TOP > > 上を向いて歩こう!ストレートネックを改善する首回りストレッチ

上を向いて歩こう!ストレートネックを改善する首回りストレッチ

スマートフォン等の携帯機器が身近になった近年、利用時に下を向く事が多くなった様に感じられます。その影響か、首の骨が変形してしまう<ストレートネック>の被害が増加しているのをご存知でしょうか。気がついた時にストレッチをして、首の変形を防ぎましょう!

ストレートネックって何?慢性化する肩こり・頭痛・体調不良

ストレートネックはここ数年の間にスマートフォンの普及率が高い10、20代に多発している事から、皮肉めいて「スマホネック」なんて呼ばれたりもしています。本来美しい曲線を描く頸椎(首の骨)が、文字通り真っすぐに変形してしまう恐ろしい症状のことを言います。

ストレートネックの主な症状は上を向きにくくなるだけでなく、肩こり・頭痛・体調不良・耳鳴り・のぼせ・不眠・うつ・動悸など、列挙すればいとまが無くなる程。

ひどく慢性化するとめまいや目周辺の激痛、集中力の低下や自律神経の乱れにつながる可能性があり、非常に危険な症状です。

なぜ骨が変形してしまうのか?首の骨は基本的に頭が下を向いた状態の負荷に長時間、耐えられるように出来ていません。そのためスマホや携帯ゲームなどで長時間下を向いた姿勢が続くと筋肉が固くなってしまい、頸椎を変形させてしまいます。

最も恐ろしいのが、現在この症状の治療法が1つとして確立されていない事。ならないように注意するしか防ぐ方法はありません。長時間同じ姿勢でいる事を避け、定期的に休憩をして首や身体のストレッチを行い筋肉をほぐしてやる事が重要です。

お勧め<壁ストレッチ>の方法と、<入浴>のススメ

基本的にスマートフォンなどの携帯機器を利用する際には出来るだけ目線の高さに上げるようにし、頭が垂れないようにしましょう。

自宅などで長時間パソコンなどを利用する際は同じ姿勢をとる事を避け、定期的に目を休めるなどして軽く背伸びをすると筋肉がほぐれてスッキリします。

首をゆっくり回すだけでも効果がありますが、同時に猫背も予防したい時には壁を利用したストレッチがお勧め。

やり方は、壁を正面にして半歩~1歩ほど下がった場所で肩幅に足を開き、両腕を伸ばして壁の上部に手をつけます。そのままゆっくりと息を吐きながら胸を壁につけるように接近させて下さい。

こうすると身体が横から見てS字型になるのがわかると思います。全身が伸びて非常に気持ちいいので、リラックスもかねて是非やってみる事を勧めます。

また、入浴も血行を促進させ筋肉の弛緩をとる効果があるため、時間がある時にはゆっくりと浸かるのも良いでしょう。

首こりなどの症状には、半身浴よりも首や肩まで浸かれる全身浴が良いと言われています。38~39℃のぬるめのお湯に30分程度のんびりと浸かると効果的とされ、浸かりながらストレッチをすればより効果が期待できます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る