TOP > > 生あくびの原因は寝不足?酸素の不足?実は鉄分が重要です

生あくびの原因は寝不足?酸素の不足?実は鉄分が重要です

眠かったり、退屈だったりすると人はあくびが出ます。あくびは体内に酸素を取り込み、疲労を回復させたり、脳を活性化させる覚醒作用があります。必要な物ですが、頻繁に出る場合は注意が必要です。

頻繁に、しかも吐き気や頭痛を伴って出るあくびは、いわゆる「生あくび」と呼ばれます。これは脳の低酸素化が原因とも言われています。脳が低酸素状態になった時、脳へ刺激を与えるためにあくびが出るという訳です。

頻繁に生あくびが出るようなら注意が必要

たかが「あくび」ですが、頻繁に出るようならば注意が必要です。脳腫瘍・脳梗塞などの重篤な病気の前兆である場合も有ります。また頻繁にあくびが出るのは、慢性的に脳が酸欠状態であるとも言えます。

この状態を改善するには…睡眠をしっかりとる等、生活習慣の見直しも重要ですが、食事を見直してみてはどうでしょうか?日々の食事の中で鉄分が不足しているかもしれません。鉄分は赤血球を作り出します。体内に入った酸素は赤血球にくっつきます。そして血流も上昇する為脳への酸素供給が活発化されるのです。

鉄分を多く含む食品は…?

鉄分は非ヘム鉄とヘム鉄の2つに分けられます。非ヘム鉄を含む食品は、

ヒジキ・大豆・高野豆腐・パセリ・レーズン等のドライフルーツ・貝類

のように、主に植物性食品になります。ヘム鉄を含む食品は、

レバー類・干しエビ・アナゴ・カツオ等

の動物性食品です。非ヘム鉄とヘム鉄は吸収率に大きな差が有ります。非ヘム鉄の吸収率は2~5%なのに対し、ヘム鉄の吸収率は15~20%と大きな開きが有ります。鉄分を補給するという観点からは、動物性食品の方が優れていると言えます。

脳の活性を考えたら貝類もお勧め!

非ヘム鉄の分類になるあさり・しじみ等の貝類ですが、貝類に関しては吸収率がヘム鉄と変わりません。ヘム鉄はヘモグロビンの赤い色を指します。赤い色の血を持つ生物はヘム鉄を持っています。貝類の中でもあさり・しじみの血液は銅と結びついている為、赤くありません。

しかし血液の生成には銅も必要なため、ヘム鉄と吸収率の面では変わらないのです。また貝類の中でも赤貝はヘモグロビンを持っており、分類上はヘム鉄になります。その為、貝類は全体的に鉄分の吸収率が良いのですが、さらに貝類に含まれるビタミンB12は、赤血球の合成に関与し悪性貧血・神経障害等を予防します。

疲労回復の効果も有り、集中力を高める事で知られています。このビタミンB12はレバー類にも含まれています。脳内の酸素不足を解消するには、貝類とレバー類がお勧めです。

鉄分吸収し脳を活性させる料理は?

鉄分を日々の食事の中で効率よく吸収する為には、食事のメニューも大切ですね。美味しく楽しく食事はしたいものです。貝類を使用した食事の一つに「クラムチャウダー」があります。これは鉄分・ビタミンB12を豊富に含むあさり、そして鉄分の吸収力をアップする、ビタミンCを多く含むジャガイモも入っています。

鉄分を補給するのに最適なメニューの一つです。またなるべく植物性の食品を使用したい方は、鉄分を多く含むひじき等の海藻類と一緒に、ビタミンCを含む食材を摂ってください。ビタミンCの働きで、鉄分の吸収力がアップします。

比較的手に入れやすい食品で鉄分は吸収できます。最近あくびがよく出る…集中力が無い…ボーッとしてしまう。こんな症状が続いたら食事のメニューを見直してみてください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る