TOP > > ビタミンチャージひとまとめ!マルチビタミンサプリがお得な理由

ビタミンチャージひとまとめ!マルチビタミンサプリがお得な理由

通常の食事だけではビタミン不足に

昔の日本では質素な食事も当たり前で、そのために栄養不足に至ることも珍しくありませんでした。現代の日本人の食生活は昔に比べると豊かになってきており、むしろ飽食の傾向にあります。

手を伸ばせばコンビニ、ファーストフードと日常の中に美味しい食べ物があふれ返っている状態といえます。豊かな食生活は良いことなのですが、食がしっかり満たされていれば栄養がしっかり摂取できているかと言えばそうではありません。

現代の日本人の食生活は欧米化が進んだことで肉や乳製品といった動物性食品が増え、反面、野菜や魚をあまり食べなくなってしまいました。動物性食品には肥満や動脈硬化の原因となる動物性脂肪やカロリーが多く含まれています。

野菜や魚には生活習慣病を予防するビタミンやミネラルが豊富に含まれています。健康のためには動物性食品の摂取を控え、野菜、果物、魚を積極的に摂取する食事が理想的なのです。

野菜は1日に350g摂取することが推奨されていますが実際のところ日本人の1日当たりの摂取量は平均280gとやや不足の傾向にあるのです。

また、現代の野菜は昔の野菜に比べて含まれる栄養素の量自体も減ってきています。これは化学肥料の使用や土壌の質の低下が原因となっています。例えばビタミンCの場合だと20年前の野菜に比べ全体的に30%~50%も含有量が低下していることが分かっています。

こういった事情から、私達は食事には不自由していないはずなのに栄養素は不足しているという傾向に陥りがちです。特に不足しがちなビタミン類は、生きていくために体に必要な栄養素なので毎日しっかりチャージしていかなければなりません。そこで多くの人が利用しているのがサプリメントです。

マルチビタミンがおすすめ

サプリメントは特定の成分を小さなカプセルやタブレット錠にギュッと詰め込んだ健康食品です。1日に数粒を飲むだけで必要な成分が一気に摂取できてしまうのがメリットです。飲みこみやすく味やにおいがないので、食べ物の好き嫌いに関係なく誰でも利用することができます。

サプリメントは市場にたくさんの種類の製品が出まわっています。体に必要な栄養素のほか、植物から抽出された有効成分を製品にしたものなどさまざまです。中でもビタミンのサプリメントは店頭でも必ず見かけるメジャーなものです。

ビタミンと言ってもビタミンA、B群、C、D、E、K、パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチンといった種類があり、それぞれ特徴が異なります。これらを不足しないようにバランス良く摂取していかなければなりません。

サプリメントでは「ビタミンA」「葉酸」といったように、それぞれのビタミンが個別に製品化されていますので、もし自分に不足しているビタミンが分かっていればそのサプリメントを利用するとよいでしょう。

しかし「食事が不規則だからサプリメントでも飲んでみよう」という初心者の人には、どのビタミンを選んだら良いか分からないことでしょう。また、たいていの人に不足しているのは複数のビタミンだと考えられますから何種類もサプリメントが必要になります。

これは面倒くさいですね。そこで多くの人におすすめしたいのが「マルチビタミン」のサプリメントです。これは体に必要なビタミンが全て配合されているタイプなので、バランス良くビタミン補給できるのが最大のメリットです。

ビタミン選びに迷うこともありませんし、1日数粒で必要なビタミンが一気に摂れてしまうのですから楽ですね。何種類も製品を買い揃えるよりもコストパフォーマンスも良いのです。

手軽でお得なだけではありません。バランスの良さもポイントです。なぜビタミンはバランス良く摂取されなければならないかというと、ビタミンは体内でお互いに関わりあいながら作用しているものだからです。

例えば抗酸化作用のあるビタミンCは同じく抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンEと一緒に摂取することで相乗効果を高めますし、骨の生成に必要なカルシウムの吸収にはビタミンCとビタミンDが関与しています。どれかが不足すると体の機能がスムーズに行われにくくなってしまうのです。

マルチビタミンのサプリメントはあくまでも食品であり薬ではないので、摂取したからといって劇的に病気を治したり健康を促進させるという目的のものではありません。

しかし体に与える影響が穏やかなので副作用の心配が非常に少なく、幅広い世代において安心して利用できるメリットがあります。野菜不足や食事が不規則になりやすいのは特に20代といわれています。マルチビタミンを取り入れると共に食生活を見直して栄養不足を解消することをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る