TOP > > 子供の乗り物酔いにお悩みの方に!その原因とお勧めの対策法

子供の乗り物酔いにお悩みの方に!その原因とお勧めの対策法

楽しみにしていた学校行事や家族旅行ですが、車やバスでの移動に付きものの悩みとして『乗り物酔い』があります。乗り物酔いになりやすい子どもとなりにくい子どもがいるのは何故?その正しい対処法とは?今回は子どもの乗り物酔いに焦点を当てていきます。

子どもの乗り物酔いの原因

乗り物酔いとは自動車やバス、船などに乗っている最中に体調不良を起こすことを指します。その代表的な症状は吐き気、顔面蒼白、冷や汗などです。最終的には嘔吐してしまうケースも多くあり、せっかく楽しみにしていた学校行事や旅行が、嫌な思い出になってしまう心配があります。

乗り物酔いは、内耳にある平衡感覚をつかさどる器官『三半規管』が大きく影響しています。目で見ている景色と三半規管で感じたものがズレることで、脳内が混乱し乗り物酔いを起こすのです。この為、急カーブが続く道や乱暴な運転のを行った場合、より乗り物酔いを起こしやすくなります。

子どもの場合、まだこの三半規管が未発達なので、大人よりも乗り物酔いの危険性が高いとされています。また子どもの場合は乗り物への不安が強かったり、旅行が楽しみで前日寝られないなどのケースが多いのも影響していると考えられます。

また乗り物酔いには、ニオイも大きく影響してきます。ニオイはダイレクトに乗り物酔いを誘発します。例えばガソリンやタバコ、乗り物のニオイが上げられます。バスやタクシーなどは独特のニオイがするケースが多いですし、子どもは嗅ぎ慣れていないので気持ちが悪くなる危険性が高いのです。

乗り物酔いになりやすい子ども

次に、乗り物酔いになりやすい子どもとなりにくい子どもがいる謎について迫ります。同じ乗り物に同じ時間だけ乗っていても平気な子ども、一方で嘔吐してしまう子どもがいるのは何故でしょうか。

これはとても簡単なことで、その子どもの体質や当日の体調が大きく影響してきます。同じ年齢の子どもでも体の発達は様々ですし、旅行や乗り物に対しての不安感も大きく異なってきます。また前日の睡眠時間、食べたものによっても影響が出る場合があります。

一般的に最も乗り物酔いになりやすいのは、3歳~小学校高学年くらいの子どもです。その中でも胃腸が弱い、乗り物に慣れていない、乗り物への恐怖心が強い、睡眠不足、体調不良、朝食を食べてこないなどの条件が重なると、乗り物酔いを起こしやすくなります。

お勧めの対策法

まず一番大切なことは体調の管理です。前日しっかりと睡眠時間を確保すること、当日無理をしてでも軽い朝食を摂ることが重要です。食べすぎも逆効果なので軽めの食事をお勧めします。当日の朝、少しでも体調が悪い場合は旅行を中止する勇気も必要です。どうしても行かなくてはいけない場合は、一言先生へ体調が悪い旨を伝えていきましょう。

次に乗り物に座る際の位置です。自家用車やタクシーの場合は景色が見えやすい助手席に、バスや電車の場合は前方の窓側に座ります。遠足などの場合は、乗り物酔いを起こしやすい子どもを事前に前方に配置するなどの配慮を行っている学校が多いです。

移動中にリラックスすることも重要です。遠足やバス旅行では、カラオケや自己アピールをすることもありますので積極的に参加します。隣の人とおしゃべりするのも効果的です。黙っているよりもなるべく喋るようにすることで気持ちも明るくなり、乗り物への不安や恐怖も薄れていきます。

持っておくと安心な酔い止めグッズ

なるべくなら薬に頼らずに乗り物酔いを防止したいものですね。そこで子どもに持たせると良いグッズをいくつか紹介していきます。まず1つ目が、乗り物酔いを防止する効果が期待できる『リストバンド』です。これは乗り物酔いを防止するためのツボを押すための、専用のリストバンドになります。

次は、もう少し手軽に用意できるグッズの紹介です。同じ姿勢で何時間もいると乗り物酔いになりやすいですし、最悪の場合エコノミー症候群になる可能性もあります。それを防止する為に腰に挟むクッションや枕、足を高く上げる為の台などが販売されています。リラックスしたドライブを楽しめるよう、このようなグッズも活用してみましょう。

最後に紹介するのが遠足にピッタリなアイテム、おやつです。飴やチョコレートなどをドライブ中に少量口にすることで乗り物酔いを防止、また改善することがあります。これは能率よく血糖値が上がり、脳が活性化する為と言われています。

どうしても不安な場合は『乗り物酔い防止薬』を使用しましょう。ドラッグストアでも販売されていますので用途をよく読み服用させます。薬により異なりますが出発の30分~1時間前に服用する薬が多いです。特に子どもの場合はできるだけ薬の使用は避けたいものですが、どうしてもという場合は活用するのも1つの方法です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る