TOP > > 鼻血が止まらない時はどうすれば良い!?正しい対処法について

鼻血が止まらない時はどうすれば良い!?正しい対処法について

鼻血が出ても多くの場合、時間の経過とともに自然に止まります。しかし、たまに中々鼻血が止まらないというケースがありますよね。そんな時は、どうすれば良いのでしょうか?今回は、止まらない鼻血に対する、正しい対処法をご紹介します。

顔を上にあげてはいけません!

鼻血が出た時に、ポタポタ床に落ちないよう、上を向く人がいらっしゃいます。しかし、この方法はNGですよ。正しくは、顔をやや下に向けた方が良いです。でもなぜ、上を向くと良くないのでしょうか?

それは、上を向く事で血がのどに入ってしまうからです。のどに血液が入ってしまうと、独特と臭いなどにより、吐き気をもよおし嘔吐を引き起こす事があります。また気管に入ってしまうリスクもあります。ですから、鼻血が出た時には上を向かず、やや下方向を向くように心掛けてください。

圧迫しましょう!

鼻血が止まらない時には、圧迫する必要があります。でも、どうやって圧迫すれば良いのでしょうか?

親指と人差し指を使い、鼻をつまんでください。これだけで圧迫する事ができます。時間的には、5分程度でよいと思われますが、血液の止まり方次第では、10分程度圧迫を続けてください。

多くの場合、鼻を圧迫する事で鼻血が自然と止まります。また、圧迫する時にアイスノンなどを利用して鼻を冷やすと、より早く血が止まると言われています。

鼻血でも病院に行った方がいい?

下を向いて鼻を圧迫しても、鼻血がダクダクと出続ける場合は、病院に行った方が良いです。でも、鼻血はいったい何科を受診したらよいのでしょうか?

鼻血の場合は、耳鼻科がお勧めです。鼻血くらい大丈夫と思われがちですが、人によっては大量出血を引き起こす事があります。

そのため、耳鼻科では止血処置として、手術が施される事もあります。ですから、鼻血が止まらない時には、躊躇せずに病院で診察を受けてください。

このように、鼻血を止めるための対処法としては、下方を向く、圧迫する、病院に行くといった方法があります。突然鼻血が出て、なかなか止まらない時には、ぜひ上記のような方法をお試しください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る