TOP > > 暗記力アップ、記憶力低下に歯止めを掛ける大豆ペプチドのパワー

暗記力アップ、記憶力低下に歯止めを掛ける大豆ペプチドのパワー

ペプチドとアミノ酸の鎖

ペプチドが健康に良いと近年注目されています。ペプチドそのものの性質は、体内で生産された状態によって3つに区分されます。食品の名称を冠にする場合は、元の食品の栄養素が酵素によりより吸収されやすくなっているとアピールしたいケースにおいて、便宜的に利用される名称であり、3区分の内消化ペプチドとされるものに該当します。

タンパク質は複数のアミノ酸が一定の規則に従い鎖の形で長く連なっています。そのままでは栄養として吸収されない為、消化酵素の働きで分解されますが、そのプロセスは2段階に分けられます。一度目の消化酵素による分解では、アミノ酸がまだいくつか連なった状態のペプチドで2度目の酵素分解でアミノ酸単体になります。

酵素分解されたペプチドは、酵素の性質を帯びた、或いは発酵状態になった幾つかのアミノ酸の連鎖で、そのまま腸管に吸収されます。決して消化不良ではありません。ペプチドの状態で複数のアミノ酸が一度に吸収されるメリットは大変大きいのです。

2度の酵素分解のプロセスを経て、アミノ酸一つ一つが吸収されるまでには、4時間程度、脂肪分の多いタンパク質ならばそれ以上の時間が掛かります。

サプリメントによりアミノ酸を飲食すると吸収は早いですが、1種類1個ずつの吸収になり、それは複数のアミノ酸が含有されている食品でも同様に、ペプチドのように複数のアミノ酸が発酵した状態で一度に吸収されることはありません。

大豆ペプチドに限って言えば、サプリメントとして飲食した場合、20分程度で効果が確認できるエビデンスが存在し、実証されています。大豆が過熱され発酵熟成されたものである納豆の1パーセント程度に大豆ペプチドが含まれています。既に消化が始まっている状態とも理解できます。

納豆はねばねばしていて咀嚼がおろそかでも呑み込めてしまう、と幼児が納豆を食べることのデメリットを指摘する向きもありますが、歯が揃っていて、掻き込むように食べなければ、その心配は不要です。

口の中で滑る納豆をきちんと噛むことは難しいですが、ゆっくり噛む習慣を身に付ける良いきっかけになります。又消化不良を心配する必要がありませんので、栄養豊富な点を尊重したいところです。

大豆に含まれるアミノ酸はアスパラギン酸、グルタミン、アルギニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リシン等実に多いことは周知のことです。又脂質が少ない点で、良く噛んだ状態であれば消化に時間が掛かる方ではありません。

それらのアミノ酸が規則的に配列し鎖になっているものが大豆タンパクですので、どこで鎖がきれても、一度にそれら複数を吸収することができる大豆ペプチドは、心身に良い効果をすぐに期待できることになります。

脳が疲労すると

肉体疲労の状態は筋肉痛や、ぐったりする脱力感の経験からすぐに理解ができても、脳が疲労する、という状態は、明確にどういうものかイメージし難いものです。

ストレスや情報過多により、問題を処理できなくなり飽和する経験を、よく「イッパイ」になると表現することがあります。非常に端的に言えばその状態を脳疲労と言います。

脳の合理的な思考に基づく行動を司る新皮質と、生体維持に関する活動を司る旧皮質がその働きに整合性を欠くようになると、脳疲労はピークに達し、精神的なバランスを欠いたり、行動の異常が確認されるようになります。脳疲労が極まるとそこに行きついてしまうので、「もうイッパイだ。」とよぎったら、先ず大豆ペプチドを飲食したいところです。

大豆ペプチドに含まれるアルギニンは酸欠にも近い欠乏感、涸渇感を、急速に解消します。トリプトファンは精神の安定に欠かせません。それらがすぐに体に吸収できる状態で飛び込んでくると思えば、口に入れない手はありません。

疲労を感じつつ、感じていないふりをして頑張るビジネスマンにとって、脳の健康と精神面のタフさを維持する為に、大豆ペプチドの成分と即効性はとても役立ちます。

受験に勝とう勝たせよう

受験勉強をしていると、覚えることが多すぎて飽和をすることがあります。暗記した箇所はチェックをして、どんどん暗記を進めながら、応用力や文章力等暗記した知識を道具として使いこなす術を、同時に身に付けますが、その術を身に付けるプロセスでも多くのことを覚えなければなりません。

暗記したはずのことを忘れていたり、覚えているのに使いこなせない時に、焦りや倦怠感を強く感じると、ビジネスマンの脳疲労と同じような状態になります。受験生は期限付きの脳疲労ですが、その期限内で疲労が残っていてはいけません。

直ぐに解消して、常に良い状態で脳が働く環境を維持する為に、大豆ペプチドが重要です。大豆ペプチドは納豆に大変多く含有されています。しかし臭いがネックとなり、晩御飯に取り入れるのがせいぜい、というのが実際のところです。

サプリメントであれば、ちょっと一息の時に飲み物と一緒に摂取できます。無臭化されている製品がほとんどですので、納豆を食べる時のような気づかいは不要ですから、上手に利用したいものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る