TOP > > 冬場に多いノロウイルスを予防したい!日常的に乳酸菌で腸を鍛えよ

冬場に多いノロウイルスを予防したい!日常的に乳酸菌で腸を鍛えよ

ある寒い日、「何となくお腹の調子が悪いなぁ」と感じていたら数時間で強烈な痛みが。腹痛に加え下痢や吐き気もあり、微熱もあるようです。この症状は風邪に似ていますが、ノロウイルスによる感染症と思われます。

近年、毎年のように11月を過ぎたあたりから流行が見られている食中毒の一種であり、ウイルスの感染による急性胃腸炎を発症させます。冬場に多い感染症と思われがちですが、最近では年中発症が見られるのも特徴と言えます。

知っていました?ノロウイルスには特効薬はありません

このように毎年猛威を振るっているノロウイルスですが、特効薬と呼ばれる薬はありません。でも病院で診察を受けたら薬を処方してもらいますよね。あれは対症療法と言って、下痢が酷いなら下痢止め、嘔吐が酷ければ嘔吐止めなどの症状に対する薬なのです。

現状ではノロウイルスに直接効果のある抗ウイルス薬はありません。インフルエンザ用の抗ウイルス薬(タミフル、リレンザなど)が効果的という話が以前ありましたが、これはデマのようですね。

ノロウイルスは食中毒として食べ物から侵入するだけではなく、保菌者が触ったものからの感染(接触感染)や、空気中に漂っているウイルスを吸い込む(飛沫感染)など、あらゆる感染ルートがありますので注意が必要です。

しかしながら、自分がいかに注意していても保菌者が判別できなければ注意しようがないのも事実。そこでノロウイルスの予防に効果的な方法を紹介します。

乳酸菌で日常的に腸を鍛えましょう

様々な方向からやって来るノロウイルスの感染を完全に防御することは、かなり難しいことだと思います。そこでウイルスが侵入してきても、迎え撃ちできる強い腸を作ることが重要なのです。

腸を鍛えるといっても腸に運動させることは出来ませんよね。(笑)そこで乳酸菌の出番がやって来ます。

乳酸菌は腸内細菌の一種であり、善玉菌に分類されています。もともと腸内には善玉菌と呼ばれる菌類と、悪玉菌と呼ばれる菌類が生息しており、善玉菌が増えることで腸内環境も良くなり、身体の免疫力も向上するのです。

乳酸菌を日常的に補給することで、腸内の善玉菌が増加してノロウイルス感染にも立ち向かうことが出来るのですね。乳酸菌を摂取することが腸を鍛えることだったのです。

今からでも遅くない。2週間トレーニングで腸を鍛えよう

ある大学の研究ではL.カゼイ・シロタ株と呼ばれている乳酸菌を日常的に飲んでいる人は、ノロウイルスに感染しても症状が軽いということが判明したそうです。発熱が乳酸菌を飲んでいない人の約半分の日数ですみ、症状も軽かったのです。

このL.カゼイ・シロタ株こそがあの「ヤクルト」に使用されている乳酸菌であり、ヤクルトを飲むことで腸内に善玉菌が増加し免疫力が強まったと推測されています。さらにL.カゼイ・シロタ株以外の乳酸菌(ビフィズス菌など)にも、腸内環境を整える作用はありますので期待は出来そうですね。

「今から始めても遅いんじゃないの?」って思っている貴方に嬉しい話。実は乳酸菌による腸内改善は2週間もあれば効果があるそうです。今からでも十分間に合いますので、考えてないで早速始めることをオススメします。

ノロウイルスの感染予防は重要ですが、感染してしまったら重症化させない用意も大切だと思いませんか?さあ、腸を鍛えましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る