TOP > > どうしよう関節の痛み!米国では常識、南米産キャッツクローで抑える

どうしよう関節の痛み!米国では常識、南米産キャッツクローで抑える

WHOが認定をするものとは

WHOは世界保健機関というスイスのジュネーブに本部を置く、全人類が、人権の一つである最高の健康を享受できる環境を整えることを目的に活動する機関です。

感染症の情報収集や疾病と医療に関する調査結果を公表したり、疾病の重度等の基準を策定する国際機関として知られています。予防接種計画や各国間での医療協力にも携わります。

WHOは健康へ積極的に寄与する食品や成分を、公式に健康への効果を認定することもあります。キャッツクローはその抗炎症成分に副作用がないことをWHOが認定した植物です。

元々はアマゾンに自生し、原住民のリウマチや炎症症状を抑える目的で使用されていた植物が、現在のように世界的にサプリメントとして流通する大きな後押しを、WHOがしました。

WHOが認定した成分や食品は、キャッツクロー意外では一般に気軽に購入できるものがほとんどありません。世界中に独自の基準を持つ健康と食品に関わる基準を確立し、検査や認定を行う機関がありますが、全人類的に貢献する成分や価値であると、周知させることが出来る認定は、WHOのみと言えます。

キャッツクローの成分と効き目

キャッツクローは実に多様な構造を持つアルカロイドの内6種類含む植物です。キャッツクローについてよく知られていない時代には、アマゾン原産であるという神秘性が影響して、アルカロイドの中でも神経に作用する、モルヒネやセロトニンと同類のもののようなイメージを持たれることも、過去にはありました。

しかしキャッツクローの6つのアルカロイド成分は炎症を抑える働き、人間の免疫機能に作用します。アルカロイドの中で最も有名ともいえるモルヒネとは同一視できない成分であり、性質を全く異にするものです。

キャッツクローに有効成分として含まれる6つのアルカロイドは、イソテロポディン、テロポディン、イソミトラフィン、ミトラフィン、イソリンコフィリン、リンコフィリンです。

特にイソテロポディンとミトラフィン、イソミトラフィン、イソリンコフィリンは、体内に侵入してきた感染菌類を捕食するマクロファージを活性化し、免疫の働きのバランスを取ります。

癌やリウマチにおいて自己免疫の働きが活発になっているを治療する薬は、自己免疫の過剰な働きを抑制する、或いは調節する薬です。自己免疫を抑制すると、感染症への抵抗力が非常に弱くなります。キャッツクローを飲食することによって、細菌に対する抵抗力を向上させることが出来ます。

キャッツクローに含まれるリンコフィリンは、血栓を予防する効果があり、テロポディンは自己免疫力を調整する機能を持ちます。イソリンコフィリンとリンコフィリンは、脳において空間認知を司る海馬に血液が不足することによって、損傷を受けないよう保護する効果があるという研究結果が公表されています。

免疫はその全容が解明され尽くしたとは言えない、人体機能の一つですが、医学が未発達だった時代は、そうした免疫機能の異常による身体の不調や異変は、更に理解し難いものでした。

そうした人知で測れない悪い状況に効果があるキャッツクローが、古代から珍重され、神秘的な植物として認められてきたことは当然の結果かもしれません。

キャッツクローの抗炎症作用は、免疫調整が働くことで、炎症を起こす原因となる細菌を捕食したり、自己抗体の働きを調整することに起因しています。打撲で腫れた、という状態に効果を期待するものではありません。

キャッツクローは免疫疾患とそれに起因した炎症に対し効果が高く、又それが実証された成分を含むサプリメントである為、投薬治療を受けている人は、医師に相談する必要がありますし免疫疾患に関わる手術が決まっている、或いは投薬が切り替わると分かっている場合には、代謝で排出されるに十分な時間(キャッツクローの成分は尿から排出されます。又飲み過ぎることはいけませんが、余剰になった成分は全て尿になります。)2週間程度前から飲食しない方が良いと言われます。

サプリメントは食品ですが、全く作用が無いのであれば、わざわざお金を払うものではありませんし、治療を受けていない人と治療中の方とでは、治療薬とサプリメントの拮抗性という観点からも、条件が異なるのは当然です。主治医がいれば申告をしておくことがより自分の為になります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る