TOP > > 好き嫌いは分かれますが…女性にセロリをおすすめしたい理由5つ

好き嫌いは分かれますが…女性にセロリをおすすめしたい理由5つ

セロリはお好きですか?

世の中にはたくさんの種類の野菜があり、個人差はありますが私達は野菜をよく食べます。野菜そのものが苦手!という人もいますが、この野菜は好き、この野菜は嫌いという多少の好き嫌いは誰にでもあるものです。

野菜の中でも、多くの人に好まれやすい野菜、逆に嫌われやすい野菜がありますね。嫌われやすい野菜では例えば、青くさいもの、苦いもの、においが強いものが多いです。

そのひとつにはセロリも含まれます。セロリの香りが強く独特です。ある人には芳香に思えるのにまた別の人には嫌いなにおいにとらえられるという面白い性質を持った香りです。

セロリは個性的な野菜というだけでなく、実は栄養価が高く体のために良い野菜ということを知っていただきたいと思います。好きな人も苦手な人も是非セロリを食生活に取り入れてくださいね。

セロリの特徴

セロリはスーパーや八百屋によく並んでいますから知らないという人はあまりいないでしょう。セロリはセリ科の淡色野菜で、オランダミツバとも呼ばれます。香りや見た目は同じセリ科のセリやミツバに似ています。

原産地はヨーロッパの冷涼な高原で、古代ローマの時代から薬用として用いられてきました。日本では洋食文化が取り入れられる頃から食用として利用されるようになりました。実はすでに国内に入ってきていたのですが、それまではにおいが強過ぎて広まらなかったのです。

私達がお店から入手するセロリは茎に葉がついた状態のものですから主に茎と葉を食用していますが、セロリはほとんどの部位が食用できるので実、根も利用されます。

乾燥させた実はセロリシードという呼び名で香辛料に使われています。茎は水分をたっぷり含んでみずみずしくすじが多いです。葉と茎は加熱するほか生食でもおいしくいただけます。

セロリには栄養価が高い

セロリにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。主にビタミンA・B1・B2、C、K,カルシウム、カリウム、鉄、葉酸、食物繊維などを多く含んでいます。また、100gあたり16kcalとカロリーが低く、セロリの茎を1本食べたとしてもたった9kcalほどしかカロリーがありません。とてもヘルシーな野菜です。

セロリを女性におすすめしたい5つの理由

セロリは体に必要な栄養素を豊富に含むほか、いくつかの体に有効な成分も含んでいますので摂取することで体に良い効果が期待できます。特にセロリは女性の健康に良い野菜なので、是非女性には意識して食べていただきたいと思います。

「抗酸化作用」

ビタミンA、ビタミンCはどちらも抗酸化作用を持ちます。抗酸化作用によって細胞の老化を防ぐのでアンチエイジング効果が期待できます。また、どちらも皮膚や粘膜をすこやかに保つ作用があるので美肌効果も期待できます。

「貧血予防」

セロリは鉄を含むので貧血予防に効果が期待できます。また鉄の吸収を促進するビタミンCも含まれているので効率良く鉄を摂取することができます。

「女性ホルモンのバランスを整える」

セロリには含有アミノ酸の一種メチオニンが含まれています。メチオニンは女性ホルモンの分泌を促進するので女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。更年期障害の改善にもおすすめです。

「便秘対策」

セロリには食物繊維が多く含まれています。食物繊維は腸内で便にかさを与えて排出しやすくする効果があるので便秘対策に効果的です。

「イライラ・ストレスを解消」

セロリの特徴でもある芳香のもとになっているのがいくつかの精油成分です。

アビオイル・テルペン…神経の興奮を鎮める、ストレスの解消
アピイン…血圧を下げる、精神不安の解消
ピラジン…精神を安定させる、脳のはたらきを良くする

このほかにもセロリには血液サラサラ効果、デトックス効果、コレステロール値抑制などの嬉しい効果が期待できます。

セロリを上手に食べるには

健康を意識してセロリを食べる際、生で食べても加熱して食べても問題ありません。好きな調理法で食べるのがおすすめです。セロリは生で食べると茎のシャキシャキした食感とさわやかな香りが楽しめます。サラダやセロリスティックに利用されることが多いです。

ほかの野菜やフルーツと一緒にフレッシュジュースにするのもおすすめです。洋風の煮込み料理やスープに入れると味に深みが出ておいしくなります。煮込むとセロリのにおいやすじは気にならなくなるので、セロリがあまり好きではない人は加熱して食べるとよいでしょう。

調理の際は、茎の表面のすじは硬すぎるので薄くそぎ落とすのがおすすめです。茎に対して横に切ると繊維が切られるので食べやすくなります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る