TOP > > 食べ方次第でポリフェノール倍増!バナナの食べ方と意外な効果

食べ方次第でポリフェノール倍増!バナナの食べ方と意外な効果

バナナは甘くてとっても美味しいですから、小さなお子様からご年配の方まで、みんなに愛されています。特に栄養価が高く、風邪の時に好んで食べる人が多いです。またすぐにエネルギーに代わる事から、マラソンランナーも走る前に食べる人が多いですよね。

でもバナナのパワーはエネルギー源としてだけではありません。また食べ方次第では栄養価が変わるってご存知ですか?そこで今回はバナナの豆知識をご紹介します。

ポリフェノールを2倍にする方法

バナナにはもともとポリフェノールがたっぷりと含まれています。しかし冷凍庫で凍らせるだけで、そのポリフェノールを倍増させることが出来ます。

バナナの皮をむいて、ラップに包み冷凍庫に入れるだけで、すぐにできる冷凍バナナ!こんな簡単な事でポリフェノール量を2倍に出来るのです。ポリフェノールには、抗酸化作用があります。

その為、生活習慣病の予防やアンチエイジング効果があります。凍らせるだけでとっても簡単にできますし、真夏に食べると冷えていて美味しいですよ。またスムージーに入れると更に美味しく召し上がる事が出来ますのでお勧めです!

ミネラルと食物繊維が大幅アップさせる方法!

バナナに含まれている、ミネラルと食物繊維を大幅アップさせる食べ方をご存知ですか?実は干しバナナにするだけで、ミネラルや食物繊維の量がアップします。でも「干しバナナってどうやって作るの?」と言う方もいらっしゃいます。

干しバナナは、ご家庭で簡単に作ることができます。まずバナナの皮をむいて実を薄くスライスしてください。スライスしたバナナを、「すのこ」の上に乗せ風通しのいい場所で天日干しします。そのまま放置して、バナナの水分がなくなったら完成です。

干しバナナはそのまま食べてもおいしいですし、ヨーグルトに入れたり、バウンドケーキに使ってもおいしく食べる事ができます。干すだけでミネラルや食物繊維がアップしますので、ぜひお試しください!

バナナで生活習慣病を予防する

バナナにはビタミンやミネラルがたくさん含まれています。ですからエネルギー源として使われたり、美肌目的で食べる人が多いです。でもバナナのパワーはこれだけではありません。実は生活習慣病の予防も出来るんですよ。バナナにはポリフェノールがたっぷり含まれています。

先に説明した通り、凍らせることで更に倍増させることもできます。このポリフェノールには強い抗酸化作用がある事で知られています。つまり体が錆びつく事を防ぐ働きがあるのです。具体的にはシミ、シワ、たるみの予防。そして心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧などいわゆる成人病予防の働きもあります。

どれも絶対に掛りたくない恐ろしい病気ばかりです。ポリフェノールには、こういった恐怖の病を予防する効果があります。そんなすごいパワーを持つポリフェノールが、バナナにはたっぷり含まれています。ですから、バナナは成人病予防に効果的だと言う事なのです。

このようにバナナは食べ方次第で、栄養をアップさせることができます。またもともと含まれている栄養価も高く、成人病の予防にも効果的です。健康維持の為、1日1本バナナを食べてみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る