TOP > > 自信を持って素足になれる!水虫を予防する3つの掟

自信を持って素足になれる!水虫を予防する3つの掟

汗や湿気で靴の中が蒸れる夏。海やプールに行ったり、サンダルを履いたり、素足になるチャンスも増える季節でもあります。でも、もし水虫だったら、せっかくのチャンスを楽しめません 。

プールや温泉では、大勢の人と同じ場所を素足であるきます。あなたが水虫じゃなくても、同じ場所を踏んだ誰かが水虫だったら。水虫は、知らないうちに移されることもあるんです。そんな水虫感染の危機にあるあなたでも大丈夫。水虫を予防する3つの掟を紹介します。

【掟1】足に触れるものは共有しない

あなたが水虫になってしまうのは、誰かの水虫が移ってしまうから。水虫を持っている人が触れたものには、水虫の原因菌が潜んでいることが多いのです。

素足で触れる、靴・足ふきマット・スリッパなどは、共有しないようにしましょう。誰かが足を拭いたタオルも同様。洗濯するまでは、別の場所を拭かないほうが賢明です。気を付けていても、水虫が移りそうな状況になってしまったら?

【掟2】1日1回以上石鹸で足を洗って清潔に

水虫の原因菌が足の表面についただけでは、水虫にはなりません。菌が足の角質の中に棲みつき、角質で増え始めることで、カサカサ・ジュクジュクとした水虫の症状が出てしまうのです。

水虫の原因菌を角質に棲みつかせないようにすするためには、足を洗浄することが一番です。水で洗い流したり、タオルでふくだけでは、足表面の水虫をいなくすることは難しいので、1日1回以上は石鹸などで丁寧に洗い流してください。では、洗い残しがありそうで心配な場合は?

【掟3】蒸れない靴・靴下を選び、靴下はこまめに変える

水虫の原因菌は、真菌の一種で、カビと非常に似ています。カビが好みそうな湿気の多い場所は、水虫の原因菌も大好き。逆に、カビの生えない乾燥した場所では、水虫の原因菌も増えにくくなります。

足は、出来るだけ乾燥した状態を保ちましょう。そのためには、日中に履く靴・靴下は、通気性の高いものを選ぶとよいでしょう。どうしても外出中に足が蒸れてしまうという状況では、日中に水虫の原因菌が勢いよく増えていることがあります。

帰宅たら、すぐに足の裏を洗い流してください。それが足の裏を洗うのが難しい状況では、靴下を脱いだり、新しい清潔な靴下に履きかえることでも、水虫の原因菌の増殖を抑えることができます。

ご家族のうち一人でも水虫になっている場合は、家族全員に移ってしまう可能性があります。家族のためにも、足の裏を清潔にし、水虫を予防しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る