TOP > > チコリで安眠効果が得られる!医食同源で健康になる①

チコリで安眠効果が得られる!医食同源で健康になる①

私達が知っているチコリと言えば、たまにカフェやレストランの料理に添えられている、ちょっと苦みのある葉もの野菜という感じで、あまり家庭料理で食べている人はまだ多くはないようです。

しかし、ちょっと待って。この小さな白菜のような形をした野菜に安眠効果があるって、知ってましたか?体調がすぐれないとすぐに薬に頼ってしまいがちな忙しい現代ですが、体を基盤から整えてくれる一番効果の高いものは何と言っても食事です。

「医食同源」とは、医療と食が強く結ばれてこそ健康を保てることを表しています。薬に頼る前に、まず食事から。今日は大事な睡眠をサポートしてくれるチコリに焦点を当てましょう。

チコリに含まれる成分とは

安眠に効くなんて他の野菜では聞いたことがありませんね。チコリはキク科の多年生植物ですが、一体どんな栄養分が含まれているのでしょうか?

食物繊維
葉酸
ラクチュコピクリン

これらが主に含まれる成分ですが、最後にある「ラクチュコピクリン」、これが安眠へ導いてくれる大切な栄養素と言われています。

ラクチュコピクリンとは

チコリを食べると軽い苦みを感じますが、この苦みがラクチュコピクリンの成分です。鎮静と鎮痛の効果があると昔から言われ、ハーブの世界では野菜としてだけでなく、花から根まで健康のために食べたり飲んだりされています。

これはメラトニンなどと似た働きをしてくれるので、中枢神経に作用するので鎮静・鎮痛に効くのです。チコリには他にも肝臓など内臓の機能に良いとも言われていますから、積極的に普段から食べると良いですね。

どんな食べ方が良い?

旬は冬の寒い季節です。乾燥しやすいので、買ったらすぐに食べてしまいましょう。生で充分食べられるので、サラダやマリネに使うと良いでしょう。また、軽く焼いたりお湯でさっと通して温かくしても美味しく頂けます。

軽く茹でる時にレモン汁を足しておけば軽くアク抜きもできます。これなら葉の変色も防げますから、最後までキレイに食べられます。

葉を一枚ずつむくと小さなスプーンのようになるので、くぼみにテリーヌや他の野菜などを乗せれば、パーティーなどのオシャレな演出をしたい時にも活躍してくれますよ。

普通のレタスには含まれていると聞くが?

一部では私達がいつも食べているレタスにも同じ効果があると書かれているものもありますが、ラクチュコピクリンがしっかり含まれているのは「ワイルドレタス」という別の食べ物で、残念ながら日本では販売されていません。

普通のレタスにもごくわずか含まれているとも言われていますが、相当な量を食べないと効果は期待できませんし、レタスを大量に食べると今度は体を冷やす効果が高まって、逆に眠りにつきづらくなりかねません。

どうしてもチコリを食べるのが苦手ならば、乾燥させて作られたハーブやコーヒーだと抵抗も少なく取れますよ。コーヒーはもちろんノンカフェインですから、眠る前に飲んでも大丈夫です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る