TOP > > ヨーグルトと腸内環境、種類を変えると効き目ナシ!?

ヨーグルトと腸内環境、種類を変えると効き目ナシ!?

ヨーグルトが健康に良いという話は、今やほとんどの人が知っている事と思います。事実、ヨーグルトの健康効果は素晴らしいものですが、同じ銘柄や種類を食べ続けなければ効果がない事は、あまり知られていません。味や価格に幅が出て選択肢の増えた今、知らずに手に取っていると期待する効果を得られない場合があります。

意外に知らない!ヨーグルトの正しい選び方「同じ菌のものを選ぶ」

一般的に、ヨーグルトを習慣的に食べる目的は腸内環境の改善を期待しての場合が多い様です。腸内環境は、早くても変化するのに1週間必要で、昨日ヨーグルトを食べたからといってただちに変化があるものではありません。

ヨーグルトの強みは生きた乳酸菌を直接、腸まで送り届けられる事。その菌が身体に合っていれば、腸内を理想的な環境に変えてくれる役割を持っています。ただし、乳酸菌は1種類ではなく、多様な種類があるのがポイントで、もし違う種類の菌が同時に腸内に入ると、改善どころか期待する効果が消滅してしまいます。

また、菌には体質の関係で花粉症などのアレルギー症状を緩和するものもあれば、体質に合っておらず全く効果の出ないものなど個人差があります。ヨーグルトを試す場合は基本の1週間を目安に食べ続け、自分にあった菌を見つけるのがベターです。

一般的にパッケージに記載されている事の多い菌には、「L.カゼイシロタ株」、「ビフィズス菌」、「ガセリ菌SP株」があり、これらは目につく様に大きく表示されている事も多い菌です。

たとえ他の人に勧められても、それが自分に合うかは試すまでわかりません。まずは「1週間」。試して効果が感じられない様なら違う菌のものを試してみましょう。

ヨーグルトが効きやすくなる食生活「菜食中心、肉は控えめ」

ヨーグルトさえ食べていれば健康になれるのかと言えば、残念ながらそうではありません。ヨーグルトの菌にも活動しやすい環境が必要で、肉食中心の食生活は身体を酸性に傾け、菌が活動しにくい環境を生んでしまいます。

野菜や果物に含まれる食物繊維は菌のエサになるため、ヨーグルトと一緒に食べるとより効果を実感しやすくなります。また、菌が活性化する事により数が増え、整った腸内環境を維持しやすくなります。

おすすめは生のフルーツ+ヨーグルトを食事に取り入れる事。甘みのないヨーグルトは生野菜のドレッシングとしても利用できるため、積極的に利用できます。水をきってチーズの様な食感にしたりとレシピに幅を持たせられるのがヨーグルトの良い所。是非とも習慣にして毎日の健康維持に役立てましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る