TOP > > 真夏の紫外線浴びてしまったら?○○を食べて日焼けダメージから回復

真夏の紫外線浴びてしまったら?○○を食べて日焼けダメージから回復

紫外線のダメージとは

夏といえば小麦色に焼けた肌が健康的…というのはひと昔以上前の話です。その後に始まった「美白ブーム」から今に至って肌を焼いてはいけないことはもはや当たり前、というのが一般的です。

というのも、日焼けの原因である紫外線は私達の体にさまざまな悪影響を及ぼす有害なものということが知られてきたからです。紫外線というのは太陽光に含まれる最も波長の短い光です。

紫外線は太陽光の中でもエネルギーが大きいため、私達の体に様々な影響を与えます。殺菌、骨を強くするという良い効果もあるのですが、DNAの損傷、肌の老化、日焼け、雪目、白内障、そして皮膚がんといった悪い影響も与えます。

ですから、私達はなるべく紫外線を浴びないように日常から気をつけなければなりません。私達は年中紫外線を浴びています。地球上に届く紫外線にはUVAとUVBがあり、UVAは5~6月に、UVBは7~8月に非常に多くなりますので、特に屋外に出る時は日焼け止め対策が必須になります。

UBAは日焼けによって皮膚を黒くしたり、しみやしわなど肌の老化を引き起こす紫外線です。UVBはエネルギーが強く、すぐに赤み、水ぶくれといった炎症を起こし、DNAの損傷や皮膚がんの原因になるとされる怖い紫外線です。

紫外線ダメージの回復におすすめの食べ物

夏はただでさえ紫外線を浴びやすい季節ですが、海、山とアウトドアを楽しむ機会も多く、特に海水浴などはうっかりしていると全身の日焼けでヒリヒリ痛むといったダメージが起こりやすいものです。

日焼けしたら冷やす、日焼け用のローションをつけるなどのケアと共に、紫外線ダメージの回復におすすめの食べ物を意識して食べてみましょう。日頃から食べておくと紫外線を浴びた時のダメージを抑える効果も期待できます。

回復に効果のある栄養素はビタミンC、βカロテン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、たんぱく質、ポリフェノールです。

ビタミンC

皮膚や粘膜を丈夫にする。メラニン色素の増加を抑える。紫外線で発生する活性酸素を除去する。コラーゲン生成を促す。ピーマン、イチゴ、柑橘類、パプリカ、キウイフルーツに多く含まれる。

βカロテン

皮膚や粘膜を丈夫にする。抗酸化作用がある。特に日焼け前に摂取するのがおすすめ。ニンジン、トマト、カボチャ、ミカンに多く含まれる。

ビタミンB2

皮膚の新陳代謝を促進させ、メラニン色素を排出しやすくする。うなぎ、レバーに多く含まれる。

ビタミンB6

たんぱく質の代謝を促進させる。玄米、牛乳、ほうれん草に多く含まれる。

ビタミンE

抗酸化作用がある。血行を促進させる。カボチャ、ナッツ類、アボカドに多く含まれる。

たんぱく質

すこやかな皮膚を作る。肉、魚、豆類、卵、乳製品に多く含まれる。

ポリフェノール

抗酸化作用がある。ワイン、りんご、ブルーベリーなどに多く含まれる。コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールは紫外線対策に効果があるとして注目されています。

野菜、果物にはビタミン、ポリフェノールがたくさん含まれていますのでサラダや自家製のスムージーにしていただくのがおすすめです。これなら熱で壊れやすいビタミンCを生で摂取できるメリットもあります。サラダにはアボカド、パプリカ、トマト、スムージーにはホウレンソウ、パセリ、レモン、キウイフルーツがおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る