TOP > > 女性の強い味方イソフラボン!男性が摂っても何か効能はあるの?

女性の強い味方イソフラボン!男性が摂っても何か効能はあるの?

イソフラボンと女性ホルモン

男性ホルモン、女性ホルモンという言葉には、それぞれ男性らしさ、女性らしさをきめるポイントといったイメージも持たれています。

性ホルモンは男性や女性にそれぞれの特徴をもたらす作用があります。特に女性らしい魅力を求め女性ホルモンを増やしたいと願う女性が多いようです。

しかし女性ホルモンというのは体内で分泌される物質なので、容易にサプリメントなどから補給できるものではありません。「イソフラボン」というフラボノイドは女性ホルモンに似た構造を持つことが分かっており、食品から補うことができるということが分かっています。

イソフラボンは大豆製品に含まれますが、バストアップや更年期障害の改善に良いとして健康食品から摂取する女性も少なくありません。イソフラボンは女性特有の成分といったイメージすらあります。

では男性はイソフラボンを摂取してはいけないのでしょうか?もしイソフラボンを含む食品を男性が摂取すると体にどのような影響が起こるのでしょう。

イソフラボンとは

イソフラボンというのは植物に含まれるポリフェノールの一種です。マメ類に多く含まれます。この物質は植物が生きていくために外敵から身を守るために分泌されているものですが、ヒトが摂取しても健康に良い効果があることが分かっています。

イソフラボンの中でもゲニステインやダイゼインなどの種類はエストロゲンという女性ホルモンに似た作用を持つことが分かっています。

エストロゲンは女性らしい体つきを作ったり、妊娠に向けて排卵を起こしたり、髪や肌を美しくする作用があります。また、骨を丈夫にするので骨粗鬆症を予防します。

エストロゲンは30代から分泌量が減り始め、更年期から一気に分泌量が少なくなります。そのためにホルモンバランスが崩れて更年期障害が起こります。また閉経後の女性には骨粗鬆症が起こりやすくなります。

更年期障害の症状を緩和させる治療に女性ホルモン療法がありますが、食品からイソフラボンを摂取することで女性ホルモンのはたらきを補うことができるとされています。

イソフラボンを最も多く含むのは大豆です。そのため、大豆を使った料理、豆腐、豆乳、納豆、味噌を通常の食事に取り入れることでイソフラボンの補給ができます。

イソフラボンは過剰に摂取しない限り、副作用の心配もなく穏やかな作用が期待できるものとされます。ただし大豆アレルギーの場合は摂取を避ける必要があります。

男性が摂取すると?

大豆食品は日本人の食卓に多く登場する食材です。もし男性が大豆食品を食べ続けていたらイソフラボンを取り込むことになりますが、男性の体に影響は起こるのでしょうか?

男性ホルモン、女性ホルモンというのは両方とも男女の体に存在するものです。ただし男性は男性ホルモンが多く、女性は女性ホルモンが多いため、性的な特徴の差があらわれます。

男性の体内でも女性ホルモンは少ないながらに、男性ホルモンとのバランスを取りながら作用する役割があります。ですから男性の体にも女性ホルモンは必要であり、イソフラボンを摂取してはいけないわけではありません。

イソフラボンを摂取することで適度に女性ホルモンを補うことは、男性らしい健康を維持するのに効果が期待できます。

男性も加齢によってテストステロンという男性ホルモンの分泌が減少していくので、50歳前後に男性更年期障害の症状を起こりやすくなます。イソフラボンを摂取すると体内で男性ホルモンを補うはたらきをしてくれるので、男性更年期障害の改善の効果が期待されます。

男性がイソフラボンを摂取して女らしくなってしまった、ということは通常の食生活では考えられません。安心して大豆食品を摂取されるとよいでしょう。

イソフラボンには病気の予防効果も

イソフラボンの作用はそれだけではありません。糖尿病を予防する効果、心臓を丈夫にする効果、血液をサラサラにする効果があります。そのため、男女に共通して加齢によって起こりやすい生活習慣病を予防し、健康に導いてくれる効果が期待できるのです。

また、男性特有のがん「前立腺がん」の予防にも効果があるとされています。男性もイソフラボンを摂取しない手はありませんね。

摂取量には注意が必要

ただし、イソフラボンの摂取量には注意する必要があります。イソフラボンの過剰摂取は健康に大きな被害を与える場合があります。特にサプリメントの場合、過剰摂取が起こりやすいので注意が必要です。

イソフラボンの1日の摂取目安量は40~75mgとされます。豆腐なら1/2丁、納豆なら1パック程度で適量です。サプリメントは1日に30mg摂取が上限値と定められています。

大豆には良質のたんぱく質やカルシウムも豊富に含まれているので、食生活に意識して取り入れるとよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る