TOP > > 酔い止め薬は乗り物に酔った後に飲んでも効果ある?

酔い止め薬は乗り物に酔った後に飲んでも効果ある?

旅行には行きたいけれど、乗り物に酔い易くて、心底旅行を楽しめないと言う方、結構おられるのではないでしょうか?又、普段は滅多に酔わないから、酔い止め薬を飲んでこなかったけれど、不覚にも酔ってしまったという経験はないですか?

これから乗り物酔いについての疑問を投げかけて、乗り物酔いを減弱させる方法を示唆していきたいと思います、

気持ち悪くなってから薬を飲んでも効果がある?

乗り物酔いが原因の悪心、嘔吐などの消化器症状が発現してから酔い止めを飲むと、消化管の運動が抑えられるため、酔い止め薬の効果は減弱されると言われています。酔い止め薬はやはり、乗車30分~1時間前に飲んでこそ、効果が発揮されるいうことになります。しかし、酔ってから飲んでも全く効かないというわけではありません。

乗り物酔いの発症は、精神的な要素もからんでいると考えられるため、薬を持っているという行為が精神に安心を与え、良い効果を齎すことが予測されます。酔い止め薬の成分は他メーカーの薬とは変わらなくても、「酔ってから飲んでも効く」と宣伝しているメーカーもあるぐらいです。

乗り物に酔う場合とメニエール病との違いはある?

あります。それは、メニエール病は目まいが主だった症状ですが、乗り物酔いは目まいの症状はあまり見られません。たしかに、乗り物酔いの1つの症状である吐き気やおう吐の機序は、前庭の脳神経症状でメニエール病と同じ分類にはなります。

乗り物酔いに目まいの自覚症状が少ないのは、バスや船などの揺れが主として、周期の短い上下運動であるため、上下の加速度の差に比べて、左右の内耳に加わる加速度の差が少ないということが考えられます。

自分で車を運転をする時は何故、酔わない?

自分で車を運転する場合、運転席は視界が広く、必然的に比較的遠くを見ることになり、普通乗用車の場合では座席が中央寄りにあるため比較的揺れにくいのです。

又、アクセルやブレーキ、ハンドル操作を自分で行うことで、加速度の変化の予測ができます。そのため、無意識のうちに車に酔いにくい体勢をとっているので、車に酔わないと考えられます。

乗り物酔いの予防

普段からブランコ、滑り台、鉄棒などで複雑な加速度になれるように心掛けします。又、乗り物に乗る時間を少しずつ増やして耐性をつけることも効果があります。

1、体調を整えます

…体調が良くない時は乗り物酔いも起こし易いため、十分な睡眠をとり、空腹、食べ過ぎを避けます。油、食物の匂い、高音、多湿などによっても起こりやすくなるので、注意が必要です。

2、揺れが少ない場所を選びます

…飛行機、電車、バス、船は中央に乗るようにします。タイヤの上は揺れが大きいので避けるようにして、前部座席は視界が広がり、加速変化の予測をしやすいので酔いにくいです。バス後部はエンジンの振動や、排気ガスの匂いがあるため、座るのを避けます。乗用車であれば助手席がいいでしょう。

3、酔いにくい体勢をとります

体を締め付けないようなゆったりとした服装を着ます。進行方向を向いて座り、頭をあまり動かさず、背もたれ、枕に固定しておきます。そして、下を見たり、本を読んだりしないことです。

4、リラックスを心がけます

…乗り物酔いには心理的要因が関わっていると言われています。気持ちを落ち着かせ、話をしたり、手にはエチケット袋を常に持ったりするなど、気持ちを楽にしておきます。

5、薬剤を使用します

…乗り物に乗る前、あるいは症状が発現する前に飲むのが効果的で、乗車30分~1時間前に服用します。飲まなくても、持っているだけでも精神にゆとりが出てきます。

乳幼児は全く酔わない?

乳幼児は乗り物酔いをしにくいと言われていますが、個人差があるから注意が必要です。乳幼児は自分で訴えることができません。急にむずがったり、嘔吐したりすれば、乗り物酔いを疑います。できれば、旅行などは首の座る4か月以降にして、長い旅行は1歳以上が望ましいです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る