TOP > > 老化防止に便秘予防!女性こそたくさん食べたいアーモンドの効果

老化防止に便秘予防!女性こそたくさん食べたいアーモンドの効果

アーモンドというと、チョコレートの中に入っていたりおつまみで出されたりと、どうしても「高カロリー」というイメージがついてまわり、常にダイエットを意識している女性たちの間ではどうしても敬遠されがち。

ところが、美の象徴ともいえるミスコン出身者や人気モデルたちは、小腹が空いたときにアーモンドなどのナッツ類を食べることが多いと聞きます。それはアーモンドの健康効果や美容効果を知っているからです。

女性こそ積極的に食べてもらいたい、アーモンドの驚くべき健康効果について紹介します。

脂質のほとんどがリノール酸

アーモンドはほとんど脂質でできているといっても過言ではありません。「脂質」と聞いただけで避けてしまいたくなりますが、実はその脂質のほとんどは「リノール酸」という脂。

健康志向の方はご存知だと思いますが、リノール酸は不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸の1つでもあります。人体では作り出せないため、食品から摂取するしかありません。

リノール酸はコレステロールを下げる効果があり、血圧の高めの方には特におすすめです。コレステロールの値が低ければ動脈硬化をおこす可能性も低くなります。

その上リノール酸には皮膚や粘膜のバリア機能を高める効果も期待できます。化粧品にも使われています。皮膚の保湿、炎症予防、老化防止なんて、女性には嬉しい効果ばかりですね。

アンチエイジングのビタミンEが豊富!

25歳頃にお肌の曲がり角を向かえた後は、年齢と共にどんどん衰えていくことを実感するようになります。肌の状態を悪くするのは、体の中にある活性酸素のせいだと言われています。

活性酸素は体中の細胞を酸化させる、つまりサビさせてしまうのです。この「サビつき」こそ「老化現象」なのです。

老化現象にストップをかけてくれるのがビタミンEを代表とする抗酸化作用のある成分。アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれており、1日20粒程度食べると1日の摂取量を補えてしまいます。

またビタミンEには末梢の毛細血管を拡張させ、血行をよくする働きがあるとされています。女性に多い冷え症や、冷えによって引き起こされる生理痛などの症状、肩こりなどを改善してくれます。

ダイエットの味方・ビタミンB2も豊富!

女性の永遠のテーマであるダイエット。ダイエットを効率よく行うためには、脂質やたんぱく質などの栄養素をエネルギーへと変換し、燃焼しやすくさせることが重要です。

栄養素をエネルギーへと変換させるのに必要なのがビタミンB2。ビタミンB2が不足していると脂質などはエネルギーに変えられず、どんどん体の中へ蓄積されてしまうのです。

アーモンドにはそんなビタミンB2も豊富に含まれています。その上ビタミンB2は、脂肪の燃焼を助けるだけでなく、ダイエット後のリバウンドもしにくくしてくれるというのです。

アーモンドには良質な脂質(リノール酸)が豊富に含まれているために、バランスのとれたダイエットになるということなのでしょう。

ちょっと小腹がすいたときに、甘いお菓子などの代わりにアーモンドを食べるということは、健康的に痩せるという意味でもとても理にかなった食べ方だったんですね。

便秘解消にも期待!

アーモンドは不溶性の食物繊維がたくさん含まれています。そのため便秘解消に効果が期待できます。アーモンドは脂質の塊のようなものなので、その油分のおかげで、お通じが固くなりすぎることなくスルスルと出てくるというのです。便秘気味であるという方には是非試していただきたいです。

食物繊維をとるために私たちはゴボウやキノコといった野菜を料理に使うよう心がけていますが、食べられる状態になるまでに一手間二手間かかります。

それがアーモンドならば、思い立ったときにすぐにパクリと食べることができてしまいます。常備しておけばいつでもどこでも食べることができるので、これぞまさに便秘解消の救世主とも言えるのではないでしょうか。

アーモンドにはその他にもカルシウム、マグネシウム、鉄、リンなど、一粒で数種類のビタミンとミネラルを摂取することができます。デリケートな女性の体をケアするのにうってつけの食品です。今日のおやつ、甘いお菓子をやめてアーモンドに変えてみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る