い、砂糖の量を調整する事ができます。

極端に言えば、砂糖0で作る事もできます。完熟フルーツを使ってジュースを作ると、甘味料を入れなくても甘くておいしく仕上がります。ですから、ぜひご自宅でジュースを手作りしてください!

アルコールの飲み方に注意!

アルコールは、カロリーが高いものもたくさんあります。最近ではカロリーの低いお酒も多く販売されていますが、それでもアルコールの飲み方には注意が必要です。実はアルコールには、食欲増進作用があります。その為、ついつい高カロリーなおつまみを食べ過ぎてしまう傾向にあるのです。

特に焼き鳥、軟骨唐揚げ、コロッケなど脂肪分の多いおつまみに手が伸びやすい方は肥満になりやすいです。ですからアルコールを摂取する際には、カロリー控えめのおつまみを選んだりして、肥満にならないよう心掛けてください。

このように肥満を予防するためには、ビタミンB1を摂取する、ジュースを手作りする、アルコールの飲み方に注意するといった方法があります。肥満は様々な病気の引き金になりますので、ぜひお試しください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る