TOP > > 女性も急増の水虫!簡単予防で感染をブロックしましょう

女性も急増の水虫!簡単予防で感染をブロックしましょう

昔は水虫と言えばお父さんと言うイメージが強かったですが、最近では若い女性も水虫で悩んでいる人が多いです。水虫は治らない病気ではないのですが、一度かかると何度も再発する厄介な病気です。

しかも、かゆみがありますし、イメージも悪いです。ですから、水虫はまずかからないようにすることが大切なんですよ。そこで水虫予防に効果的な5つの方法をご紹介します。水虫になりたくない方は、ぜひ参考になさって下さい!

ブーツなど足が蒸れる靴を長時間履かない!

まず1つ目は、ブーツなど足が蒸れる靴を長時間履かない事です。若い女性が水虫になる大きな原因に、ブーツを長時間履くことが指摘されています。ブーツはファッション性に優れていますが、通気性が悪く、足が蒸れやすいです。高温多湿は水虫菌が好む環境です。

その為、長時間履いていると、どうしても水虫のリスクが増えていきます。ですからなるべく通気性の良い靴を選んではくことがお勧めです。

足を清潔にする!

続いて2つ目の水虫対策は、足を清潔にすることです。水虫予防には、清潔にすることがとっても大切です。お風呂に入った時には足の指の間までしっかり洗ってください。足の指の間は、汗をかきやすいのですが、意外に洗い忘れすることの多い部位です。

しかし洗い忘れてしまうと、水虫菌が増殖してしまいます。水虫は足の指の間に出来る事が多いのです。ですから、毎日足の指の間までしっかり丁寧に洗ってください。

自分専用の足ふきマットを使う!

3つ目の水虫対策は、自分専用の足ふきマットを使う事です。水虫は、足ふきマットを介して感染する事がとっても多いんですよ。ですから、ご家族に1人でも感染者が出た場合、足ふきマットは別々にしてください。また温泉やジムの足ふきマットも危険です。

たくさんの人が使っていますので、水虫菌が付いていることが多いです。感染を避けるためにも、自分専用の足ふきマットを使うようにしましょう。このひと手間で、水虫になるリスクを大幅に減らすことが出来ます。

ストッキングをなるべく止める!

4つ目の水虫対策は、ストッキングを止める事です。仕事上どうしてもストッキングが必要な場合は仕方ありません。しかし、休日などは極力ストッキングをはかずに過ごしましょう。ストッキングは保温効果が高いのですが、汗をかいても吸収してくれません。その為、足が蒸れやすくなるのです。

足が蒸れると、水虫菌が喜ぶ環境になります。つまりストッキングをはくと、水虫になりやすくなるのです。ですから、出来る限りストッキングをはかない生活を心掛けましょう。

掃除をこまめにする!

5つ目の水虫対策は、掃除です。「えっ!?掃除」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、掃除をする事は水虫予防にとっても有効です。水虫は、床に落ちている皮膚から感染する事が多いです。

自然に剥がれ落ちた皮膚を介して水虫がうつる事があるのです。ですから、こういった剥がれた皮膚を取り除く為、こまめに掃除機をかける事が大切になるのです。毎日しっかり掃除をすることで、水虫感染のリスクを下げる事が出来ます。

このように、蒸れない靴を履く、足を清潔にする、専用足ふきマットを使う、ストッキングをなるべく止める、掃除をこまめにすると言った対策で、水虫予防ができます。絶対に掛りたくない病気ですから、ぜひこの予防法をお試しください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る