TOP > > 水虫の治し方は靴下がベスト!何と履くだけで効き目のある五本指

水虫の治し方は靴下がベスト!何と履くだけで効き目のある五本指

水虫にお悩みのお父さん、水虫は愛すべき病気です。これからは隠さず公表して、堂々と治療しましょう。「どうして、そんな無責任なことを」との戸惑いはごもっとも…。

でも「周囲に明かして見守られなければ、あなたの水虫は治りませんよ」というのが、水虫の治し方の中でも大切な心構えなのです。それでは水虫について、目からウロコの治し方を、お伝えしてまいりましょう。

水虫は周囲に公表した方が治る

実はそうだったのですね。「公表して応援される、それ位の気持ちがなければ、水虫は完治しないのです」そんなことを言われても、簡単には実行できないのが、ごく普通の感覚ですよね。従って「水虫だなんて職場に言えるかい!」とのお怒りは、至極ごもっともだと言えるのです。

水虫でスピーカーの餌食にならない

それはそうでしょう。水虫だなんて職場で言ってご覧なさい、「あの人水虫だったんだって!」という情報が、社内のスピーカーの口からあっという間に広まり、一発で職場に居られなくなる、そう怖れるのも無理はありません。

それでもあなたが本気で治したければ、水虫は公表する必要があるのです。ではそんな他人の水虫を、面白おかしく吹聴して回る不心得者には、どう対処していけば良いのでしょうか?一言でいうなら放っておけば宜しい。

何故ならば、話題にされた側が黙っていればいる程、そのプライバシーを触れ回る行為の醜悪さが、露骨なまでに周囲に植え付けられるからです。やがては、時期が来れば必ずそのスピーカーが、それ相応の罰を受けて墓穴を掘ります。

水虫に対する理解者は必ず現れる

実は水虫に対する理解者は、必ずあなたの側に来ているのです。ただ、あなたがスピーカーの存在に目を奪われて、それに気付いていないだけなのですね。その意識ができたら、目を凝らして耳を澄ませて、周囲を注意深く見渡す事により、あなたの援助者の存在に気付いて下さい。

それは医療の関係者かも知れないし、あなたを職場に導いた人物かも知れない…でもあなたの援助者は必ずあなたの側にいます。そうやって援助者の応援を取り付けたら、あとは心強い展開が待っているでしょう。

水虫に限らず、敵が半分なら味方も半分、それがこの世の仕組み

もっと正確に言えば、あなたの水虫から救済しようとする援助者は、水虫であなたを辱めようとする迫害者と、同じ数だけ存在する筈です。何故なら、これは何も水虫の患者に限らず、あらゆる人間関係に共通する話ですが、「敵が十人いれば味方も十人、即ち敵と味方が同じ数だけ居る」これが、この世の仕組みだからです。

それなのに、その事実に多くの人が気付かないのは、敵の繰り出す負のエネルギーの方が、味方の見守る正のエネルギーよりも大きい為、自分の周囲が敵だらけだと勘違いしてしまうからです。そうと分かれば一刻も早く、水虫に対する理解者を存在するだけ、あなたの回りに集めなくてはなりません。

水虫は愛すべき病気、公表すれば、親近感を持たれ、治療も効率的に

ところで水虫…こんなにまで忌み嫌われるのに、自分で話す限りは笑いを取りやすく、話題に出しても場の空気を和ませる、こんな愛すべき病気は、他にそう無いと思いませんか?

何故なら、こと水虫に限っては性別を問わず、万が一誰かに勘付かれても笑い飛ばせる…そんな場を和ませるユーモアが備わっていて、また不思議にそのユーモアが万人に通用するのですね。その点が理解できれば、水虫なんて堂々と公開しちゃえば、意外にもあなたが親近感を持たれ、好感度がアップするかも知れないじゃないですか。

更に大切なことには、これは先にお伝えしておきますが、この水虫を公表する勇気にも似た心掛けは、後程ご紹介する水虫から劇的に解放される方法と、切っても切れない関係でリンクしてくるのです。

水虫は先ず隠されていると思って

それにしてもあなたの水虫、一体どこで感染したのでしょうか?言い換えれば、身も蓋もない表現ですが、果たして誰からうつされたのでしょうか?一旦こう疑ってかかれば、誰も彼も怪しく見えて来ます。現実には、水虫を公表する人はそう多くはありませんから、意外な人物が隠しながら患っているものです。

いかに愛すべき存在と言われても、やはり水虫は水虫です。感染の危険性が付いて回りますし、何より不衛生で不潔で、とにかく「汚い」の一言に尽きる…これこそ万人が水虫に対して抱く、正直なイメージに他ならないでしょう。

いつも密着している恋人が水虫かも

或いは、一人暮らしの恋人の家で楽しいひと時を過ごしている最中に、あろうことかその辺に放り出してあったエフゲンを発見してしまったと仮定しましょう。「何これ!本人は『水虫じゃない』と言っているけど。とうとう見つけたぞ。これ以上ない水虫の証拠品を!」とショックを受ける、これに近い体験をお持ちの方もおられるでしょう。

従って恋人同士の様な、常に身体を密着させる親密な間柄であれば、既に自分も感染している可能性もある訳で、親しくなった後から水虫の事実を思い知らされるなんて、「よくも今迄黙っていたわね。ちょっと!いい加減にしてよ」と、相手を問い詰めたくなっても無理もないのです。

こうなれば相手も、どう考えても、「いんきん」「たむし」よりは「水虫」の薬という事にした方が、告白しても与えるダメージが少ないと判断するでしょうから、おそらくは水虫の方を認めるに違いありません。ただ、そこまで証拠が揃っているのにも拘らず、あくまで水虫ではないと言い張る人間も、世の中には少なからず居るものです。

水虫にかかる原因は、スリッパの共用が多い

水虫はスリッパの共用で感染する

この様に、誰に聞いても「自分は水虫ではない」と言い逃れられる以上、誰から感染したかを追及するのは無意味だと言えるでしょう。では水虫への感染の危険が最も多いのは、一体どんな物体なのでしょうか?

それはズバリ、スリッパの共用に他なりません。事実、どういう訳か整形外科には、いかにも怖そうな男性の患者が入院する割合が高く、彼らがかなりの高い確率で水虫を患っていると、筆者は身内から聞いた経験があります。

こんな所へ入院でもしようものなら、院内にウヨウヨ徘徊する水虫菌に、一発で足の裏に住み着かれる…その可能性が高くなるのです。因みに、水虫菌というのは俗称であって、医学的には白癬菌(はくせんきん)と呼ばれます。

特に、問題になるのが、スリッパの共用なのですね。当然、スリッパを使い回す患者の中に、水虫の菌の保有者がいれば、そのスリッパを後から履いた人は、水虫なんて簡単にうつされるに決まっています。言うまでもなく、その水虫は、同居する配偶者にも、感染する可能性が高くなるのです。

スリッパ共用の水虫対策には滅菌も

事実、職場で水虫に感染した人の体験談を聞いても、社内旅行の際の宿舎でのスリッパの共用が原因で、同僚から感染したと本人が証言していましたから。

実際問題、温泉地の旅館等で団体旅行をするのであれば、時間や規律に縛られる理由もあって、スリッパの共用が嫌だなんて言おうものなら、「何てわがままな」と一蹴されかねない現実があります。

この他にも、皮膚科や内科医院の待合室でも、靴を脱いでスリッパへ履き替える、そんなシステムが水虫菌の増殖に一役買っているのは間違いありません。おそらくは「スリッパに履き替えて下さい」と指示されるのは、水虫以外の安全や衛生の為に違いありません。

いかに経営が絡んでいるとは言え、いくら何でも医療機関の側に、水虫の患者を増やす意図があるとは信じられないからです。それでも、最近では歯科でも、靴のままで治療が受けられる、そんな所も見受けられるようになり、埃や異物の問題は別として、水虫の菌に関しては理想的な環境になりました。

やはり現状では、スリッパを履かせる医療機関が多いのですから。それに、スリッパを特殊な光線で滅菌している医療機関は、まだまだ少数派でしょうし…。

スリッパ持参の感染防止で水虫は自衛を

こうなれば「自分の身は自分で守る」に徹して、携帯用の折り畳みスリッパを持参するしかありません。

つまり、備え付けのスリッパを履くように指示されても、誰から変な目で診られようとも、頑として持参のスリッパに履き替えるのです。そこまで徹底的に自衛してこそ、水虫菌の、我が身のみならず我が家への侵入を阻止する事ができるのですね。

「水虫は五本指の靴下を履くと治る」体験

それではズバリ、水虫を治すには、何が一番有効なのでしょうか?それはある靴下を履く習慣です。

五本指に分かれた、形状がポイント

勿論、単なる靴下ではありません。ではどんな靴下でしょうか、通気性の高い繊維で編まれた靴下でしょうか?或いは、殺菌効果のある素材で作られた靴下でしょうか?

いいえ、どちらも違います。実は、水虫を治すには、爪先が五本指に分かれた靴下、これを毎日履くだけで良いのです。意外にも靴下って、材質よりも形状の方が、水虫対策には効果を発揮するのですね。

五本指の靴下を履くと、本当に水虫が完治する

そんなことを言われても、「え?ホントにそれだけで水虫が治るんですか?」と、思わず聞き返しませんか?だって普通に考えても、靴下を常に肌に密着させているだけで、既に肌に住み着いてしまった菌が死滅するなんて、ちょっと信じられないですものね。

でも爪先が五本に分かれた靴下であれば、それを毎日履き続ける限りにおいて、水虫の菌は退散してしまうそうです。何故ならこの体験談でもって筆者の取材に応えてくれた人物は、いつも筆者の目の前にいる親族なので、この話は本物だと確信させられたのです。

何しろ、以前にはあれだけ水虫の症状が酷かったのに、今では見違えるような健康な足の裏になっているのですから。そうです。五本指の靴下を履き続ける行為には、何と水虫を完治させるだけの力があったのですね。

五本指の靴下…賛否両論があるも、推奨する派が優勢か

それでは、一般社会に目を向ければ、五本指の靴下にはどんな評価が与えられているのでしょうか?残念ながら、推奨する派と推奨しない派の両方が、五分五分の力を持っている様子です。

勿論、仮に効果が科学的に証明できなかったとしても、僅かにでも効果が期待できる以上、誰もがお試しすれば良い訳です。それでは、現状を調べてまいりましょう。

五本指の靴下が推奨されない根拠

それでは先ず、五本指の靴下を推奨しない説、その根拠をご紹介しましょう。

効果を立証するデータが存在しない

現時点では残念ながら、五本指の靴下が水虫に効果を発揮する、これを立証する明確なデータは存在しない様子です。然しながら、仮にそうであっても、通常の靴下の方よりも五本指の靴下の方が望ましいのは、誰にでも常識的に判断できる筈です。

従って、このデータ無しの事実だけを以って、五本指の靴下を推奨しないに直結するとなると、これまたおかしな話であると言わざるを得ません。

ジュクジュクなら効くが、カサカサには効かない

この五本指の靴下は、蒸れるタイプの水虫はともかく、乾燥タイプの水虫には効果が期待できません。それならば多分半数前後は存在すると思われる、蒸れるタイプ、即ち、指先がふやける型の水虫の人だけでも、十分に効果を享受すれば良いのです。

それなのに、このタイプの人をも一括りにして、五本指の靴下を推奨しないと飛躍するのも、同様に首を傾げる話であると言うより他ありません。

五本指の靴下が推奨される根拠

五本の足指を分離するので、感染の防止に有効である

足指は皮膚が接触するという特殊な構造を持つ為、水虫の白癬菌の理想的な住み家にされています。改めてよく考えてみれば、自分の皮膚同士が常に接触している部分など、足の五本の指以外の身体のいかなる部位にも存在しません。

同様に、五本の指を持つ手の指ですら、常時むき出しで空気にさらされながら、開いたり閉じたりと形状が変化するので、足の指とは置かれた環境があまりにも異なるからです。

こうした皮膚の接触に代表される特殊な形状を持つ足指が、靴下よりも更に大きな原因であるとされる靴、この靴で蒸らされる環境が変えられないのです。それならば、せめて変えられる靴下だけでも五本指に交換して、足の指を水虫から保護してやらなくてはなりません。

自身の再感染や家庭内感染の予防に、五本指靴下は大きな効果を発揮する

いかに水虫の患者であるとは言え、床にばらまかれた白癬菌のおかげで、治りかけた水虫に再度感染させられない、なんて保証は何処にもありません。また、家族にとってもバスマット等を共用した為に、水虫患者のまき散らす白癬菌に罹患してしまう、そんな危険性と隣り合わせで生活しているのです。

従って、五本指靴下は水虫の家族内感染に、確かな効力を現すと認識すべきです。勿論それだけではなく、五本指の靴下を履く行為が、水虫を宣伝する忌まわしさどころか、家族に対する清潔感と心遣いのアピールに他ならない、この点にも価値を見出して欲しいものです。

勿論、家族を扶養する為に企業戦士になった様なもので、その会社という逃げ場のない戦場で、嫌いな同僚から白癬菌をうつされたにも拘らず、その水虫が結構な暮らしをさせている家族から忌み嫌われるのでは、時には理不尽な仕打ちとして誰かに訴えたくもなる筈です。

従って、「一体、誰のおかげで生活できると思っているんだ」と家族に愚痴を言いたくなる、そのお父さんの気持ちは筆者にも手に取る様に分かります。それでも家族にはやはり、その立場の人にしか理解できない種類ではあるけれども、外で働く人と同じ位の苦労を家族の皆が必ず持っているのです。

そこで、ここは一つ家族への思いやりを示して、家庭サービスに努めてこそ、お父さんの価値は上がりこそすれ、下がることは決してありません。そうです。お父さん。五本指の靴下を愛用するのです。言うまでもなく、職場では靴の中で、家庭では床の上で、五本指の靴下を履き続けるのです。それ以外にありませんよ。

五本指の靴下…完治した体験者が語る、その効力の偉大さ

それでは五本指の靴下を履く際に、何か注意すべき事柄はあるのでしょうか?

五本指の靴下…使用する際の留意点

その筆頭は何と言っても、完治した体験者の語る話でしょう。そこで、筆者が親族から直接聞いた情報ですが、実は理想を言えば、五本指の靴下に最適なのは、木綿の製品です。この木綿の五本指の靴下を、職場では靴の中でしか履けませんから、靴の要らない自宅でできるだけ履いて下さい。

これだけでも水虫は、本当に完全に治ります。勿論、個人差があるのなら、万人への効果となると、疑問符が付くかも知れません。それでも、これが功を奏して完治した人もいる、というのは事実なのですから、誰でも一度は試す価値があるのではないでしょうか。

靴下を二重に履くのは厳禁

では親族の体験談に戻りますが、その際注意したいのが、靴下の重ね履きは厳禁、という事実です。つまり、いかに五本指の靴下と言えども、二枚重ねて履いたりすると、却って水虫が悪化する、というのですね。

例えば、現実にそういう人物が身近に存在したらしいのですが、富士山に出掛ける際に靴下を二枚履いたら、何と水虫が酷くなったばかりか、事もあろうに親指の突き指にまで見舞われた、というのです。

それも親指の爪に異常が現れたのですから…これなんて、どうして?と聞きたくなるような話ですが、本当に起こった出来事だそうです。何と、五本指の靴下に効果があるからと言って、調子に乗って二枚重ねて履いたりすると、効果が倍増するどころか却って逆効果になる、という仕組みがあるのですね。

これは驚くべき現実ですから、是非皆さんにも肝に銘じていただきたいものです。となると、厚手よりは薄手の方が良い、という素材の適性も考える必要がありますし、発汗の条件を考えるならば、履いたら履きっぱなしは禁物で、こまめな交換は必要不可欠ですね。

勿論、靴下以上に影響の大きい靴に関しても、通気性の良さを追求するのは言うまでもありません。

靴と靴下の影響がいかに大きいか

因みに、先程の親族の体験談に登場した、親指の突き指の話題ですが、筆者自身の体験を思い出すと、有り得る話だと納得できるのです。と言っても筆者には水虫はないのですが…。

実は、つい最近まで、スニーカーを一日に6時間位履く生活を、週に4~6日程度の頻度で、一年間以上続けました。ところが、その期間中の一年余りは、親指の爪に血が滲んで膨らんで、その上、かかとには角質化した皮膚が盛り上がって、自分の足が大変な状況になっていたのです。

そんな訳で、スニーカーを質の良い物に買い替え、靴下をストッキング状の超薄手に変え、爪を短めに切るだけでも、親指の突き指の方だけは、期間内であっても徐々に回復はしました。

ところが、もう一方のかかとの角質化した分厚い皮膚の方は、その一年余の期間が終了するまで、決して治る事はなかったですね。この例でも分かる通り、いかに靴や靴下が、私達の足に与える影響が大きいか、その重要性を改めて認識する必要がある、と教えられている気がしてなりません。

これは、まして水虫であれば、これ等の靴や靴下の問題に、決して無関心であってはならないという事です。言い換えれば、足の問題に無関心であるが故に、靴にも靴下にも関心を向けなかった、だからこそ水虫に見舞われたとも言えるのです。

五本指の靴下以外で水虫を治す方法も

勿論、五本指の靴下だけではなく、水虫を完全に治す方法は存在します。この問題については、また稿を改めてご説明してまいりますが、この場を借りて少々触れてみましょう。

水虫に劇的に効く塗り薬の存在

例えば世の中には、大源製薬のエフゲン等、水虫に劇的な効果を発揮する、そんな塗り薬が既に出現しています。取り敢えず、靴下に限定しないで、こういう塗り薬に頼る方法も、水虫対策として存在する、という事をお伝えしておきます。

焼酎や酢、ニンニク…確かに効きそうだが…

それにしても、水虫を治す方法には、様々なものが挙げられています。例えば、焼酎を足の裏に塗ってラップを巻きつけるものもあれば、中には、酢を薄めた湯で足湯する…なんていうのもあります。スゴイところでは何と、すりおろしたニンニクを足の裏に塗りつけるのですね。

勿論、これ等の方法は効くかも知れないし、効かないかも知れない…もし試せる条件下にあれば、全部試すのも一方法に違いありません。余談ですが、かゆみが我慢できない場合、ヒリヒリした刺激物を塗ると気持ちが良い、という動機も多分にあるのかも知れません。

もし害がないと判明している場合には、完治の効果を期待するのと同時に、かゆみを撃退する目的で、これ等の方法を試みるのも、時には面白いかも知れませんね。

意外に現実的でない、薬を塗る水虫の治療

そんな塗り薬や民間療法に代表される、諸々の情報を耳にしても、やっぱり五本指の靴下の方が、水虫の治療には適していると、皆さんも思いませんか。何故こんなことを言うのでしょうか?それは何と言っても、お金こそ少しばかりかかるでしょうが、時間がなくても誰でも実行できる…これが五本指の靴下の真価に他ならないからです。

塗る作業に必要な、時間と労力

考えてもご覧なさい。ニンニクや焼酎や酢にしてもそうですが、薬のエフゲンにしても、仕事で疲れて帰宅したお父さんが、寝る時間しか残っていないのに、毎日足にそれらの物体を塗りつける、そんな時間と気力が残っているでしょうか?

これが仮に、ご家族が世話してくれるなら、話はまた別です。でも、これ等の塗り付ける治療への取り組みは、思い切って仕事を退職するか休職するか、はたまた長期休暇が取れる仕事であるか、それだけの環境にでも身を置かない限り、現実にはそう簡単にできませんものね。

どんなに多忙でも実行が可能な、五本指の靴下

この問題と比較すれば、五本指の靴下がいかに優れているか、もはや一目瞭然でしょう。何しろ、脱いだり履いたりするだけで構わないのですから、当然履いている間は靴下の存在は忘れて大丈夫です。いえ、むしろ履いている事実を忘れていられる、それこそが優れた靴下の特徴である筈です。

そして何よりも、時間が皆無の条件に置かれた人であっても、五本指の靴下であれば無意識に履いている間に、いつの間にか水虫を治療してくれるのです。これは落ち着いて考えれば、他のいかなる方法も及ばない、画期的な水虫治療法に相違ありません。

水虫は公表した方が治る理由

さて筆者は冒頭で、水虫は公表するから完治する、と申し上げてまいりました。そして公表する勇気が、水虫から解放される方法と、リンクしてくるとも申し添えました。

隠す習慣が水虫を発生させた

それでは何故、水虫は公表しないと治らないのでしょうか…それは水虫が隠す習慣によって発生した、秘められた病気であるからに他なりません。ここでは足に限定しますが、靴で足を隠すから…勿論これは当然の行為ですが、その靴による足の隠し方が許容範囲を越えたから、水虫にかかったに過ぎないのです。

足を隠す意識を改革すれば、五本指の靴下が堂々と履ける

だからこそ、足を隠す意識を取り除く段階を経る事により、五本指の靴下を人前で堂々と履ける自分に変身できるのです。そして、その状況こそがまさに、水虫からの劇的な解放を約束するものに他なりません。言うなれば意識改革です。この意識改革こそが、あらゆる物事において、劇的な展開の鍵となるのですね。

五本指の靴下の価値は、足袋にも匹敵する

改めて考えてみれば、我が国…こんなに湿度が高いのに、これ程文明の発達した国は、他には存在しないと語られます。

湿度の高いのに、文明が発達したから、水虫が蔓延する皮肉

確かに世界中を見渡しても、湿気の多い国は例外なく発展途上国だといっても、決して過言ではないのです。この様に、日本は奇跡的な先進国と表現しても大袈裟ではないのですね。従って、そんなわら草履が最適なほど湿度の高い日本国内で、乾燥した国土を持つ欧米で誕生した靴を履いて仕事をするのですから、水虫が蔓延するのは、当たり前過ぎる話なのです。

五本指の靴下の価値は、湿度の高い我が国で、足袋にも匹敵する

その自覚ができたならば、せめて足袋に少しでも似た、五本指の靴下を履いて、足の裏に巣食う白癬菌を即座に追い払おうではありませんか!そうです。五本指の靴下は、湿度の高い我が国では、水虫からの解放を担う意味では足袋にも匹敵する価値を備えているのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る