TOP > > 貴女の足は大丈夫?恥ずかしくて聞けない水虫は、只今女性に急増中

貴女の足は大丈夫?恥ずかしくて聞けない水虫は、只今女性に急増中

ジメジメした梅雨の季節は気分も晴れない嫌な季節です。高温多湿の環境はカビ菌が最も好む状況で、家の中もカビだらけになる可能性だってあるのです。そしてこの時期に多い病気が細菌性の水虫なのです。

水虫はおじさんがなる皮膚病とのイメージがありますが、実際には女性の水虫患者が急増しているのです。女性の方はちょっと恥ずかしくて聞きづらい、水虫の話と対処法を解説します。

水虫ってどんな病気なの?

水虫とはカビの一種である白癬菌(はくせんきん)が、足などの角質部分に感染することで発症する皮膚病の一種です。白癬菌は皮膚の角質のケラチンと言うタンパク質を栄養として活動を続けます。

白癬菌の皮膚の侵食速度は速く感染力も強いため、足だけではなく手や顔にまで感染するケースがあります。

水虫と言えば「痒み」が有名ですが、痒みが出る水虫は白癬菌が角質から皮下組織に到達した場合であり、痒みが出ない水虫もあります。また、足拭きタオルやスリッパなどへの白癬菌の付着により、家族への感染拡大もあります。

症状が進むと痒みから痛みへ変わり、皮膚の炎症や出血を伴う重症化も懸念されます。場合によっては、足の切断や白癬菌の合併症で死亡するケースもあります。

水虫はおじさんが罹るカッコ悪い皮膚病とのイメージがありますが、きちんと治療しないとなかなか怖い病気なのです。

最近女性に水虫が多い理由はコレだ

実は女性が水虫を発症する原因は梅雨には関係なく、秋から春季に履くブーツだと言われています。男性の場合もサラリーマンの革靴が原因と見られるので、結局は同じような問題なのですが、女性の水虫が悪化する原因は他にもあるのです。

それは…「恥ずかしさ」なのです。男性と違い特に若い女性は水虫を皮膚病とは捕らえずに、「汚い」「不衛生」「臭い」などの固定概念を持っているため、実際に自分が感染した場合において事実を認めない傾向があります。

それにより、明らかな症状が出ていても治療をせずに悪化させてしまいます。現状では水虫の治療薬は大変進歩していますので、症状が現れてから治療を開始しても完治できます。しかし、恥ずかしがって治療をためらっていると、重大な症状になることもあるのです。

女性の水虫の原因を探る

女性に水虫が発症する原因をまとめてみました。思い当たることはありませんか?

・ロングブーツやショートブーツに関わらず、通気性の悪い皮製(合皮も)の靴を愛用してる方は、足が蒸れやすく水虫に感染しやすくなります。白癬菌はブーツの内側に住み付きますので、なかなか治りづらくなります。

・毎日同じ靴を履いていませんか?同じ靴を毎日履くことは、靴を湿らせ白癬菌の発生を促します。

・一日中、ストッキングを穿く生活をしていませんか?ストッキングはメッシュのようでも、足が蒸れる要因になります。

・家族に水虫の方はいませんか?水虫は足拭きマットでも感染しますので、水虫患者がいる家庭は注意して下さい。

角質を取りすぎていませんか?硬い角質を軽石などで取りすぎると、白癬菌に感染しやすくなってしまいます。特に削りすぎて血が滲んでる場合に、いつもの革靴を履くと感染率がアップします。

一つでも思い当たることがあれば、水虫感染の危険性があります。

水虫にならないために

水虫にならないためには、足を清潔にすることが重要です。実は白癬菌は皮膚に付着してから、角質に定着するまでに約24時間必要なことが分かっています。つまり、一日に一回足を清潔に洗浄することで、水虫感染は予防できるのです。

そのためには、毎日入浴して足を洗うときには、足の指の間も丁寧に石鹸で洗浄することが重要なのです。ただし擦りすぎると皮膚に傷がついてしまい、白癬菌が進入しやすくなるので注意が必要です。

靴は通気性の良い素材のものを履くのが理想ですが、革靴やブーツを履く場合には同じものを連続して履かない工夫をして下さい。皮製の靴は定期的に除菌スプレーで殺菌を行い、十分に乾燥してから次に履くようにして下さい。

高温多湿のシーズンにストッキングを穿く場合、一日の間に蒸れが生じますので出来れば穿きかえるが理想です。他人から感染しないように、公共でのスリッパやプールマットにも注意しましょう。

水虫の治療は良くなったと思っても、潜伏期間が長いために再発の危険性が高く安心できません。完治したと思っても安心せず半年から1年くらいは治療することが重要です。

女性にはちょっと恥ずかしい水虫ですが、早期治療で簡単に完治できます。心当たりのある方は病院で検査を受けて下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る