TOP > > エナジードリンクは効くのか?成分・効果の比較と副作用解説

エナジードリンクは効くのか?成分・効果の比較と副作用解説

can drink

日頃の疲れを手軽に解消する方法としてエナジードリンクが人気です。

ドリンク剤なら飲んだことがあるけれど、エナジードリンクとは何が違うの?という素朴な疑問もありますね。

また名前からしていかにも元気の出そうな飲み物ですが、国内外でエナジードリンクを飲んだ人の死亡事故が発生しているため、ちょっと怖いなと思っている人もいるのではないでしょうか。

人気のエナジードリンクに期待できる効果と飲んでみた結果、なぜ危険な事故が起こってしまうのかをご紹介します。

海外からやって来たクールな飲み物!エナジードリンクとは

エナジードリンクは、いわゆる元気を出したい時に栄養を補給する目的で利用する栄養飲料。特徴は炭酸が強くて刺激的、甘さと爽やかなフレーバーが心身をリフレッシュしてくれる感じです。

日本では数年前から海外ブランドの製品が販売されるようになり、続いて国内の飲料メーカーもエナジードリンクを販売するようになりました。コンビニエンスストアの棚では、栄養ドリンクの横にさまざまなエナジードリンクが並んでいます。

日本で販売されているエナジードリンクは、食品衛生法の規制により海外ブランドのレシピの一部を日本向けにアレンジした物となっています。

ドリンク剤とエナジードリンクの違いは医薬品か指定医薬部外品か

いわゆるドリンク剤とエナジードリンクの違いは、配合されている成分やその量が医薬品または指定医薬部外品のカテゴリーに入るか、清涼飲料水のカテゴリーに入るかの違いによります。

医薬品や指定医薬部外品であれば、配合される成分の効き目が確かで効能・効果を表示することができますが、清涼飲料水のカテゴリーの場合は配合する成分に規制があり、医薬品や医薬部外品のように効能や効果を謳うことは基本的にはできません。

要するに、医薬品や指定医薬部外品に該当するドリンク剤であれば、疲労解消(肉体疲労時の栄養補給)などに客観的な効果があると認められていますが、清涼飲料水や炭酸飲料の場合は、疲労回復などの効果を客観的に認められたものとはいえないということです。

description of the energy drink

しかし、ドリンク剤でもエナジードリンクでも、コマーシャルなどのイメージで効き目感を訴求している部分も大きいので、配合されている成分の効果だけでなく飲んだ人が効いたと感じるかどうかによる部分も大きいといえます。

そして、清涼飲料水も指定医薬部外品のどちらも、ドラッグストア、スーパー、コンビニ、自動販売機など同じ販売ルートで購入することができるので、生活者にとっては清涼飲料水であるか指定医薬部外品であるかはそれほど大きな違いではないでしょう。

また、ドリンク剤は昔ながらのビンに入っているイメージがありますが、エナジードリンクのほとんどは斬新なデザインの缶入りタイプがほとんどです。

容器と効き目は関係ないはずですが、缶入りのエナジードリンクのほうが、何か新しいイメージがあり飲む人の気持ちをひきつけているようです。

ちなみに、ドリンク剤の中でも配合される成分や量によっては、医薬品のカテゴリーに入るものもあり、こちらは薬局やドラッグストアでしか購入することができません。

ドリンク剤のような商品は、効き目があるかどうかを自分で判断する主観的な要素が強いものなのです。

昔ながらのドリンク剤か、新しいエナジードリンクか、最終的には、買う人の好みや価値観によって選ばれているようです。

人気のエナジードリンク・ランキング ベスト3

現在市販されているエナジードリンクのベスト3は次のような商品です。

  1. レッドブル(Red Bull) レッドブル社
  2. モンスターエナジー モンスターエナジーカンパニー
  3. バーン 日本・コカコーラ(株)

それぞれの成分を比較すると次のようになります。

5記事目画像1

こうして成分を比較してみると、先発商品のレッドブルの成分をベースにして、モンスターエナジーとバーンがさらに別の成分を加え商品の差別化をはかっていることが分かります。

エナジードリンクの王道!レッドブル

red bull
レッドブル・エナジードリンク – レッドブル・ジャパン

レッドブルに限りませんが、エナジードリンクの効き目の根本は、糖分(カロリー)とカフェインです。エネルギーとなる糖分と眠気やだるさを改善するカフェインの働きにより、疲れがとれる感覚を作り出しています。

レッドブルの場合はさらにアミノ酸の一種アルギニンが120mg配合され特徴を際立たせています。アルギニンは免疫力を高めたり筋肉を強くする働きのほか、エネルギーの産生を高める働きなどがあります。

ビタミンB群もエネルギーの産生を高める働きがあるので、これらの働きを総合的にみるとレッドブルはエナジードリンクという名の通り、エネルギー補給型の典型的なドリンクといえ、王道を行く商品です。

またマーケティングの観点でみると、レッドブルのようなそのカテゴリーでの先発商品は、後発品が参入するほど市場と商品の優位性が拡大するためシェアが拡大するという「先発優位」の法則があるため、当面はトップの座を譲らないでしょう。

ちなみに、今ではレッドブルは世界各国で販売されていますが、誕生したきっかけには、日本にリポビタンDをはじめとするドリンク剤の巨大な市場があることが大きく影響しています。

そもそも海外ではドリンク剤やエナジードリンクという市場は存在していなかったので、日本のドリンク剤の市場開拓をお手本にしたのです。

エネルギー補給を強化したモンスターエナジー

monster energy
Monster Energy – モンスター・エナジー社

モンスターエナジーも基本構造はレッドブルとほとんど変わりません。レッドブルの基本構造に加え、細胞内でエネルギーの産生を高めるD-リボースや、疲労回復やスタミナを補給する効果のある高麗人参を配合し、他の商品と差別化しているところが特徴です。

モンスターエナジーは、成分だけを比較してみるとトップ3としてあげたエナジードリンクの中では、とくにエネルギーを生み出す力が強く、肉体疲労により不足したエネルギーを回復させるという点では、最も効果が高いと考えられます。

サプリメント要素を加えたバーン

burn
バーン エナジードリンク – 日本コカ・コーラ株式会社

バーンも成分非公表ながら、基本的な構造はレッドブルやモンスターエナジーと変わりません。そこに、アサイー、マカ、ガラナの3つの素材を加え、差別化をはかっています。

ブラジル原産でミラクルフルーツともいわれるアサイー、精力剤としても名の知れたマカ、さらに、ガラナに含まれるグアラニンという成分は、カフェインと似た働きをする特徴があります。

こうした3つの素材を加えることで、エネルギー補給以外のサプリメント的な要素を持たせ、疲労回復だけでなく滋養強壮のイメージを高めています。

好みの決め手は味!?3つのエナジードリンクを飲んだ感想は?

これまでみてきたように、3つのエナジードリンクのそれぞれに独自の特徴があり、最終的には、私たち消費者がどれを好んで選ぶかということになります。

どのドリンクがいいのか、その決め手となる大きな要素が飲んだときの味だと考えられます。いくら、効き目が良くても、味として飲みにくいということならば、恐らくニ度と買われることはないでしょう。

ある調査で3つの商品を比較して飲んでみた人による味の感想をまとめると、次のようになります。

レッドブル
従来の炭酸系ドリンク剤と似たような味だが、シナモンのような独特の風味があり、一度飲むと癖になる味。
モンスターエナジー
生薬が入っているためか若干の苦味を感じる。全体的には味がまとまっていて一口一口に飲みごたえがある。
バーン
パイナップルのような酸味が強い。味に癖はないが味自体が薄めに感じる。味自体のインパクトは少ないが飲みやすい。

味の感覚は人それぞれのようですが、それぞれ炭酸飲料で量も250mlと比較的多めなので、味の感覚が口に残りやすいようです。一番良いのは、やはり自分で飲んでみて実感することですね。

また、効き目に関しては、どのエナジードリンクも似たような効き目感はあるものの、評価に対しては個人差が大きくどれが一番かは個人の感覚によるようです。

エナジードリンクで死亡事故続出…その原因はカフェイン

しかし、海外ではエナジードリンクによる子どもの死亡事故が続出し、世界中に「エナジードリンクは過激な成分が入った危険な飲料」という印象を与えています。

米国食品医薬品局(FDA)が調査したところ、米国で販売されているエナジードリンクとの関連が否定できない死亡事故が約10年間に13件も起こっていたことが分かったのです。例えば海外では、

  • 心臓の持病を持っている40歳男性がエナジードリンクを4缶飲んで死亡
  • 小学生男児がエナジードリンクを数ヶ月常用した後に自殺
  • 短時間で720mlのエナジードリンクを2缶飲んだ14歳少女が死亡
  • エナジードリンクのアルコール割りを飲んだ男性が死亡

…などの死亡事故がニュースになっています。

海外では、若者を中心に“クールな飲み物”として支持され爆発的にヒットしています。それだけに副作用についても多数の報告が寄せられているようです。

国内ではどうでしょうか。実は、私達が日本で入手するエナジードリンクは、海外製品とは異なるレシピの清涼飲料水なので、過激な成分は配合されておらず安心して飲めるはず…でした。

ところが2015年には、国内でも初の死亡事故が発生してしまいました。仕事の眠気覚ましにエナジードリンクを頻繁に飲んでいた20代の男性が死亡したのです。

エナジードリンクの副作用はカフェイン中毒が原因

エナジードリンクによる副作用や死亡事故の原因は、エナジードリンクに大量に含まれるカフェインです。

カフェインは、植物が持つ天然成分「アルカロイド」の一種で、コーヒー、カカオ豆、ガラナ、茶などに含まれることでよく知られています。

なぜエナジードリンクに大量のカフェインが配合されているのかというと、カフェインに中枢神経を興奮させる作用があり、私達の体に次のような効用をもたらすからです。

カフェインの効用

  • 覚醒作用
  • 強心作用
  • 高揚感
  • 皮下脂肪燃焼効果
  • 筋収縮作用

眠い時や気分の上がらない時に飲むと、カフェインの作用で目が覚めて気分がスッキリしてやる気が出るほか、運動前に飲むと筋肉に作用して持久力が高まったりダイエット効果が高まったりします。

カフェインを多く含むコーヒーは眠気覚ましとして親しまれています。そのほか、カフェインには解熱鎮痛作用もあり、鎮痛薬や総合風邪薬などの医薬品にも配合されています。

しかしカフェインには毒性があり、カフェインの摂取後には次のような急性症状が起こりやすくなります。

  • 興奮
  • 動悸
  • 心拍数の増加
  • 不安
  • 震え
  • 不眠症
  • 吐き気

カフェインの摂取量が少量ならば、健康への影響はほとんどありません。また症状が現れても、体内のカフェインは分解・代謝されて尿と一緒に排出された後は影響がなくなります。

ではどれくらいのカフェインを摂取すると副作用が起こるのでしょう。

一般的な成人では、1時間以内に体重1kgあたり6.5mg以上のカフェインを摂取した場合は約半数が、3時間以内に体重1kg当たり17mg以上のカフェインを摂取した場合はすべての場合に急性症状を発症するといわれています。

つまり体重60kgの成人の場合、1時間以内に390mgのカフェインを摂取した場合で50%、3時間以内に1,020mgを摂取した場合には100%の確率で急性症状が起こるという計算になります。

日本で食品のカフェイン含有量に関する規制は設けられていませんが、1日あたりの安全なカフェイン摂取量は

  • 成人…400mg以下
  • 妊婦…200mg以下
  • 子ども…45mg以下

といわれています。

エナジードリンクを飲む時は成分表示でカフェイン含有量をチェックしましょう。また、ほかの嗜好品にもカフェインが含まれているため、同時に飲み合わせにも注意する必要があります。

エナジードリンクやほかの嗜好品には、どれくらいのカフェインが含まれているのでしょう。

種類 容量 カフェイン量(mg) 100ml中のカフェイン量(mg)
ドリンクA(海外) 473ml 375 79
ドリンクB(海外) 355ml 114 32
ドリンクBの日本版 250ml 80 32
ドリンクC(日本) 250ml 230 92
レギュラーコーヒー 150ml 90 60
インスタントコーヒー 2gを140mlの湯に溶かす 80 57
せん茶 100ml 20 20
紅茶 150ml 45 30
コーラ 355ml 36~46 10~13
板チョコ 1枚 30

※ドリンク=エナジードリンク

独自にチェックしてみたところ、エナジードリンクはさまざまな銘柄があり、海外には日本で売られていないような高カフェインのエナジードリンクがあることが分かりました。

しかし銘柄によって1本あたりの容量が異なるため、日本の製品でも100mlあたりに換算すると、カフェイン含有量が決して少なくない銘柄があることに気付きました。

銘柄によっては短時間に2~3本飲めば確実に急性症状が出てしまうレベルのカフェイン含有量になっているので、成分表示のチェック、銘柄の選び方には注意を払う必要があります。

実際のところは1本あたりのカフェイン含有量を80~140mgに設定している銘柄が多くなっています。このようにコーヒー1杯分とカフェイン含有量の変わらないエナジードリンク1本飲む程度なら、副作用の心配も少ないといえるでしょう。

またカフェインの副作用を配慮してか、カフェイン0mgの銘柄を出すメーカーも多くなっていました。カフェインを控えたい人がエナジードリンクを飲むならノンカフェインタイプを選びましょう。

気になるカフェインと死亡事故の因果関係についてですが、カフェインの副作用で死亡事故が起こることはまれだといわれています。

カフェインの致死量は5~10gとされ、エナジードリンクで言えば15ℓくらいを一気飲みするレベルに相当するので、エナジードリンクから致死量のカフェインを摂取するのは非常に困難なことだといえるでしょう。

しかし子どもやカフェインの感受性が強い体質の人、心臓の弱い人は、少量のカフェインでも重篤な急性症状を起こしやすいため、最悪の事態として命を落とす人が出てきてしまったようです。

エナジードリンクによる死亡事故の原因はコーヒーや緑茶でおなじみのカフェイン。エナジードリンクに怪しい成分が配合されていたわけではありません。ジュースのようにがぶがぶ飲んだりしてはいけないのです。

糖分・カフェインのWの誘惑に注意!エナジードリンクの依存症

エナジードリンクでもう一つ注意したいのは、その依存性です。エナジードリンクに含まれる砂糖とカフェインはどちらにも依存性があるため、一度エナジードリンクを飲み始めるとクセになって慢性的な「カフェイン中毒」に陥りやすくなってしまうのです。

「依存」とは、ある成分の使用を続けるうち、その成分の摂取を中断すると体が成分を求める「離脱症状」を引き起こして苦しくなるため、成分の摂取がやめられなくなってしまう状態のことです。またその状態に陥ることを「依存症」といいます。

依存症にはアルコール、ニコチン、カフェイン、そして麻薬や覚せい剤などのドラッグがあります。これらは強い依存性があり、一度依存症になってしまうと自分の意志でやめることは困難な場合が多いです。

砂糖(ブドウ糖)は生命の維持に必要なエネルギーの材料なのですが、依存性があって摂取をやめるとイライラや抑うつといった離脱症状が起こりやすく「マイルドドラッグ」という異名まで持っています。

スイーツや清涼飲料水には砂糖が入っているので、毎日のように摂取していると砂糖の依存状態に陥ってしまい、砂糖の過剰摂取から肥満や糖尿病を引き起こすリスクが高くなってしまいます。

エナジードリンクは強い炭酸や酸味料で甘味がそれほど強く感じられないかもしれませんが、砂糖が大量に使われていることが多いので、深刻な砂糖依存症が起こりやすくなります。

さらにカフェインの依存症も加わってエナジードリンクが手放せなくなってしまい、砂糖の過剰摂取による肥満や糖尿病、カフェインの大量摂取による中毒症状が起こりやすくなってしまうのです。

砂糖の依存症に陥ると、前回の飲食から時間が経って体内の血糖値が下がった時に情緒が不安定になりやすく、うつ病のような状態を引き起こすことがあります。

またエナジードリンクに大量に含まれるカフェインにも興奮や不安を引き起こす副作用があるため、エナジードリンクの依存症には常に精神状態が不安定になりやすい危険性もあります。

仕事が多忙で眠気覚ましにエナジードリンクを常飲している人、刺激にはまってジュース代わりにエナジードリンクばかり飲んでいる子どもがいるとしたら危険です。

エナジードリンク自体は決して危険な飲み物ではありません。ただしこればかり飲み過ぎて依存状態にならないよう、バランスの良い食生活を心がけるように気をつけてください。

エナジードリンクはカフェイン量と成分をチェックして選ぼう

ではエナジードリンクとどのように付き合えば、その効用が安全に活かせるのでしょうか。

基本的には、カフェインの摂取量に注意すれば安心して利用することのできる飲料といえます。

日本で販売されているエナジードリンクは、食品衛生法の規制により海外ブランドのレシピを日本向けにアレンジした物となっています。エナジードリンクの主な成分は

砂糖(ブドウ糖)
脳や体のエネルギーに欠かせない
カフェイン
覚醒作用・リフレッシュ感のもと
ビタミンB群
ブドウ糖がエネルギーを変わるのを促進させる

です。海外と日本向けの製品の大きな違いは、食品衛生法で規制されている医薬品成分「タウリン」がアミノ酸の一種「アルギニン」に差し替えられている点といえるでしょう。

そのほかにもさまざまな成分が配合されていますが、栄養ドリンクと異なり、生薬などの医薬品成分は配合されていないので、穏やかな健康効果を期待して飲むと良いでしょう。

アルギニン

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させるアミノ酸です。私達の体内で生成することができるものの不足しがちなので、食品からも摂取するのがのぞましいです。

アルギニンは、栄養ドリンクに配合されているタウリンと同じように疲労回復効果があり、エナジードリンクにも配合されることの多い成分です。

「栄養ドリンクを飲むほどではないけど疲労を回復させたい」という場合には、コンビニで気軽に買える、アルギニン入りのエナジードリンクを利用するのも良いでしょう。

BCAA

BCAAは必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンのことです。BCAAは筋肉中の筋たんぱくに含まれ、筋肉を作る時に欠かせない成分です。運動する人や筋力をアップさせたい人は意識して摂取するのがおすすめ。

運動中に筋たんぱくが分解されると筋肉の消耗が進んでしまうので、運動前と運動後にBCAAの配合されたエナジードリンクを飲んで筋たんぱくの分解を抑制させると、筋肉の消耗を予防したり運動のパフォーマンスが向上したりすることができます。

テアニン

仕事や試験など頭脳を使いたい時、リラックスした状態で集中したい時にはテアニンが配合された製品をどうぞ。

テアニンは緑茶や紅茶に多く含まれているアミノ酸の一種で、リラックス効果・抗不安作用があります。

マカエキス

マカとは、アンデス高原のみで栽培することのできる非常に栄養価の高い野菜です。マカの根のエキスは精力増強、男女の不妊症に効果があるとして健康食品も人気です。

マカエキスにはアルギニンなどのアミノ酸が豊富に含まれており、滋養強壮効果を得たい人はマカエキス入りのエナジードリンクを選ぶのが良いでしょう。

ガラナ

リフレッシュ感が欲しい時、しっかり眠気を覚ましたい時には、ガラナエキス入りのエナジードリンクがおすすめです。

ガラナエキスはブラジル産の植物ガラナの種子から抽出したもので、コーヒーの3倍のカフェインが含まれているため、カフェインと同じ覚醒作用があります。ただしカフェインより作用が穏やかなので副作用の危険性は少ないといわれています。

高麗人参

高麗人参は生薬にも使われている滋養強壮効果の高い植物です。エナジードリンクに配合される場合、オタネニンジンまたはジンセンと表記される場合もあります。

高麗人参にはストレスを解消させたり疲労を回復させる効果があります。心身をリフレッシュさせたい時には高麗人参が配合されたエナジードリンクを選ぶと良いでしょう。

タウリン(日本の製品には入っていない)

タウリンは胆汁に含まれる成分で、肝臓や心臓の機能を高める作用があります。

日本のエナジードリンクには、動植物性食品由来のものを除いてタウリンを配合することはできませんが、栄養ドリンクや海外のエナジードリンクからは高濃度のタウリンを摂取することが可能です。

依存症に気をつけてエナジードリンクと上手に付き合っていこう

最後におさらいです。エナジードリンクと上手に付き合っていくために次の注意点をおさえておきましょう。

  • 短時間に大量に飲まないこと
  • カフェイン含有量をチェックしよう
  • 子ども・妊婦はエナジードリンクを控える
  • 味も重要だけど成分でも選び分け、ここぞという時に飲もう

飲むなら1日1本がおすすめです。「エナジードリンクにはまっているかも?」と思った人は、依存症になりかけているかもしれません。何か飲みたくなったらほかの飲料を選んだりして、依存症から身を守りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る