TOP > > 何とかしたいひどいフケ!その原因はカビにあるかもしれません

何とかしたいひどいフケ!その原因はカビにあるかもしれません

毎日ちゃんと髪を洗っているのに、なぜかフケがひどい。大きめのベタベタしたフケで、かゆみもある・・・。このフケ、実はカビが原因のこともあるんです。

脂漏性皮膚炎とは

一言にフケと言っても、パラパラした乾いたフケとベタベタした湿ったフケがあります。ベタベタして湿っぽく大きめの塊のフケが落ちてくるといった症状の場合、脂漏性皮膚炎という皮膚の病気によるものかもしれません。

脂漏性皮膚炎とは皮脂の分泌が異常に盛んになって起こるもので、頭皮の他にも顔のTゾーン、脇の下、胸などに赤みやかゆみが出ます。特に思春期以降の男性に多く、フケが出てもそのままにしておくとかゆみもひどくなり、かいてしまうことで炎症はさらに悪化し、髪が抜けやすくなってしまうこともあります。

この脂漏性皮膚炎の原因が、なんとカビ(真菌)だとされているのです。これはマラセチアと呼ばれる皮膚常在菌です。

マラセチアは誰の皮膚にもいる

マラセチアは誰の皮膚にも存在している菌です。このような菌を皮膚常在菌と呼び、他にはニキビの原因のアクネ菌などもこれにあたります。通常は皮脂や古くなった角質などを食べて、雑菌の侵入を防ぐ役割もしています。健康な状態ならば全然問題にならない菌なのです。

しかし皮脂が異常に増えてしまうと、この菌の増殖も活発になります。すると菌が皮脂から作る脂肪酸が過剰になり、それが皮膚を刺激し炎症を起こします。また菌自体も皮膚を刺激します。そして皮膚の新陳代謝のサイクルが早まってしまうのです。

普段から皮膚の新陳代謝は行われていて、古くなった角質はフケとしてはがれ落ちていきます。普段からフケは出ているのですが、正常な状態だと特に気にならないほどの量です。

けれども新陳代謝のサイクルが早まるとフケとしてはがれ落ちる角質も増えてしまいます。そして皮脂と合わさってベタベタとしたフケになります。臭いもするようになってしまいます。

自己判断ではなく皮膚科へ

炎症は軽いがずっと続いているという場合、フケがひどくてかゆみもあるという場合、一度皮膚科を受診されることをお勧めします。炎症やフケをそのままにしたり、自己判断で対処していると悪化させてしまう恐れもあります。

また脂漏性皮膚炎は治りにくい病気で、治療には数年かかってしまうこともあります。症状が軽くなったからといって自分で勝手に止めてしまうとまた再発してしまいますので、注意してください。

普段の生活では食事や睡眠をしっかりとり、ストレスをためないようにしましょう。脂っこいもの、辛いものなどは皮脂を増やすのでよくありません。ビタミンB、ビタミンCを摂るようにしましょう。特にビタミンB2、ビタミンB6は皮脂の分泌を抑えてくれます。

洗髪の仕方にも気をつけてください。爪を立てないで、頭皮を傷つけないように洗ってください。頭皮をマッサージするイメージで、指の腹を使って洗いましょう。

強く洗って頭皮を傷つけることは問題ですが、逆に刺激を心配して洗髪をおろそかにしてしまうことも問題です。皮脂の汚れがきちんと落ちていないと、症状はますます悪化してしまいます。

マラセチアに効果のある抗真菌剤入りシャンプーも発売されています。フケが気になるという方は一度試されてみてもよいかもしれません。ただこのシャンプーを2週間ほど使っても症状が良くならない場合、マラセチアが原因のフケではないかもしれません。フケやかゆみが改善しないようなら、必ず早めに皮膚科を受診してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る