TOP > > ダイエットで野菜だけは危険!菜食主義でビタミンB12が不足するわけ

ダイエットで野菜だけは危険!菜食主義でビタミンB12が不足するわけ

ダイエットに野菜だけ食べていませんか?

体重を落とすために、肉類は一切控えて野菜だけを食べ続けるという人がいます。また、肉が元々好きではないので、ついつい野菜ばかり食べてしまう人もいます。

野菜を食べていれば、どんなビタミンも全部摂れると信じ込んでいませんか?実は野菜ばかり食べていると、不足してしまうビタビンがあるのをご存知でしょうか?それはビタミンB12です。これは、もともと肉類やタマゴ等に多く含まれていて、貧血の予防や神経を安定させたりなどの作用があります。

野菜にも当然ながらビタミンB12は含まれているのですが、野菜に含まれているビタミンB12は人の体には取り込めない、つまり使うことができない種類のものがほとんどなのだそうです。

同じビタミンB12なのに体にとって使えるものと使えないものがあるわけです。この頃どうも寝られない、イライラする、などの症状がある人は、ひょっとするとビタミンB12が不足しているのかもしれません。

注意が必要なのは、お年寄りで肉類を食べていても、加齢のため吸収が悪くなりビタミンB12が吸収できず、同じように不足してしまうことがあるそうなのです。

体が使えるビタミンB12とは?

人体が取り込めるビタミンB12を持っている食品は、牛や鶏のレバー、また、ホッケやさんま、その他には海苔などにも利用できるビタミンB12が含まれています。本来ビタミンB12が多いとされているアサリや赤貝、しじみなどは、その大半が人体では利用できないビタミンB12なのだそうです。

また前述したように、野菜からのビタミンB12はほとんど体内では利用できないので、人体で利用できるビタミンB12を持つ食品を定期的に摂取して補わなければいけません。

特に10代や20代の女性が、ダイエットと称して野菜ばかり食べるのはとても危険なことなのです。ダイエットは食べ過ぎを防いで、栄養をバランス良く摂ることで成功します。野菜ばかり食べていると、かえって不健康な体になってしまうことを覚えておきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る