TOP > > 眼精疲労に紅シャケが効く!アスタキサンチンのパワー

眼精疲労に紅シャケが効く!アスタキサンチンのパワー

シャケの身が何故赤いのかご存知ですか?本来白身の魚である筈のシャケは海にいる間プランクトン、エビ、カニを餌として食べて過ごし、産卵期になると川を上りそこで卵を産みます。このプランクトンや甲殻類に含まれる「アスタキサンチン」と呼ばれるカロチノイド系の赤い色素はシャケの体内に蓄積される為、白かった身が鮮やかな紅色に色付く様です。

ところでこのアスタキサンチンには優れた抗酸化作用がある事がわかっており、その効果はなんと、ビタミンEの10倍とも言われています。川上りという激しい運動を可能にしているのも、活性酵素の除去を促進するアスタキサンチンのなせる技でしょう。勿論アスタキサンチンは人間にとっても有効です。眼精疲労の解消効果もある為、オフィスワークで疲れた身体には最適です。

目の疲れには紅シャケ?!抗酸化作用で若返り効果も

アスタキサンチンは脂溶性の為、油分と一緒に摂る事で吸収率がアップします。紅シャケに含まれる油がその点において非常に相性が良く、また調理法の様々なアレンジが可能な紅シャケはアスタキサンチンの摂取にたいへん適しています。

摂取の目安は一日6mgとされ、これは紅シャケの切り身およそ二枚分(200g)。またアスタキサンチンは他の成分と合わせて摂る事で吸収がぐんとよくなる為、サプリメント等を利用する場合には他の成分も合わせて摂れるものを選びましょう。

紫外線によって発生する活性酵素はシミやシワ、たるみの原因の一つですが、アスタキサンチンのもつ抗酸化作用によって活性酵素を除去し、若々しい肌を維持するのにもたいへん有効です。

シャケの卵(イクラ)が赤いのは、浅瀬で産卵し光が当りやすい状況で成長を余儀無くされる卵が、アスタキサンチンのチカラによって紫外線から身を守る為。その効果はお墨付きの様です。

刮目すべき“赤い”魚たち

アスタキサンチンは他にもタイ、エビ、カニなど赤い色の魚介類に同様に含まれています。加熱前はくすんだ色のエビやカニも、茹でると鮮やかに色付くのはタンパク質と結合しているアスタキサンチンが熱によって離れ、本来の色を表す為。

加熱する、または加熱しても赤いというのがアスタキサンチンの有無を見るポイントなので、焼くと白く変色するマグロなどの赤身は残念ながらアスタキサンチンの赤ではありません。スーパーなどで購入する際は注意しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る