TOP > > 日本茶で美肌効果ありのビタミンCを摂りましょう

日本茶で美肌効果ありのビタミンCを摂りましょう

美肌効果があると有名なビタミンCが日本茶、特に煎茶に多いことに注目してみましょう。上級な煎茶ほどたくさんのビタミンCが含まれています。煎茶を1日4~5杯飲むと、1日推奨摂取量100㎎の30~50%のビタミンCを摂ったことになります。

熱に弱いビタミンCが何故、熱いお茶の中では活きているの?

確かにビタミンCは熱にはとても弱いです。又、アルカリ性にも弱い、酸化もされやすいといった、ビタミン類の中ではとてもデリケートな性質を持っています。例をあげてみますと、野菜に含まれているビタミンCは10分間ゆでると50%以上も壊れてしまいます。

その一方、日本茶に含まれるビタミンCは壊れずに安定しています。それは日本茶の成分の横綱とも言えるカテキン類によって守られているからなのです。畑でできる作物のビタミンCは日光を浴びることによって作られます。

従って、被覆栽培で作る玉露や抹茶よりも、照りつける太陽の下で栽培される煎茶のほうが、より多くのビタミンCが含まれています。又、ビタミンCは酸化されやすいので、発酵させて作るウーロン茶には少量しかなく、紅茶には全く含まれていません。

美肌の敵、シミを作る犯人

美肌の敵、シミを作る犯人はメラニン色素なのですが、これは紫外線によって生成されることはよく知られています。できたメラニン色素は皮膚の表面にまで押し上げられ、最終的には剥がれおちていきます。

ところが、急速に、または過剰にメラニン色素が作られたり、沈着してメラニン色素が剥がれおちなかった時、表皮に残ってしまいます。これがシミです。紫外線を浴びすぎると、その度合いは高まってしまいます。

ビタミンCが美肌を作る理由

ビタミンCは体のタンパク質の1/3を占めるコラーゲンの生成を促進します。コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ役目を持っています。コラーゲンがお肌にとって重要なのは、お肌の真皮を作っている中心がコラーゲンだからです。

ビタミンCを十分に摂ることでコラーゲンはたくさん作られます。その結果、真皮はベストな状態を保ち、いつまでも弾力のあるお肌を持ち続けることができるのです。

カテキン類にも美肌効果あり

カテキン類の代表的な作用は抗酸化作用です。この抗酸化の力はビタミンCやビタミンEの数~数十倍あると言われます。カテキン類はお肌のトラブルの主要な原因である紫外線から出る活性酸素に対抗し、シミが作られるのを予防すると言われています。

日本茶でダイエットにも挑戦!

美肌に関心を持っているほとんどの人がダイエットにも関心を持っていますが、日本茶にもダイエット効果ありと言われています。食事で摂取したでんぷんやショ糖は唾液にあるαーアミラーゼが小腸から分泌されるスクラーゼなどによってブドウ糖に分解され、吸収されます。

カテキン類はでんぷんなどの分解を抑え、ブドウ糖の生成を妨げてくれます。その結果、ブドウ糖から作られる脂肪を減少させてくれるので肥満を防止すると考えらえています。食事の時、日本茶を飲む習慣は理にかなっているということになります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る