TOP > > 眼精疲労に悩んでいませんか?カシスがその悩みを解消しますよ!

眼精疲労に悩んでいませんか?カシスがその悩みを解消しますよ!

最近注目を集めておりますカシス。ヨーロッパやニュージーランドでは昔からジュースやジャムなどに加工され食されてきました。子供が風邪をひいたとき使用されたりと民間薬としても利用されてきました。

カシスとはどのような果実か?

このカシス、直径は1センチ程の黒い実で果肉は濃い紫。そのまま食べると甘酸っぱい味がします。和名を「クロフサスグリ」と言い、植物としての分類上はブルーベリー等のベリー類とは違う種類になります。

日本では1975年頃から青森市で本格的な栽培が始まりました。現在も日本産の90%は青森県産です。ここ最近の日本での健康志向、さらにオーガニック志向の高まりもあり、国内需要が増えてきています。

カシスの効能は?

このカシスですが、研究の結果かなりの栄養分が含まれている事が解かってきました。ビタミンCはオレンジの3倍、アントシアニンはなんとブルーベリーの3~4倍、またビタミンA、β-カロチンはブドウやブルーベリーの約2倍。

ビタミンEはオレンジ・ストロベリーの4倍。高血圧症の抑制に効果があるカリウムを多く含みます。またカルシウム・マグネシウムはオレンジやブルーベリーより豊富です。他に植物繊維も含まれています。

カシス特有のアントシアニン

またアントシアニンについてはカシス特有のカシスアントシアニンを含んでおり、これは血流を改善する効果があります。特に末梢の血流を改善する事が解かってきました。

カシスアントシアニンを摂取後、冷水に1分間手をつけ、体温の回復具合を測定する実験を行った結果、摂取してない場合に比べて1.5倍以上の速さで体温が回復したという実験結果もあります。

この実験結果よりかなり即効果がある事が言えると思います。また8時間後にも22%は血液中にカシスアントシアニンが残っているデータもあり、非常に持続性も高い事が証明されています。

末梢血管の血流が改善されるという事は、冷え性や眼性疲労に効果的なだけではなく、美肌効果もある事が言えます。顔の表面の末梢血管にも作用しますので、顔色が良くなり、目もとのクマにも非常に効果的です。

目の下の皮膚は非常に薄く、血液の色が透けやすくなっています。末梢血管の血流が滞り、老廃物が溜まると血液も黒ずんできます。そうなると皮膚の薄い目の下にクマとなって現れてしまうのです。

そこでカシスアントシアニンを摂る事で、末梢血管が血流改善され、目の下のクマが解消されるのです。またカシスの持つ高い高酸化力は老廃物を体外に排出し美肌作りを助けます。

カシスの美味しい食し方

カシスはその物も甘酸っぱく美味しく食べる事が出来ますが、ジュースやジャムはもちろん、様々な形で調理されます。肉料理にソースとして使われる事も多いです。肉料理に使う事で、肉を体内で栄養に変える過程で発生する活性酸素の除去にもなります。

国内で最もカシスの生産量が多い青森では合わせ酢にカシスジャムを加えてちらし寿司等も作っているようです。またカシスはリキュールとしても有名ですね。「ルジェカシス」というリキュールをシャンパンで割ったものが「キールロワイヤル」という有名なカクテルです。

アガサ・クリスティの推理小説に登場するあのエルキュール・ポアロは大の甘党で、推理に行き詰まるとカシスシロップを飲むそうです。難事件の解決にもカシスは一役買っているようですね。(笑)

キャラクター紹介
ページ上部に戻る