TOP > マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎を調べよう

近年、子どもを持つ親御さんなら誰もが聞いたことがあるものとしてマイコプラズマ肺炎という病気があります。

マイコプラズマ肺炎は感染症ですからインフルエンザのように移りやすいと言われていますので注意が必要です。

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎の詳細なのですが、いわゆる肺炎マイコプラズマという細菌が感染することによって起こる病気だと知られています。

患者の8割が中学生以下というように、子どもに対して非常に症状が出やすい病気であり、1年を通して症状が出る病気の一つです。

このマイコプラズマ肺炎というのはある程度の周期を持って流行する、と考えれてきました。日本では4年周期くらいで流行って子どもに感染するということがあることが統計的にわかっています。

・流行に周期がある
オリンピックの年に流行する病気!若い人に多いマイコプラズマ性肺炎

感染すると2~3週間は潜伏期間があり、その後は風邪や肺炎と似たような症状を引き起こすことになります。

・風邪見分けにくい
他の風邪とどう違う?マイコプラズマ肺炎の症状の特徴について

子どもの場合は比較的軽傷で済むことが多いのですが、大人の場合は肺炎にまでなってしまい重症化してしまうことも多いと言われています。風邪と思って油断していてはいけない病気です。

・子供に気をつけたい
子どもは特に要注意!マイコプラズマ肺炎の主な感染経路と予防法

マイコプラズマ肺炎の治療方法

感染して発症したとなれば、マイコプラズマ肺炎は抗菌剤の投与によって治療されます。

耐性を持っている細菌もいるので、いくつかの抗生物質を試すことになる可能性もありますし、重症化している時には入院することにもなります。

マイコプラズマ肺炎の感染ルートは飛沫感染と言われています。

相手のつばや息などに潜んでいる細菌が感染するので、出来る限りマスクをしたり、必ず手洗いうがいをすることでかなり感染率を下げることができるでしょう。

清潔にすることが感染を予防する第一歩になるかと思われます。”

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る