TOP > > 水虫の足なんて人前に出せない!女性の快適な足のための4つのこと

水虫の足なんて人前に出せない!女性の快適な足のための4つのこと

皮膚の再生と水虫のなかなか切れない関係

ひと頃、水虫と言うと、男性がかかるものと称されてきたような節がありますが、まったく性別には関係なく、女性でも同じように水虫になります。「水虫菌」などと呼ばれたりしますが、実際は「白癬菌」というカビの仲間です。

カビの仲間なので、当然、湿気のあるところや、温度があるところが大好き!体の中でも一日中靴を履いている足などは、まさに繁殖の好条件が揃っているため、これからやってくる暑い季節になると悩まされる女性がたくさんいます。

しかも、秋や冬などの寒い季節には症状が落ち着いて、夏になると症状が現れるという繰り返しで、大変な厄介者です。また、家族に水虫の人がいると、浴室マットや床、タオルなどから、他の家族にもうつる可能性があり、小さい子供や赤ちゃんがいる家庭では心配ですね。

水虫をおこす白癬金は、繁殖の好条件となる皮膚に感染すると、角質層まで入り込んで居座り続けます。皮膚はもちろん外側へむかってすこしずつ新しくなっていくのですが、この白癬菌は逆に角質層の内側へ向かって繁殖していきます。

いくら外側へ皮膚が新しくなっていっても、内側に白癬菌が繁殖していけば、水虫がしつこくてなかなか治らないのも納得ができます。

これから足を見せることが多くなる季節

暑くなる夏に向かって、足を見せることが多くなる季節、水虫になった足は人前に出せなくてちょっと恥ずかしいですよね。

おまけに、水虫だなんて、何だか清潔のイメージからかけ離れていて、男性からも「えっ?!」と一瞬引かれてしまいそう。彼氏にもナイショにしていたりする女性もいます。何とか水虫を治してキレイな足のままで夏を過ごせないでしょうか。

その1:基本は足を洗って乾燥させる

足に汗をかいたりして白癬菌の好条件となるのを防ぐために、とにかく、まずは足をキレイに洗うようにしましょう。

殺菌成分のある石けんを使って、特に足の指と指の間、そして指の裏側から足の裏側に向かって洗います。つまり、普段は良く見えない部分をきちんと丁寧に洗います。この見えない部分が、白癬菌の大好きな場所なので毎日続けましょう。

そして足を洗ったら、きちんと乾燥させましょう。まるで洗濯物のようですが、洗濯物も室内干しなどで生乾きになったりすると、イヤなニオイが出たりしますが、同じように、足も洗ったら、すぐにきちんと乾燥させるのが大切です。

指と指の間など、水分が残っていたりすると駄目なので、きちんと水気は拭き取り、扇風機などの風をあてて、完全に乾かします。この乾燥させた状態が長く続くようにすると、水虫の症状が出にくくなります。実際これだけで、夏場に痒くなる、皮がめくれる等の症状が出なかった!という人もいます。

その2:薬は根気よく継続が大切

医者に行ってもらってきた薬でも、市販の水虫の薬でも、決められた量や時間はきちんと守りましょう。何時間かおきにつけなくてはならない薬だと仕事の最中は難しいので、朝と晩の2回や、一日1回つければ良い薬もあります。薬の処方をきちんと守ることで、薬の効果が最大限に発揮されます。

また、薬をつけると症状が改善するので、ついつけなくなってしまう、を繰り返していると水虫はなかなか治りません。大切なのは、症状が改善しても継続して薬をつけることです。

白癬菌は、表面で見えなくても角質層に息をひそめています。薬でこの角質層まで入り込んでいる白癬菌を徹底的にやっつけるために、症状が治まっても薬を使い続ける必要があるのです。これは、症状が出ていない寒い季節も継続していくとさらに効果的です。水虫を根本から治療していくことに繋がります。

その3:足回りを見直す

せっかく、足を洗って薬を塗っても、毎日履いている靴や足下周りで、水虫が悪化しかねません。女性は、どうしてもファッションで靴を選びがち。多少ムレても、この服にはこの靴が合うからと、夏場でもブーツ系の靴を好んで履いたりする人も多くいます。

靴を選ぶ時に、メッシュ素材になっているものを選んだり、前や脇が開いているサンダルブーツを選んだりと、通気性に気を使ってみましょう。特にメッシュ素材になっているものは履いた時の涼しさが全く違います。

あと、どうしても密閉された状態の靴を履かなければならない時におすすめなのが、タオル地の中敷き。市販のものもあるようですし、自分で作っている人もいるようです。汗を吸ってくれて靴の中の快適さを保ちます。しかも使ったあとは洗濯も出来て再度使えるからとても便利で夏は重宝します。

その4:定番はやっぱりこれでしょ!

水虫にも良くて、なおかつ健康にも良いと言えば、やっぱり5本指の靴下でしょう。この5本指の靴下は、汗や湿気を吸収しやすい素材を選んで履くと、お互いの指どうしがくっつかず、いつもサラリとしているので、水虫にとても効果的です。

しかも今までひとまとめにされていた足の指を個々にすることで、足の5本の指がそれぞれ1本ずつきちんと意識出来て、スポーツをする人たちにも大評判なのだそうです。

水虫にも良くて、健康にも良いとなれば、これを使わない手はありません。今ではサンダル用に先端がカットされていたり、かかとの無いものもあったり、デザインも洗練されて、かわいいものからキュートなものまで色々あります。

ファッションに合わせて選んでみるのもとても楽しいと思います。夏になると顔を出す水虫。水虫は症状が出る前と後のケア、そして足下周りの見直しで症状を改善していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る