TOP > > 乗り物酔いを防ぐ方法!臭いや三半規管などの原因を知り酔わない体に

乗り物酔いを防ぐ方法!臭いや三半規管などの原因を知り酔わない体に

車に乗った家族

行楽シーズンになると多くの人が乗り物を使って旅行やレジャーに出かけます。そんな時に心配なのが乗り物酔いです。

大人の乗り物酔いは子供の乗り物酔いとは違う原因で起こっていることが多いのです。楽しい旅行が最悪の思い出にならないよう、大人の乗り物酔いをしない身体にしませんか?

大人の乗り物酔いの原因とは?

一般的に乗り物酔いは、乗り物から受ける不規則な体の揺れによって耳の奥にある三半規管が過剰に刺激を受けるため、不快感や吐き気、頭痛など乗り物酔いの症状が起こると考えられてきました。

しかし最近の研究では、三半規管が過剰に反応して乗り物酔いが起こるのは耳の機能やが未熟な子供のうちだけで、三半規管が十分発達した大人の場合、乗り物酔いの原因は三半規管が受ける刺激だけでは説明できないという報告が注目されています。

子供の頃は乗り物酔いをしたけれど、大人になったらと自然と乗り物酔いが起こらなくなった、という例が多いこともその根拠の1つとなっています。

では、大人が乗り物酔いをする原因はどこにあるのでしょうか?

三半規管・目・臭い!乗り物酔いを起こす3つの刺激

乗り物酔いを起こす原因と考えられるのは、乗り物に乗った時に受ける3つの刺激です。

  • 揺れによって耳の三半規管が受ける刺激
  • 視覚から受ける刺激
  • 臭覚から受ける刺激

乗り物酔いを起こすのは、決して三半規管が受ける平衡感覚の刺激だけでなく、視覚や臭覚から受ける刺激の3つが組み合わさって起こっていると考えたほうが適切なのです。

目、耳、鼻の3つの感覚器官から受ける刺激ということになります。

この3つの刺激がどのように乗り物酔いと関係があるのかを探ることで、大人の乗り物酔いのメカニズムも解明できるのです。

1.三半規管への刺激

三半規管は耳の奥にあって、人が立ったり座ったり様々な動作をするときにバランスを保つ器官です。

乗り物酔いをする人は、車だけでなく飛行機や船などあらゆる乗り物に酔いやすい傾向があります。一番わかりやすいので車の場合で説明をしてみましょう。

車は人が歩くよりもかなりの速いスピードで走ることが出来ます。旅行で遠くに出かけたり、通勤などに使うのはとても便利な乗り物ですが、速く走るとき窓から見える景色もハイスピードで過ぎていきますね。

多少早歩きをしても全く比べものにならない速さです。

この時無意識に窓の外の景色を見ていますが、外の景色はハイスピードで過ぎていくのに、自分の体は同じ位置のままですね。

目からの情報に関係なく、三半規管はバランスを保とうとするのでどうしてもズレのようなものが生じてしまい、脳が混乱した状態になってしまうからだと言われています。

車で走る道路によっては凸凹としていていることもあります。あまり状態の良くない道を速い速度で通り過ぎるとき縦にドスンと揺れて強い衝撃を感じます。急なカーブでは遠心力が加わり横揺れなども起こります。

この時も自分の体は動かしていないのに、脳に衝撃が加わったり、カーブでの軽いGを感じるので三半規管は必死に体のバランスを保とうとします。

体の位置と周りの景色の動き方の違いは自律神経にも影響を与えるので、このような状態になったとき体のバランスも崩れ、酔ったような状態になってしまうのです。

このことから、乗り物酔いは別名を加速病や動揺病とも言います。

一般的に考えられるように、乗り物酔いを起こすのは耳の奥にある三半規管が過剰に刺激を受けることも要因ですが、大人の場合は三半規管の機能が十分発達しているので、揺れによる平衡感覚の刺激だけでは酔いを起こす刺激としては少し弱いのです。

2.視覚から受ける刺激

そこで次に考えられるのが視覚から受ける刺激です。視覚の刺激とは窓から外を見て景色が動いたり、目で加速度を感じたりする刺激のことです。人が揺れを感じるのは三半規管の感覚器だけではなく視覚の働きにもよるということです。

ですが、乗り物酔いの予防という点で考えると、外の景色は自然に目に映ってくるものですし、ずっと目を閉じているわけにはいかないと思います。視覚による刺激を遮断するということはあまり現実的ではありません。

「スマホを触っていて酔った」「本を読んでいて酔った」、こういったシチュエーションも資格からうける刺激によって酔いが起きていると思われます。

スマホ酔いの場合、身体は前や横に移動している感覚を感じています。ところが、スマホに集中していると瞳は上下に常に動いています。これにより視覚からくる感覚と全身の感覚のズレで脳が混乱してしまう為に起きてしまうと考えられます。

もともと人の目は上下の運動をあまり得意としていません。じっとしている状態で目を上下に動かしたときと左右に動かした時を比較すると、ほとんどの人は上下に動かした時の方が違和感を覚えると思います。

3.臭覚による刺激

3つ目が臭覚による刺激です。これは乗り物に乗った時に感じる何らかの不快な臭いのことを指します。

  • 自分で運転していても他の人の車では酔ってしまう
  • 自動車用品売り場の芳香剤にうっ、となる
  • ガソリンスタンドで胸がむかむかする

こんな経験はありませんか?

不快な臭いといっても人によって異なりますが、例えばタバコの煙の臭いが嫌いな人は煙や臭いを嗅いだだけで、気分が悪くなったり食欲がなくなったりします。香水の臭いが苦手な方も多いです。

これと同じように、乗り物に乗った時に感じる何らかの不快な臭い、例えばカビ臭いシートの臭いだったり、排気ガスの臭いやガソリンの臭い、公共の乗り物であれば、他人が食べているお弁当の臭いなども不快に感じるかもしれません。

人間の感覚の中で臭覚から受ける刺激は、脳にとても強く伝達されます。これは人間が古来から、臭いによって食べ物が腐っていないか、あるいは食べられるものなのか、を判断してきたことに由来します。

こうしたことから、不快に感じる臭いというものが臭覚を強く刺激し、それが脳や自律神経に大きなストレスとなるため、気分が悪くなったり吐き気がしたりという乗り物酔いの症状となって現れると考えられるのです。

平衡感覚の刺激、視覚の刺激、臭覚の刺激を極力小さくすることが乗り物酔いの予防につながるのですが、平衡感覚はすでに成熟しているので関係は薄いと考えられ、視覚は現実的でないとすると、残るのは臭覚ということになるのです。

大人の乗り物酔いは臭覚から受ける刺激にこそ、予防の鍵があるのです。そこで臭いから受ける影響をもう少し補足しておきましょう。

臭いの刺激は気分に影響する

皆さんも経験があると思いますが、嫌いな食べ物を食べる時に鼻をつまむと、嫌いな食べ物の味がしなくなるという現象があります。これも本来味覚とは関係ないはずの臭覚が脳の働きに影響を与えているという一例です。

入浴剤などを入れたお風呂に浸かれば、まるで温泉にいるような心地よい気持ちにもなると思います。

人間は臭覚で感じる臭いの良し悪しによって、気分が良くなったり悪くなったりすることが往々にしてあるということです。

臭いは体調不良にもつながる

鼻から吸い込んだ臭いは鼻の粘膜で感じ取られ、電気信号として神経を通り脳の視床下部という部分に伝わります。視床下部には嘔吐中枢があるので、刺激が強くなると吐き気をもよおすのはこのためです。

不快な臭いがすると食欲がなくなるという経験があると思いますが、これも視床下部にある食欲中枢が臭いの刺激によって正常に働かなくなることで起こります。

さらに、脳の視床下部には自律神経や内分泌を司る機能があるので、視床下部に不快な刺激が伝わると体のあらゆる部分を通して体の不調が現れるのです。それが乗り物酔いを引き起こす元凶になるのです。

臭いが自己暗示をかける

乗り物酔いをする大きな原因の1つに自己暗示があります。

乗り物酔いをしやすい人は、乗り物に乗る前から「いつものようにまた酔うんではないか」とか「自分は酔いやすい体質だ」と決め付けてしまう傾向があります。

これでは自己暗示をかけているようなものです。

薬学ではこれをプラセボ効果といい、例えば頭痛の患者にこの薬は頭痛に効くといって暗示をかけ、薬理効果のないビタミン剤を服用させると頭痛が治まるというようなことが起こります。

暗示の力というのは、科学的にも一定の効果があると認識されており、乗り物酔いを起こすメカニズムもこれと似ているのです。

臭いが原因で乗り物酔いを起こすのは、乗り物酔いをする人がいつも乗っている車の臭いを嗅いだだけで、脳が過敏に反応し一種の自己暗示の働きをもたらしているとも考えられるのです。

乗り物酔いを防ぐ6つの方法!これで酔い知らずに

酔いの原因がわかったところで、それらを予防するにはどうするべきなのか、さっそく見ていきましょう。どれもすぐ実践できる簡単な方法なので、乗り物酔いにお悩みの方は是非意識してみてくださいね。

乗り物酔いの予防法1.臭いの改善で乗り物酔いを防ぐ

大人の乗り物酔いは、子供と異なり三半規管が受ける刺激というよりも、乗り物の中で感じる不快な臭い、あるいは過去に乗り物に酔いをしたときに感じた臭いに触れたときに、脳に不快な刺激が強く伝わることで起こるというほうが適切です。

もちろん個人差があるので、三半規管が揺れの刺激を感じて乗り物酔いを起こす、というケースもありますが、大人の乗り物酔いが起こる原因としては三半規管の影響だけではないと考えたほうが、新たな予防法が導き出されるのです。

では、どのようにすれば臭いによる酔いを予防できるのでしょか?

乗り物自体の臭いを消す

大人の乗り物酔いの多くは臭いによって誘発されているので、その元になる臭いを消すことによって乗り物酔いを予防することができます。

もしご自分で所有する車などで酔ってしまうのであれば、その車の中の臭いを消すことが最も直接的な方法です。

臭いの元が自動車の排気ガスの臭いやガソリンの臭いであるならば、その臭いを消す専用の消臭剤を使ってみたり、車内を徹底的に洗浄したり、ソファーの材質を変えたりすれば、臭いの元は消えていくはずですから酔いの症状は和らいでいくでしょう。

心地良い香りで予防する

公共の乗り物のように臭いの元を消すことができない場合もあると思います。その場合は、自分が心地が良いという香りを使って、不快な香りを打ち消す方法が有効です。

例えば、自分の好きな香水があれば、乗り物に乗る前にその香水をつけるようにします。香り袋のようなものに香水の成分を染み込ませて、時々香りを嗅ぐようにしても、不快な刺激が和らぎ気分が落ち着くので乗り物酔いの予防につながります。

またマスクの内側に香りの成分を吹き付けておいて、そのマスクを付けて乗り物に乗るというのも良い方法です。

その他にも、例えばジャスミンの香りが心地よいと感じれば、ジャスミンティーをペットボトルなどに入れて、時々飲むようにすれば香りを携帯できます。

自分が心地が良いと感じる香りを、色々と工夫をしながら乗り物の中に持ち込み、酔う原因となる不快な刺激を心地良い香りで打ち消すようにすることが、大人の乗り物酔いの効果的な予防法です。

乗り物酔いを防ぐ香りをためしてみる
乗り物酔いを防ぐための効果的な香りというのも科学的に明らかになっていますので、その中からお奨めな香りを3つご紹介します。

まず1つ目はネロリというハーブの香りです。ネロリは体の緊張を取り除き気分をリラックスさせる効果や胃のムカムカや吐き気を鎮める沈静効果があり、乗り物酔いの予防には最も適した香りです。
2つめはレモンの香りです。基本的に柑橘系の香りは自律神経の働きを正常に戻す働きがあるので気分がスッキリし酔いが解消します。吐き気の予防や頭痛の改善にも高い効果があります。同じ柑橘系のオレンジの香りで代用しても構いません。

3つ目はスペアミントです。スペアミントの香りは筋肉の緊張をほぐし吐き気や頭痛を抑えるとともに、適度なミントの刺激で気分をスッキリされる効果があります。ペパーミントよりも優しい香りなので、鼻にツンとする刺激が少ない点も効果的です。

これら3つの香りは、乗り物酔いの予防にはとても効果的です。どれもエッセンスオイルや精油として市販されていますから手に入りやすいものばかりなので是非お試し下さい。

もちろん、これ以外でも自分の好みの香りを見つけたり、香りをブレンドすることもできますから、自分に最も効果がある香りを見つければ良いと思います。

乗り物酔いの予防法2.酔いやすい席に座らない

電車やバスには酔やすい席と酔いにくい席があることを覚えておきましょう。もっとも好ましいのは、進行方向がよく見える席に座る事です。

飛行機、電車、バス、船は中央に乗るようにしてください。タイヤの上は揺れが大きいので避けるようにして、前部座席は視界が広がり、加速変化の予測をしやすいので酔いにくいです。

バス後部はエンジンの振動や排気ガスの匂いがあるため、座るのを避けてください。乗用車であれば助手席がいいでしょう。

乗り物酔いの予防法3.遠くを見る、下を見ない

移動中は窓の外などの景色を見てください。出来る限り遠くの景色を見る事がポイントです。間違っても視線を下にしてはいけません。

スマホや本を見るのは酔いを発生させる要因となりますので、できるだけ避けましょう。どうしてもスマホを触らざるを得ない場合は、スクロール中は目をつぶる事で酔う原因を軽減出来る可能性があります。

サングラスをかけることで視覚から受ける刺激を軽減できますので、紫外線対策とあわせて活用したいですね。

乗り物酔いの予防法4.ゆったりとした服装と食事に気をつかう

空腹状態や満腹状態だとさらに酔やすくなりかねません。ウエスト周りをきつくせずにゆったりとした服装で移動に備え、胃などへの圧力が少ないようにしておきましょう。

移動の直前の食事、移動の途中にはさむ食事は少な目にし、また胃に負担がかかる脂っこい食べ物や消化の悪い物は控えましょう。

お腹がすいたときの為に、かるくつまめるものがあるといいですね。炭酸水などは空腹がまぎれるうえに清涼感が得られるので効果的です。

吐き気が心配になるかも知れませんが何も食べていない状態も酔いやすくなります。チョコレートやアメは血糖値を上げ脳の働きを活発にし、梅干しや生姜は気分の悪さを抑えてくれますよ。

乗り物酔いの予防法5.疲れは残すな!眠れるなら眠っちゃおう

いっそ眠ってしまう、これが一番いいかもしれません。寝ていると酔わないですみますよね。酔いそうと感じたら目を閉じて、ちょっと仮眠しちゃいましょう。

次の日に移動を予定しているのなら、前日から睡眠不足などにならないよう気を配る事も大切ですよ。体調がすぐれない時は酔いやすい状態になっています。しっかり疲れを持って行かないように、休息は十分にとってください。

また肩や首が凝っていると三半規管への血流が悪くなり、乗り物酔いを起こしやすくなります。常に首回りの筋肉をほぐし肩こりを起こさないように注意しましょう。

乗り物酔いの予防法6.「今日の自分は大丈夫」と前向きに考える

バスガイドさんの多くは、「私は絶対酔わない」という風に暗示をかけているそうです。まさか~と思われるかもしれませんが、酔って嫌な思いをした記憶が引き出されると、その影響で酔いやすくなってしまうのです。

また酔止めの薬を飲むことはとても大切ですが、そこにプラスしたいのは「これを飲んだら酔わない」という暗示を自分に強くかけることです。

「三半規管を鍛えれば酔わなくなる」は本当?正しい訓練法

乗り物酔いは三半規管と大きく関係していると言われていますが、例えばゲームでバットを地面に付けた状態でおでこを持ち手にあてて、ぐるぐる回ってから走るというのがありますね。

この時乗り物酔いをする人は、乗り物に乗っていないにも関わらず同じような状態になってしまいます。

ぐるぐると回転することで三半規管が刺激されバランス感覚を失ってしまうのです。ということから、普段からでんぐり返しをしたり、グルグル回ることで三半規管を鍛えれば乗り物酔いをしなくなるとも言われています。

しかし実際にこれをやっても、人によっては余計に気持ち悪くなってしまうこともあります。

個人差も大きいのですが、いきなりこれをやっても元々バランス感覚が鍛えられていない人は逆効果です。物事には順序があるので、少しずつバランス感覚を鍛えて行きましょう。

片足で立つ

三半規管を鍛えるには、片足で立つことから始めます。ゆらゆらと不安定になる場合は壁に片手を付いてもいいので、安定したら離す、を繰り返してみましょう。慣れてきたら今度は目をつぶって片足立ちをしてみてください。

平均台の上を歩くのもいい方法なので、公園や近くのアスレチックジムなどがあったら挑戦してみるのもいいですね。そんなこと恥ずかしくてできない…という方は、フローリングの板1枚を目印にして即席平均台を作りましょう。

体の機能を鍛える場合、慣れることも重要なので毎日少しずつなれていきましょうね。

後ろ向きに歩く

床運動などを若い頃からやっている人は三半規管がかなり鍛えられていて、年齢を重ねても目眩や乗り物酔い等とはかなり縁遠いようです。

同じように子どもの頃から活発でマット運動や鉄棒が得意という人は、乗り物酔いをしない傾向が強いですね。やはり三半規管が鍛えられているからなのでしょう。

大人になってからだとさすがにこれらの運動はいきなり出来ないので、簡単な方法として後ろ向きに歩く方法があります。

家の中の廊下などを使って後ろ向きに歩く練習をしてみてください。一日のうちで時間を見つけて何回かやってみましょう。

イスに座ってクルクルと回る

回転する事務用のイスなどを利用して、座ったまま勢いをつけて回ってみましょう。右回り、左回りと交互に回ってください。

イスに腰掛けたまま行うので心配もなく手軽に行えます。しかしこの方法は気分を悪くしてしまう可能性が高いので、無理せず具合をみて行ってください。

動体視力を鍛える

ぐるぐる回っているボールを見たり、歩きながら周りの景色を見ること、徐々にスピードを上げながら目を慣らしていくのも効果的です。

PCやスマホで無料で公開されている動体視力を鍛えるアプリなどでも良いですよ。

パイロットや船に乗る人たちの中にも、少しずつ時間をかけて三半規管を強くしていき、酔わないようにしていく人もいるそうです。毎日無理をしないように三半規管を鍛えることで、乗り物酔いや目眩を克服していきましょう。

それでも酔ってしまったら?酔ったときの応急処置

体を締め付けるようなキツイ服装はすぐに緩めましょう。ベルトを緩めたり、ボタンを外したり出来る範囲で体を開放してあげましょう。靴や靴下も脱げる環境なら脱いでしまってください。

外の空気を吸うのも大きな効果があります。車なら窓をあけて外の空気をとりこむ、船なら甲板へ出る、という風に新鮮な空気を吸いましょう。臭いが原因で酔う場合、排気ガスの臭いも引き金になってしまいかねませんので、窓をあける場所やタイミングは考えてくださいね。

車の場合はサービスエリアなどでこまめに休憩を取りながら行くといいでしょう。船の場合は外に出て遠くを見るといいと言われていますが、船に乗っている限り船酔いは続くので、できるだけ早く下船するのが一番です。

酔い止め薬は乗り物に酔った後に飲んでも効果はあるの?

乗り物酔いが原因の悪心、嘔吐などの消化器症状が発現してから酔い止めを飲むと、消化管の運動が抑えられるため酔い止め薬の効果は減弱されると言われています。

酔い止め薬はやはり乗車30分~1時間前に飲んでこそ、効果が発揮されるいうことになります。しかし酔ってから飲んでも全く効かないというわけではないのです。

乗り物酔いの発症は精神的な要素もからんでいると考えられるため、薬を持っているという行為が精神に安心を与え、良い効果を齎すことが予測されます。酔い止め薬の成分は他メーカーの薬とは変わらなくても、「酔ってから飲んでも効く」と宣伝しているメーカーもあるぐらいです。

メーカーいわく酔ってからの服用は早ければ早い方が効果的であるようです。

脳や体が臭いから受ける刺激やストレスをできるだけ少なくすることが乗り物酔いの予防につながります。そして日々三半規管を鍛える簡単な動きを取り入れて、いざというときに乗り物酔いをしないですむ身体をつくりましょう。

臭いや体調をケアして酔い知らずの楽しい移動時間にしましょうね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る