TOP > > 猛威を振るうノロウイルス!毎日の予防に緑茶カテキンを

猛威を振るうノロウイルス!毎日の予防に緑茶カテキンを

ノロウイルスの感染症が冬の代名詞になったのは、いつぐらいのことでしょう。昔は牡蠣の食中毒はあったのですが、ノロウイルスという名前はなかったように思えます。最近ではノロウイルスによる「感染性胃腸炎」は毎年のように増加しており、重症化したケースでは死者も出ています。

ノロウイルスに感染する原因については諸説ありますが、現状では確定されておらず「これだけには注意!」と言うものがないのも、感染増加の原因かも知れません。私達はどのようにしてノロウイルスの脅威に対抗すれば良いのでしょうか?

ノロウイルスの感染原因は色々ある

ノロウイルスはもう皆さんご存知なので説明は省きますが、その感染経路について正しく理解していない人も多いようです。ノロウイルスの原因が牡蠣などの二枚貝にあると信じている人が未だに多くいて、牡蠣を食べなければ感染はしないと信じているのです。

ここで理解して頂きたいのは、現在発生しているノロウイルス感染性胃腸炎のほとんどは、二枚貝と何ら関係ありません。冷静に考えてみて老人ホームや幼稚園の給食で、生牡蠣が出るとは到底考えられないですよね。多くの原因が人を媒体とした感染で、大元の原因は特定されないことが多いようです。

つまり、ノロウイルスの保菌者が給食を作り、給食に入り込んだウイルスで大勢が感染する仕組みです。そして、給食を作った保菌者もまた他の人から感染しており、いつまでたどっても大元にはたどり着けないのです。

ノロウイルスは人間の身体で増殖し、糞便によって体外に排出されます。その処理が適正でないと海や川、または土壌に入り込み、貝、魚に付着して再度人間に入り込むサイクルが考えられています。

また保菌者が接触した食品、食器、トイレ、ドアなどから感染することも多く、自分が注意していても他人から知らない間に感染してしまう可能性もあります。このようにノロウイルス感染は予防が難しく、自分一人の意識だけでは完全に防御することはできません。

ウイルス対策と共に免疫対策も行おう

特に都会で生活している人は、駅や電車内で多くの人と接触する機会があります。その中にはノロウイルスの保菌者がいる可能性があり、自分が望まない形で日々接触しているのです。そして、突然の高熱と下痢、吐き気が貴方を襲うことに。

そこで考えたいのが、感染予防も重要ですが、感染しても症状を軽くする方法です。そのためには免疫力を高めることが重要。日々の疲れやストレスを溜め込んでいては、ノロウイルスが入り込んだ状態で「白旗(しろはた)」を上げるしかないでしょう。

しかし、免疫力を高めることでウイルスを攻撃し、場合によっては絶滅させることだってできるのです。免疫力を高めるには腸を鍛えるのが一番です。普段から腸内環境に注意して、善玉菌を多く作るようにしましょう。また、スポーツや軽い運動でストレスを軽減させることも大切なので、実行して下さいね。

緑茶を飲んでノロウイルスをやっつけろ

緑茶が健康に良いとの話を聞くと思いますが、実は緑茶に含まれているカテキンには抗ウイルス作用があります。インフルエンザ予防においても緑茶でうがいを行うことで、殺菌作用により予防効果がありますが、ノロウイルスにも効果があるのです。

緑茶に含まれるカテキンは植物由来のフラボノイドで、抗酸化作用に優れた作用があります。緑茶の苦味はカテキンの作用で、緑茶の味と言っても過言ではありません。このカテキンが、身体に入り込んだノロウイルスに付着して、体内に吸収されるのを阻害すると言うのです。

吸収されなくては排出されるだけなので、感染性胃腸炎は発症せず大事には至らないでしょう。この効果はまだ研究段階であり、様々な研究機関が老人ホームなどで実証しているそうです。効果があることは確かなので、私達としても取り入れるべき内容ではないでしょうか?

緑茶で効率的にカテキンを抽出するには、茶葉に沸騰したお湯を入れて70℃程度まで自然に冷まします。その状態で茶葉を取り除き、冷蔵庫で保管して下さい。ちょっと苦い緑茶になりますが、カテキンパワー一杯のカテキン茶の出来上がりです。

カテキン茶を定期的に飲むことで、酸化の予防にもなり免疫力のアップも期待できます。日本人はやっぱりお茶が一番。食事のお供には緑茶ですよね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る