TOP > > コーヒー好きに嬉しい効果!クロロゲン酸で体脂肪の燃焼を促進しよう

コーヒー好きに嬉しい効果!クロロゲン酸で体脂肪の燃焼を促進しよう

「貴方はコーヒー派ですか?」もし貴方がコーヒー派と答えたのなら、ちょっと耳寄りな嬉しい話があります。最近コーヒーが健康に良いと言う話が聞こえてきますが、その中身については詳しく知りませんでした。

「発ガンの抑制」とか「糖尿病予防」とか「ダイエットに効果的」などと言われており、どれが本当の話なのか半信半疑の状態でした。実は私は紅茶派なんですが、最近ちょっとコーヒーにも目覚めてきており、もしコーヒーが健康に良いのであれば嬉しいニュースになります。

植物由来の健康成分と言えば「ポリフェノール」になりますね。ポリフェノールは植物の香りや色、苦味などを出す成分ですが、抗酸化作用を持つ物質として注目を集めています。実はコーヒーにも植物由来のポリフェノールが含まれているのです。それが「クロロゲン酸」です。

コーヒーに含まれているポリフェノール「クロロゲン酸」とはどのような物質ですか?

今話題のポリフェノールですが、もともとは「沢山の植物由来の物質」であり、植物の光合成などの作用により作られています。ポリフェノールは私達の身体の中にある「活性酸素」を撃退して、細胞の酸化を予防する抗酸化作用で注目されています。

ポリフェノールは沢山の種類がありトマトの「リコピン」、緑黄色野菜の「カロテン」、緑茶「カテキン」などが有名です。

コーヒーはコーヒー豆が原料であり、そこに含まれているポリフェノールが「クロロゲン酸」であり、この成分が嬉しい作用をもたらしているらしいのです。コーヒーと言えば成分は「カフェイン」と答える人も多いと思いますが、実はクロロゲン酸のほうが多く含まれています。

クロロゲン酸はコーヒーの色、香り、苦味の成分でもあり、コーヒーの味わいを演出している成分でもあるのです。コーヒー豆の産地による味わいの違いなどは、クロロゲン酸の保有量によるものかもしれませんね。

クロロゲン酸にはどのような効果があるのですか?

クロロゲン酸はポリフェノールの一種類であり、抗酸化作用があります。これは身体の中の活性酸素を撃退し、「動脈硬化」「高血圧」「細胞老化」などを防ぐ効果を意味します。コーヒーを飲むことで、生活習慣病のリスクが低下することは嬉しいニュースですね。

特に糖尿病に関する研究も進められており、「一日コーヒーを7杯以上飲む人は、通常の人と比較して糖尿病の発症が半分程度」と言う研究報告もあるそうです。

この効果については全ての作用を解明していないようですが、クロロゲン酸と何らかの関係があると考えられています。次に注目したい作用が「脂質の燃焼促進効果」になります。

クロロゲン酸には血液中の中性脂肪などの脂質を燃焼したり、コレステロールの消費を促進する作用があるのです。人間は食べ物に含まれている脂肪分を胃や小腸で消化して吸収します。

吸収されて中性脂肪やコレステロールとなった脂質は、各細胞に運ばれてエネルギーや細胞膜の材料として使用されます。この際に細胞内にあるミトコンドリアをクロロゲン酸が刺激して、燃焼消費を促進すると言う訳です。

この作用はコーヒーを飲むことでミトコンドリアの活動が活性化し、体内の脂肪が消費しやすくなることを意味しており、身体の脂肪や内臓脂肪の減少効果もあるようです。血液中の脂質の減少は高脂血症や高血圧のリスクも軽減させるため、「糖尿病」「心筋梗塞」「脳梗塞」などの予防にも効果が期待できます。

どのようにしてクロロゲン酸を摂取すればいいのですか?

実はクロロゲン酸はコーヒー以外の食品にも含まれているポリフェノールです。「にんじん、じゃがいも、さつまいも、ごぼう」などにも含まれており、特に皮の部分に多く見られます。

調理は皮ごとが良いのかもしれませんね。しかし、手軽に摂取できるのはやはりコーヒーでしょう。上手にクロロゲン酸を摂取できるコーヒーの飲み方を紹介します。

・クロロゲン酸はコーヒー豆の焙煎が強いと減る傾向にあります。
 コーヒー豆が緑色の状態が一番クロロゲン酸を含んでいますので、焙煎が浅い状態の豆を選ぶようにして下さい。

・中挽き程度で一杯に30秒以上かけてゆっくりと抽出して下さい。ドリップ式がオススメです。

・飲む量は一日3杯~4杯に押さえて下さい。5杯以上では悪影響が出ると言う報告もあるようです。

最近では焙煎していない緑のコーヒー豆のドリンクが日本でも発売されており、またアメリカ製のクロロゲン酸のサプリメントも発売されています。アメリカではダイエットサプリメントとして、緑のコーヒー豆が主成分として使用されているそうです。

どちらかと言えばコーヒーってタバコ、飲酒と並び不健康のイメージがありましたが、実はそうでないのですね。でも飲み過ぎはいけません。ほどほどにお願いします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る