TOP > > ビタミンEもミネラルも豊富!アーモンドに秘められた栄養とは?

ビタミンEもミネラルも豊富!アーモンドに秘められた栄養とは?

最近、ナッツは美容に効果がありダイエットにもよいとして話題になっています。そんなナッツの中でも代表的なアーモンドには、どんな栄養があってどんなことが期待できるのでしょうか。アーモンドは生活習慣病予防やダイエット、そして老化防止にも期待ができそうです。

生活習慣病を予防する

アーモンドはカロリーが高いというイメージがあると思いますが、脂質の大部分は不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸です。リノール酸は血中のコレステロールを減らします。そしてオレイン酸は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールは減らしません。

それによってアーモンドは、動脈硬化を予防し血液をサラサラにしてくれます。血液の流れが良くなれば血圧も下がります。動脈硬化を予防することで、心筋梗塞なども防ぎます。またアーモンドにはビタミンEや食物繊維も豊富です。

ビタミンEには抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化、脳梗塞を引き起こす活性酸素の害から守ってくれます。また血行を良くして、肩こりや冷え症を改善する働きもあります。食物繊維は血糖値の上昇を抑えることで糖尿病を予防します。

また脂肪の吸収を抑える働きもあります。このようにアーモンドには動脈硬化、高血圧、心筋梗塞や脳梗塞といった生活習慣病を予防する働きがあるのです。

ダイエットに効果あり

アーモンドでのダイエット効果を調べる実験の結果、実際にその効果がありました。そしてリバウンドはなかったのです。アーモンドに含まれる不飽和脂肪酸はコレステロールを減らします。また食物繊維は満腹感を与えてくれ、腸の働きを整えてお通じを良くします。

そしてアーモンドにはビタミンB2も含まれます。ビタミンB2には脂肪を燃焼してくれる働きがあるのです。これらのことから、アーモンドを毎日食べることがダイエットにつながるのではないでしょうか。もちろん食べ過ぎはいけません。

老化防止の効果もあり

アーモンドにはAGEsが生まれるのを抑える働きがあります。AGEsとはタンパク質と糖が結びついたもので、これが体の中に増えると糖尿病の血管障害や動脈硬化、シミやシワといった皮膚の老化などにつながるとされます。

つまりAGEsは生活習慣病や老化の原因なのです。アーモンドはタンパク質と糖が結びつくのを抑えることで、このAGEsが生まれるのを抑えます。それによって老化を防止してくれるのです。

またビタミンEの抗酸化作用により活性酸素を消去します。活性酸素も老化の原因になるとされていて、その活性酸素が減ることでも老化が防止できます。

いろいろなミネラルも豊富

ナッツにはミネラルが多く含まれますが、その中でもアーモンドにはいろいろな種類のミネラルがバランス良く含まれています。ミネラルは生きていくためにほんの少し必要な元素です。体内で作り出すことはできず、不足するとたちまち体調を崩してしまいます。

現代人は、加工食品が増えたことや土壌の関係でミネラルが不足しがちです。(リンやナトリウムは過剰)アーモンドに含まれるミネラルはカルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム、リン、亜鉛、銅、セレンなどです。

骨や歯を作る、筋肉を動かしたり神経の情報伝達を助ける、体の中で起きる化学反応を助けるなどといった様々な働きがあります。私たちの体が正常に機能するために、ミネラルはなくてはならないものなのです。

多くの効果が期待できそうなアーモンドですが、食べ過ぎては逆効果です。1日20~25粒くらいにしてください。無塩で素焼きのもの選びましょう。酸化しやすいため、できるだけ新鮮なものを買って早く食べ切ってください。少量包装で買ったほうが食べ過ぎずにすみますし、酸化されにくいのでよいかもしれません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る