TOP > > 子供は特に要注意!マイコプラズマ肺炎の感染経路と予防法

子供は特に要注意!マイコプラズマ肺炎の感染経路と予防法

shutterstock_153088403

最近よく耳にするマイコプラズマ肺炎ですが、正しい知識を持っている方は意外と少ないのではないでしょうか。マイコプラズマ肺炎の症状や感染経路、正しい予防法を紹介していきます。

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎とは『マイコプラズマ』という微生物によって起こる感染症です。一般的に肺炎というと抵抗力の弱い子どもやお年寄りに注意が必要ですが、このマイコプラズマ肺炎は、小学生以上の子ども~若年層に感染が多いのが特徴です。割合は低いですがもちろん大人でも感染するケースはあります。

マイコプラズマ肺炎が流行し始めるのは秋です。主な症状は発熱、乾いた咳、頭痛、だるさなどです。風邪に非常に似た症状ばかりなので見分けるのが難しい病です。見分けるポイントとしては、最初に38度以上の高熱や頭痛が出て、徐々に咳が強くなっていく点です。マイコプラズマ肺炎による初期段階の咳は乾いているのが特徴です。

マイコプラズマ肺炎は、感染してから発症するまで2~3週間という長い時間がかかります。その後だるさや発熱が3日ほど続き、それが治まる頃には乾いた咳が出始めます。咳は徐々に痰が絡みだし、血が混じることもあります。発症から完治までは個人差があり、数日で治る人もいれば1ヶ月以上症状が続く人もいます。

少しでもマイコプラズマ肺炎の可能性を疑ったら、病院を受診しましょう。風邪と違って自力で治そうとするのは危険です。聴診器やレントゲン、血液検査などでマイコプラズマ肺炎と診断されると、抗生物質での治療が始まります。最近では抗生物質が効かないマイコプラズマ肺炎も発見されていて、その場合はまた治療が大変です。

主な感染経路

マイコプラズマ肺炎とは『マイコプラズマ』による感染症ですが、果たしてどのような経緯で感染してしまうのでしょうか。感染経路は風邪やインフルエンザとほぼ同じです。空気中に舞う微生物から感染する飛沫感染、患者と接触することで感染する接触感染があります。飛沫感染に関してはそれほど感染力が強い訳ではないので過剰な心配をする必要はありません。

主な感染場所は保育所や幼稚園、学校になります。このような場所はとても狭い空間である上に、密な接触をする可能性が高いので注意が必要です。大人が感染しやすい場所は職場、もしくは学校で感染した子どもが家庭内に微生物を持ち込むケースです。

正しい予防法

マイコプラズマ肺炎の予防法は、風邪やインフルエンザの予防法とほぼ同じです。外から帰ってきたら必ずうがいと手洗いをしましょう。手洗いは石鹸などを使い手の甲、爪の間まで丁寧に洗うことがポイントです。洗っているつもりでも、しっかりと汚れが落ちていないケースがほとんどです。また外出する際にはマスクを着用しましょう。

もし家族がマイコプラズマ肺炎になってしまったら、密な接触は避けるようにしましょう。患者にうがいと手洗いを徹底させるとともに、看病する側も普段以上に念入りに行います。寝室を別にする、使用するタオルやコップなども分けるなどの工夫も必要です。同じ空間に長時間いると、感染リスクが急激に上がりますので注意しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る