TOP > > ヨーグルト+アーモンドで、骨だけでなく血管まで健康にできる!

ヨーグルト+アーモンドで、骨だけでなく血管まで健康にできる!

ヨーグルトは「健康のために役立つ、朝の定番」としてよく挙げられますよね。ですがせっかく朝にヨーグルトを食べるのなら、そのヨーグルトの健康効果をさらにアップさせてみませんか?

ヨーグルトの健康効果アップのために、難しいことは何もありません。実は、単に「ヨーグルトとともにアーモンドを一緒に食べる」というだけでOKなのです!

ヨーグルト+アーモンドで骨も血管も元気!

ヨーグルトとともにアーモンドを食べることが、なぜ健康効果アップにつながるのかというと、まずひとつは、「ヨーグルトのカルシウムの吸収率を、アーモンドのマグネシウムがサポートするから」というのが挙げられます。

実はカルシウムというのは、単体では吸収率がそれほど高くないのですが、ここに適量のマグネシウムが加わると、とても吸収効率が良くなるのです。アーモンドによってマグネシウムが摂取できれば、ヨーグルトのカルシウムを骨の生成・増強のために効率よく活かせるようになり、骨の元気につながる、というわけですね。

ヨーグルトにアーモンドを加えることによる健康効果は、これだけではありません。ヨーグルトの乳酸菌とアーモンドの食物繊維が、腸内環境を整えて、悪玉菌の退治や便秘解消にも役立ってくれます。

腸内環境が整って乳酸菌が腸内で増えると、これがコレステロールと結びついて、悪玉コレステロールの体外排出もしてくれるんです。つまり、血中の悪玉コレステロールを減らし、サラサラ血液にする効果が期待できる、ということなんです。

そしてさらに、アーモンドには抗酸化力が非常に強いビタミンEやビタミンB2、ポリフェノールも豊富に含まれています。これらの抗酸化成分は、血管の老化現象を抑制するためにも働きかけてくれるので、この点でも血管の健康づくりに役立つのです。

アーモンドは細かく砕くのがおすすめ!

ヨーグルトとアーモンドを一緒に食べる健康法の効果を最大限に引き出すためには、アーモンドの栄養分をしっかり吸収しやすいように、アーモンドを細かく砕いた状態にしてから、ヨーグルトに入れて混ぜるのが一番のおすすめです。

「朝食の時間は余裕を持ってたっぷりと取れる」という人であれば、アーモンドを自分の歯でしっかり細かく噛み砕きながらヨーグルトを食べる、というやり方をするのももちろんOKですが、ほとんどの人は、朝のあわただしい時間に、アーモンドを噛むことにあまり時間をかけてはいられないでしょう。

ですから自宅にミルサーがあれば、それを使ってアーモンド粉末を作り、ヨーグルトに入れるのが一番です。ミルサーがない場合は、すりばちや包丁などを使って細かくするといいでしょう。

ヨーグルトが苦手な人は「牛乳とアーモンド」でもOK!

というわけで、朝の健康効果アップのために超おすすめな「ヨーグルト+アーモンド」の組み合わせですが、ヨーグルトが苦手だという人は、「牛乳+アーモンド」の組み合わせでもかまいません。

ミルサーなどでとことん細かくしたアーモンド粉末を牛乳に入れ、よくかき混ぜながら飲みましょう。インスタントコーヒーと砂糖を加えて、コーヒー牛乳のようにして飲むと飲みやすいですよ。

ヨーグルトを牛乳にチェンジすることによって、乳酸菌の作用は得られなくなりますが、それ以外の効果は問題なく得られます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る