TOP > > マルチビタミンのサプリってどれくらい健康のためにオススメなの?

マルチビタミンのサプリってどれくらい健康のためにオススメなの?

手軽にバランスよくビタミンが摂れるサプリメント

マルチとは、多数、多様という意味で、マルチビタミンと言えば、多種のビタミンが複合されているということです。なので、そのサプリメントを摂れば一度に数種類のビタミンをバランスよく摂ることができる、ということになるのです。

時間に追われる現代では、バランスの良い食事を十分に毎日摂るのは、少し難しいかもしれません。また、食材の好き嫌いや外食メインで同じ料理ばかり食べている場合、もしくは単一食(インスタントラーメン、ハンバーガーなど)が多い場合も、当然ですが必要なビタミンが殆ど摂れていません。

そういう食生活を補うために、サプリメントを食事の一部として活用するのはいいと思います。昔と違って、便利さと引き換えに、必須成分(身体のために必ず食事から摂らなければならない成分)が摂れなくなってきているので、更に便利なもので補うというのも、今風な生き方かもしれません。

身体のために必要なビタミン

マルチと一言で言っても、実際には何というビタミンがどのくらいの量入っているかというのは、製造会社によって違うと思います。せっかくバランスよく捕食のためにサプリメントを摂るのであれば、自分に必要なビタミンが必要量入っているものを選ぶべきです。

ビタミンの働きは、代謝を高めたり、ミネラルの吸収を促進したりといった、人間の身体をメンテナンスするのに欠かせない物質です。欠けることで様々な病気や障害といったトラブルが生じてしまいます。

必須とも言われるビタミンには、水溶性9種と脂溶性の4種があります。水溶性は、ビタミンB1、B2、ナイアシン(B3)、B6、B12のビタミンB群と、ビタミンC、葉酸、ビオチン、パントテン酸の9種類です。脂溶性は、A、D、K、Eの4種類です。

水溶性とは水に溶け出すタイプで、熱に弱いものもあるため、食事から摂る場合は、調理の仕方も重要なポイントになります。知らずに調理していると、食べているのに摂れていないということが起きてしまうのです。また、水溶性であるがゆえに、体内に蓄積されにくいため、毎日摂る必要があります。

脂溶性のビタミンは、脂に溶けるということですので、脂と一緒に摂ると効率よく吸収されますが、こちらは体内に蓄積されやすいので摂り過ぎるとよくありません。サプリメントで摂る場合も、良いからといって摂り過ぎると危険な場合がありますので気をつけましょう。

自分にとって不足しがちなビタミンを知る

マルチビタミンサプリは、基本的に必須バランスを考えて作ってあります。そのため、自分に不足したものだけを摂りたい場合、わかっていれば、マルチではなくその不足したビタミンだけを摂るのもいいと思います。

しかし、一般的には体調が狂うなどの症状が出た際に、何が不足しているかわかればそれを集中的に摂ればいいのですが、予防的にはわかりません。

そこで、どうやって判断するかというと、自分がいつもどういう食事を食べているかを考えてみます。丼ものが多い人は、エネルギーやタンパク質は摂れるのですが、ビタミンは不足しがちです。

定食を食べていても、いつも同じような主食や個人的な好き嫌いで残してしまったりしていては、ビタミンやミネラルは不足しています。

主に外食や簡単な食事の多い方は、マルチビタミンが特にオススメです。病気や体調不良になる前に、マルチビタミンサプリを摂りましょう。サプリメントとして摂っている間はあくまで捕食で、薬ではありませんので大丈夫です。

ただし、3食しっかりと食事をしている場合は、摂り過ぎということもありますので、特に脂溶性ビタミンは気を付けて下さい。自分の食生活のバランスが悪いと思ったら、迷わずマルチビタミンサプリを飲むのがいいと思います。

サプリメント補給のリスク

人間の体は、基本的には自然の物を食べることで、消化吸収するようにできています。これは私の個人的考えですが、人の手によって作り出されたものには、身体が分解しきれないものもあるような気がします。

つまり、ビタミンを補足しようと思ってサプリメントを飲むとしても、そのサプリメントをつくり上げるために、本来摂ることのない物質も含まれているのです。

それが完全に自然由来とかであればいいのかもしれませんが、着色料や保存料などが入っていれば、それは体内に溜まってしまうか、あらためて解毒しなければならないからです。

できれば、ビタミンの推奨される1日の摂取量を調べ、そのサプリメントからそれだけの量が摂れるかどうかを確認して選び、適量を守って飲むのが一番安心で安全だと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る