TOP > > 40代で急激に増える中年太りを解消する運動と食べ物とは?

40代で急激に増える中年太りを解消する運動と食べ物とは?

何十年振りかの同窓会に参加してみたら、10代の頃イケメンだった男性が、見事なまでに老化し、「当時の見る影もない」なんていう経験があるかもしれません。人間の老化というのは、身体の内部、外部ともに、40歳を過ぎた辺りから、急激に進むと言われています。

この老化の背景には、年齢を重ねたことによる基礎代謝の低下や、ホルモン量の低下が要因と言われ、老化現象を食い止めることは物理的に出来ないのですが、この老化スピードをスローにすることは可能なのです。急激な基礎代謝の低下とホルモン量の減少を防ぐために、必要な運動や食材をご紹介いたします。

40代で急激に中年太りという名の肥満に向かう理由

今まで若い外見を保っていた人でも、40歳を超えた辺りから突然老化や肥満が始まると言われています。肥満というのは、単純に考えれば「摂取したエネルギー」が「消費したエネルギー」を上回った時に始まり、コレが蓄積され肥満が拡大します。

私たちのエネルギー消費量を基礎代謝というのですが、基礎代謝とは呼吸をする時でも使われ、生きるために必要最低限のエネルギーと言えます。そしてこの基礎代謝量が40代を境に急激に減少するため、同時に老化現象や肥満が引き起こされるのです。

例え運動量が若いころと一緒であったり、全く同じような食事、生活習慣を続けていても、どんどん太ってしまうのはこのためなのです。中年太りが怖いのは、このような外見的な変化だけでなく、身体の内面をも侵食していきます。

例えを挙げると糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病が挙げられます。ということで、40代以降については特に、太らないための身体作りが重要になってきます。

中年太りを予防・改善するための食生活

中年太りに限らず、身体を内面的にも外面的にも良質な状態を保つためには、身体を作る基となる食事と運動がキーポイントになってきます。また、老化による肥満を防止するために重要なポイントは、体内の酸化を防ぐこと、ホルモン分泌量をアップさせることにあります。

酸化やホルモンの低下は、細胞などの機能低下を招き、老化現象を加速させてしまうため、糖尿病などの生活習慣病や、うつなどのメンタル疾患、女性の大敵であるシミやシワなどの問題も発生してきます。それでは各ポイントについて改善方法を見ていきましょう。

体内の酸化を防ぐ食事法

・ベータカロテン:人参、かぼちゃ、ほうれん草
・ビタミンC:レモン、みかん、ブロッコリー、小松菜
・ビタミンE:アーモンド、ほうれん草、かぼちゃ、イワシ
・ポリフェノール:赤ワイン、ブルーベリー、ココア、リンゴ
・フラボノイド:レタス、春菊、玉ねぎ、大豆

体内の酸化という現象は、活性酸素の働きによって発生するので、それらを除去するために、基本的には、上記5栄養素から何か一つの食材を選び、それを摂取することを心がけましょう。

中年太りを防ぐ運動法

・膝をつま先より前に出さない事を意識した形でのスクワット・・・10回/日
・膝を床に付けた形での腕立て伏せ(両手の幅は肩幅より広め)・・・10回/日
・椅子にに座った状態で踵をお尻に向かって引き上げる運動 ・・・10回/日

ということで、中年太りを解消・予防する食事法・運動法についてお伝えしてしてきましたが、重要なポイントはこの食事と運動の習慣を継続することです。一回実践して終わりではなく、継続することによって基礎代謝を上げ、ホルモンをアップさせましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る