TOP > > 第七の栄養素〜『フィトケミカル』の全て

第七の栄養素〜『フィトケミカル』の全て

人が生きていくためには食べ物からの栄養が必要です。特に重要な栄養素としてタンパク質、脂質、炭水化物は「三大栄養素」と呼ばれています。これに、必要量は少ないもののなくてはならないビタミン、ミネラルを加えて「五大栄養素」と呼ばれます。

そして近年、食物繊維が「第六の栄養素」、フィトケミカルが「第七の栄養素」と言われるようになりました。このフィトケミカルとは何なのでしょうか?

フィトケミカルとは?

フィトはギリシャ語で植物、ケミカルは化学物質を意味します。つまり植物特有の化学物質のことをさします。ファイトケミカルと呼ばれることもあります。

野菜や果物には色、香り、苦みといった成分が含まれています。最近までこれらのものには何の栄養もないと思われていました。しかし近年、これらは植物が自分自身を守り、厳しい環境で生き抜いていくために作り出した物質で、人にも大きなパワーを発揮することがわかってきたのです。

フィトケミカルと呼ばれるものは1万種類以上あると言われていますが、現在はまだ研究中です。その中でもリコピン、アントシアニン、カテキン、βカロテンなどは少しずつその効果がわかってきました。

主なフィトケミカルの種類

フィトケミカルはいくつかの種類にわけることができます。

・ポリフェノール

アントシアニン(眼の機能を改善)、レスベラトロール(老化を防ぐ)、イソフラボン(更年期障害を改善)、カテキン(抗酸化作用、ガン予防やコレステロールを下げる作用)など

・カロテノイド

リコピン(抗酸化作用)、βカロテン(抗酸化作用)、ルテイン(眼の健康維持)、アスタキサンチン(抗酸化作用)など

・イオウ化合物

硫化アリル(殺菌作用、血液をサラサラにする)、スルフォラファン(肝機能を高める、美白効果)など

・その他

βグルカン(免疫機能向上)、テルペン類(アロマテラピーの精油成分、リラックス効果)など

成分名や作用は一例で、実際にはもっといろいろとあります。上記の成分のうち、アスタキサンチンは鮭に多く含まれるフィトケミカルです。

動物に含まれる物質なのに、なぜフィトケミカル(植物化学物質)と呼ばれるのか?それは、もともとアスタキサンチンは藻類に多く含まれる物質で、それを魚たちが食べていく中で、食物連鎖で上位の鮭に多く含まれるようになったからです。

フィトケミカルはどう摂るのがよいか?

フィトケミカルはサプリメントにもなっているので、そこから摂ることもできます。ただし場合によっては、熱に弱いものだと加工途中で栄養素が壊れてしまっていたりということもありますので、注意が必要です。

食事から摂るときには、なるべくたくさんの種類の野菜を食べるように心がけるとよいでしょう。色も単色ではなくカラフルにしたほうがいろいろなフィトケミカルが摂れます。色の成分もフィトケミカルのため、なるべくいろいろな色のものを食べた方が、たくさんの種類のフィトケミカルを摂れるからです。

フィトケミカルはまだまだ研究段階で、これからも新たな発見があるものと思われます。今わかっているだけでもいろいろなパワーを秘めていることは確実なので、日々、なるべくいろいろな種類の野菜を食べて、フィトケミカルのパワーを手に入れていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る