TOP > > チョコレートで生活習慣病を撃退!カカオポリフェノールの凄い効果

チョコレートで生活習慣病を撃退!カカオポリフェノールの凄い効果

甘くてほろ苦く、芳醇な香りが特徴のお菓子「チョコレート」は、子供だけではなく大人も大好きなスイーツではないでしょうか?チョコレートはそのまま食べても美味しいのですが、ケーキやムースなどにすることで世界が広がりますね。

最近では専門店も増えており、高級店や海外のブランド店も多く見かけるようになりました。それくらいチョコレートは私達の生活と密着しているのです。チョコレートが健康に良い影響を与えると言う話は結構昔から聞こえていましたが、真偽については分からない人も多いのではないでしょうか。

「チョコレートの成分に身体に良い成分が含まれている」「砂糖一杯のチョコレートが身体に良いはずがない」大まかにはこのような意見に分かれるのではないでしょうか?本当のところはどちらが正しいのでしょうか。

チョコレートの原料はカカオ豆なのです

チョコレートは何から作られていると思いますか?チョコレートの原料は「カカオ豆」で、中央アメリカや西アフリカが原産となっています。カカオ豆の歴史は古くアステカ文明やマヤ文明の頃にはすでに利用されていたことが判明しているそうです。

カカオ豆は加工されて「カカオマス」と「カカオバター」になり、これがチョコレートの原材料になるのです。カカオ豆には様々な栄養が含まれており、「マグネシウム」「カリウム」「亜鉛」「鉄分」「食物繊維」が含まれています。

最近では新しい栄養素としてポリフェノールが注目されており、カカオポリフェノールの効能についても研究が進められています。ポリフェノールとは植物由来の成分であり、特に抗酸化作用があることで注目を浴びています。抗酸化作用とは活性酸素による細胞の酸化を押さえる作用であり、ポリフェノールにはその働きがあるのです。

カカオ豆に含まれているカカオポリフェノールも抗酸化作用がある物質であり、様々な効能が期待できると言う訳なんです。もちろん、カカオ豆が原材料のチョコレートにも同じ効果があります。

カカオポリフェノールに期待できる効果とはどのようなものがありますか?

カカオポリフェノールには他のポリフェノールと同様に抗酸化作用があり、様々な効果を私達にもたらしてくれます。

・血液中のコレステロールを減少させる働きが期待できます。これにより、動脈硬化を防ぎ「脳梗塞」「心筋梗塞」などの成人病の発症リスクを低下させます。

・カカオポリフェノールに含まれる成分が、細胞がガン化するのを阻害してガン予防に効果が期待できると言われています。

・アレルギーや花粉症の症状を改善させることが期待できます。

・ストレスや疲労などで増加するホルモンを抑える作用が見られます。これにより疲労時にストレスをためこまない身体になります。

チョコレートとして食べた時の効果とどうですか?

カカオポリフェノールはチョコレートやココアで摂取することが普通だと思います。チョコレートにはカカオマス、カカオバター、砂糖、ミルクなどが含まれていますが、カカオポリフェノールも十分に含まれており効果についても問題ありません。

しかし、製品によってはカカオの量に違いがあり、ミルクチョコよりもブラックチョコの方がカカオポリフェノールが多くなるようです。やっぱり、甘いチョコよりも苦いチョコの方が身体に良いのですね。チョコレートとしてカカオポリフェノールを摂取した場合には、上記した効果意外にも別の作用が見られることがあります。

・チョコレートやココアには殺菌作用があり、大腸菌やピロリ菌の増殖を抑える効果があります。

・栄養価が高く吸収もスムーズなために疲労回復に効果があります。

・芳醇香りや味わいが精神をリラックスさせて、記憶力や集中力が向上します。また、気が立っている時に静める効果もあります。

日本ではチョコレートはその苦味からコーヒーと同じ扱いで「興奮するから夜は食べてはいけない。」と言われてきました。しかし、本当のチョコレートは精神を静めてくれて、ゆったりとした時間を作ってくれるのです。

ヨーロッパやアメリカのホテルでは、夕食を終わって部屋に戻るとベッドの枕元にミントチョコが置いてあります。彼らは寝る前にこそチョコレートを食べて、リラックスモードに切り替えるのですね。日本ではチョコレートを夜食べていると怒られそうですが、考え方を変えた方が良いのかもしれません。

カカオポリフェノールの効果を実感したいのであれば、カカオが70%程度含まれている製品を選択して下さい。70%であれば甘みもありますので、美味しく食べられることでしょう。それ以上の製品はちょっと苦いかもしれません。

チョコレートは子供のおやつと考えている人も多いようですが、実際には大人にこそ必要な食品だったのです。上手にチョコレートを利用して健康に役立てたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る