TOP > 水虫

水虫の症状3タイプとその治し方!菌が多い場所と市販薬の極意とは

「あ~かゆい、カユイ、痒~い!」今日もどこかで誰かが叫んでいる声が聞こえますが、いったいどこがそんなに痒いのでしょうか?

毎年梅雨の季節に近づくにつれ、このように痒みを訴える人が急増します。もう気がついたかもしれませんが、これは「水虫」の症状を表していたのです。

一度発症したらなかなか完治できない水虫について、その症状や対処法を紹介します。さあ、水虫を知ってちゃんと対処しましょう!

水虫はれっきとした感染症!水虫のイメージをかえる真実

水虫と聞くと「汚い」「不潔」「痒い」「うつる」などのイメージを持つことが多いのですが、中には「男性」「お父さん」「おじさん」などハラスメント的な印象を持っている人も多いと思います。

このようなイメージは本当に正しいのでしょうか?

ここで言いたい!水虫とおじさんの真実

水虫はおじさんが多くかかる病気だと思っている人は多いと思います。しかし現在では水虫の発症の男女比率は、ほぼ「1:1」であり、男性の発症と女性の発症は同じ程度になっています。

この時点で「水虫=おじさん」は間違っていることが証明されましたが、さらにその発症が低年齢化しているのも事実なようです。

日本の水虫患者は約2000万人と言われており、その中には相当数の若者が含まれています。特に水虫の発症は流行りのファッションに左右されることが多く、皮のブーツなどが流行る年には若い女性に多くの患者が見られます。

特に近年問題になっているのが、女子中学生や女子高校生が水虫を発症したにも関わらず、全く治療を受けずに悪化するケースで、これからも増加することが危惧されているのです。

現在の水虫の真実とは、「お父さん、足汚いから、別のバスマット使ってぇ」と言っている娘の足にこそ、水虫が宿っている状態にあったのです。

水虫は立派な感染症だと認識しよう

私たちはちょっとおもしろい病気を揶揄してしまうことがあります。それは見かけや症状によるコミカルさであり、「痒い、痒い」と言っている水虫はからかうには格好の的になるでしょう。

その風潮は現在ではイジメに属しており、言われた当人は傷ついてしまいますが、周りの人は大笑いをしてしまいます。

しかしこの風潮によって引き起こされる、水虫治療にとっての弊害が生まれています。それは何だと思いますか?

  • 水虫を軽い病気だと考えてしまう
  • 隠さなくてはいけない病気と思い込んでしまう

つまり笑いの対象である水虫は大した病気ではなく、特に治療をしなくてもよいと考えたり、家族や友人に隠したりするように思い込んでしまうのです。

水虫が発症すると自然に治癒することは基本的に難しいことです。何らかの治療を行わないと症状が悪化するだけでなく、周りの家族や友人にもうつしてしまう可能性も出てくるのです。

そう水虫はインフルエンザと同じ「感染症」です。そして条件が合うことで他人に感染させてしまう「伝染病」としての側面もあるのです。

笑っていないで感染症としての認識を持つようにしましょう。

水虫はインフルエンザと同じ感染症です。身体の中に入り込んだ細菌感染による症状だと認識しましょう。

▼関連記事
水虫=おじさんだけじゃない!水虫に誤解されがちな5つのポイント

水虫の原因と、症状の違いを知っておこう!

水虫は皮膚病と言うよりは感染症と認識した方が理解しやすい病気です。その発症する原因と症状の違いについて理解しましょう。

水虫は細菌による感染症だった

「白癬菌」と呼ばれるカビの一種を聞いたことがありませんか?白癬菌は「皮膚糸状菌」とも呼ばれている水虫を発症させる細菌の一種です。

白癬とはずばり水虫のことで、水虫が発症したら患部が白くなることからこう呼ばれています。つまり白癬菌とは白癬(水虫)の原因になる細菌(カビ)を表している言葉で、皮膚糸状菌にはいくつかの種類があるのです。

水虫の原因になる皮膚糸状菌は世界中に約40種類あると言われていますが、日本では約10種類が確認されています。

日本では「トリコフィトン・ルブルム」、「トリコフィトン・メンタグロフィテス」と呼ばれる皮膚糸状菌が多く、これらが大部分の水虫を引き起こしている原因になります。

▼関連記事
毎年なってしまう水虫。なる人はどうしてなってしまうのか。

水虫の感染経路を確認してみよう

水虫を予防するためには、白癬菌の感染経路を知ることが重要です。感染経路を知ることは感染を予防するだけではなく、他人に感染させないように配慮することも可能になるからです。

感染についての流れを紹介します。

  1. 白癬菌が付着したマット、スリッパ、絨毯を素足で歩く
  2. 白癬菌が足の皮膚に付着する
  3. 皮膚に付着した白癬菌が角質層に入ろうとする
  4. 角質の侵入に24時間程度かかる
  5. 角質層に侵入し増殖する
  6. 高温多湿の環境で増殖が加速する
  7. 痒み、水ぶくれ、角質が白くボロボロになる
  8. 剥がれた角質で白癬菌を撒き散らしてしまう

このように自分が感染してしまうと、正しい治療を行わない限り今度は自分が感染源として、他人に感染させてしまうことになります。

白癬菌はどこにでもあるありふれた細菌です。完全に避けることは難しいことも事実なので、感染経路をよく理解してまずは角質に入り込まないように対策を行うことが大切だと思います。

白癬菌が潜んでいる危険スポットを公開

白癬菌がどのようにして水虫を発症するかは理解されたと思います。それでは次にどこで白癬菌が皮膚に感染するのかを紹介したいと思います。

インフルエンザや風邪などの感染で一番注意しなくてはいけないのが「飛沫感染」です。飛沫感染とは感染者の咳によって、空気中に放出されたウイスルや細菌を吸い込むことで感染してしまうことです。

さらに「接触感染」にも注意が必要で、感染者が触った「ドアノブ」「蛇口」「テーブル」などには沢山のウイルスや細菌が付着しています。それを触ることで手から口へ侵入して感染してしまうのです。

白癬菌の感染では飛沫感染は基本的にありません。空手の道場で水虫の先生が蹴りを入れて、角質が空気中に漂うことは考えられなくはありませんが……まぁないですよね。

白癬菌の感染原因はまず接触感染と考えて下さい。特に感染者が触れたものには白癬菌が多く付着していることから、それを知らずに触って(踏んで)しまうのが原因なのです。

それでは白癬菌の付着が想定できる危険スポットを紹介しますので、目に見えなくても意識的に危険だと思うようにしましょう。

【家族に水虫患者がいる場合の危険スポット】

  • 玄関マット
  • フローリングの床
  • 絨毯、カーペット
  • おふろマット
  • 感染者の布団
  • スリッパ
  • ソファー
  • その他
【家庭以外で危険なスポット】

  • スパや温泉施設のマット類
  • スポーツジムのマット類
  • プールのマット類
  • トイレの共用サンダル
  • その他

このような場所に白癬菌は隠れていますが、特に共用で使用されているものは誰が前に使用したかも解りませんよね。特に病院や飲食店のトイレで共用サンダルを設置していることがありますが、これは超危険なので注意して下さい。

私が一番危険だと考えているのが「皮膚科のスリッパ」です。皮膚科には大勢の水虫患者が治療に訪れて、その全てがスリッパを履きますよね。

「うーんデンジャラス!」水虫以外でも皮膚科を訪れる際には、マイスリッパを持参するようにしましょうね。

▼関連記事
水虫の原因になる菌の種類と感染経路が身近過ぎて怖いという話
水虫ってなぜうつるの?家族への感染を予防する家庭での水虫対策
家族に水虫の人がいたら100%うつる?予防することは可能?

水虫には代表的な3つの症状がある

水虫と言っても実は症状は様々で、主に代表的な3つの症状に分類することが多いようです。

水虫の種類趾間型小水疱型角質増殖型

【趾間型(しんかんがた)】

一般的な水虫のイメージでは「足の指の間がジュクジュク湿って皮膚が剥けた状態」だと思いますが、これが趾間型水虫の症状になります。

足の指と指の間に発症することが多く、特に薬指と小指の間にできることが大部分を占めています。

趾間型水虫にはジュクジュクと湿った「湿潤」タイプとは別の「乾燥」タイプもあり、乾燥タイプでは皮膚が赤くなったり、皮膚に亀裂が走ったりすることも珍しくありません。皮膚が剥けやすいので別の細菌に感染してしまう危険性もあります。

【小水疱型】

小さな水ぶくれが足の裏や、指の付け根などにできる水虫です。また足の側面にできることも多く、当初は痒みも少なくつい放置してしまいがちな水虫と言ってよいでしょう。

水泡が潰れることで皮膚が乾燥しやすくなり、皮が剥けてしまうこともあります。少しずつ痒みが強くなり赤みが出てきたら症状が進行した状態で、早急な治療を行わないとさらに症状が悪化してしまいます。

水泡が潰れることによる二次感染の危険性もあるので、故意に潰すことは控えたほうがよいでしょう。

【角質増殖型(角化型)】

近年特に増加している水虫で強い痒みや痛みなどの自覚症状はありません。症状は足裏や踵の角質が白く厚くなっている状態で、特に粉をふいているような印象を受けます。

特に女性に増加している水虫で、水虫と知らない状態で「角質ケア」を一生懸命行っていることもあります。

原因は白癬菌が局所ではなく足裏全体に感染していることで、特に菌が角質の奥深くまで侵入していることが考えられます。そのため治療も難しく完治させるには時間もかかるようです。

「皮膚の乾燥」「加齢による皮膚変化」「冬場の乾燥」などによる症状と勘違いすることが多いので、症状が気になる場合は皮膚科で検査を受けるようにしましょう。

水虫の症状の中には一見して判断が付かないものもありますので、皮膚の状態に異常がある時は専門医に診断を仰ぐようにしましょう。

興味ある?水虫を治療せずに放置するとどうなる

基本的に白癬菌は角質に留まる細菌であり、内臓など身体の中心部までは侵入してきません。その意味では水虫を放置することで、命の危険が出ることは少ないと言えます。

しかしそれはあくまで白癬菌だけに感染したことが前提の話であり、二次感染については考慮されていないのです。

水虫の症状の中には「皮膚の破れ」「水泡」「皮膚のただれ」があります。症状によっては皮膚が傷ついて「皮膚バリア機能」が著しく低下してしまうのですね。

そうなるとそこから他の雑菌(化膿菌など)が入り込み、皮膚や足全体の炎症を引き起こしてしまいます。中には悪化して血液中に細菌が入り込む「敗血症」を発症させることもあり、その場合には足の切断も考慮しなくてはいけません。

また水虫を放置すると患部を触った手から、身体全体へ感染が広がることから、「お腹」「背中」「脇」から「頭」や「顔」にまで水虫が拡大してしまうのです。

水虫は足の指にある間は笑い話かもしれませんが、顔に水ぶくれがある状態を想像して下さい。考えただけでもゾーっとしますよね。

水虫の放置はしないことが身のためのようです。

水虫を放置すると最悪では命の危険性も考えられます。また免疫力の低下は水虫の繁殖を加速させる可能性もあります。

水虫の治し方を考える【市販薬編】

水虫の治療は初期対応が大切だと言われています。それは全ての感染症に言えることですが、感染が拡大する前に治療を開始することで早期な治癒も期待できるからです。

「ヤバイ!」と思ったら早速治療を開始しましょう。そこでまずは市販薬の上手な利用方法を伝授しますね。

水虫の薬は価格で選ぶと損をする!

初期の水虫で皮膚科などの病院へ行く人は少ないと思います。まずはドラッグストアで販売されている、市販薬を購入して試してみるのが一般的ですね。

テレビを見ていても水虫薬のCMは多く、どの商品もすごい効き目があるように感じてしまいます。

しかし実際にドラッグストアに行ってみると、水虫薬の種類が多くて選ぶのにも一苦労させられますよね。値段も700円程度から3000円もする商品もあります。

値段差が4倍もあるのですから、何を購入すれば良いのかも解らなくなってしまいます。しかし、ここで注意したいのが「安い商品にはそれなりの理由がある」ことです。

市販薬の価格は薬の成分で決められることが多く、やはり高い商品の方が良い薬であることが一般的です。また安い薬の中には「1日3回塗布」が多く、中には「1日4~5回使用のこと」など曖昧な商品もあります。

しかし価格の高い商品は「1日1回」や「1日2回」が原則であり、それくらいに薬の効果が高いことが解るのです。

昔から「安物買いの銭失い」と言いますが、水虫治療薬についても同じことが言えるようですね。

市販薬はスイッチOTC薬を選びなさい

市販薬の価格の違いは成分の違いからくると説明しましたが、高い薬だけでは判断が付かないこともあるでしょう。そこで次に注意したいポイントが「スイッチOTC薬」であるかどうかの判別です。

スイッチOTC薬と言う言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、「OTC薬」とは「オーバー・ザ・カウンター」との意味で、その意味は「カウンター越しに売られている薬」です。

つまりドラッグストアではなく、調剤薬局で処方箋によって処方される薬のことで、医師の診断でのみ販売できる薬のことです。

「スイッチ」とは「変わる」「変化」ですから、スイッチOTC薬とは「処方薬から変わった薬」と考えて下さい。つまり以前は処方薬だった薬が、市販薬として使用されることが許可された薬なのです。

昔、処方薬の「ガスター」がスイッチOTC薬として発売された時は、大きな話題になったのを覚えている人もいるでしょう。

現在では水虫の薬の中にもスイッチOTC薬がいくつかあります。代表的なものを紹介します。

  • 塩酸テルビナフィン
  • 塩酸ブテナフィン
  • 塩酸アモロルフィン
  • ラコナゾール

これらの成分は医師の処方でしか使用できなかったものですが、現在ではスイッチOTC薬としてドラッグストアで購入できるようになっています。また基本的な使用も「1日1回」であり、効果も高い薬です。

水虫の薬を購入する際には成分を確認して、スイッチOTC薬を購入するようにしましょう。

薬のタイプは水虫の症状によって選ぼう

水虫の薬にはある特徴があります。それは同じ成分であるにも関わらず、様々な形状をした薬が存在していることがあるのです。

水虫薬の薬としての形状については、以下の4点に分類されます。

  • 液体
  • 軟膏
  • クリーム
  • スプレー
【液状タイプ】

「液体」タイプの市販薬は角質への浸透が一番よく、水虫薬では一番ポピュラーな薬です。利点はまずは浸透力で、液体であるが故に角質への吸収率が高くなります。

また扱いも直接塗れる商品が多く、手を汚す必要がありません。しかし皮膚への刺激も強く「うっ…しみる~」と感じることが多いようです。

しかし痒みがある場合には、しみることで痒みを抑える効果もあることから、水虫の薬の中ではファンも多いタイプと言えます。

【軟膏タイプ】

軟膏タイプは油分が含まれることから、皮膚を乾燥から守る働きがあります。つまりカサカサ角質の水虫に適しており、踵や足裏などの角質増殖型の水虫に効果的です。

浸透はゆっくりでしみることもなく、一定時間の効果が期待できるタイプと言えます。

【クリームタイプ】

軟膏と同じようなタイプですが、クリームは軟膏よりも油分が少なく、ベトベトしないのが特徴です。塗りやすく伸ばしやすい性質から、局所だけでなく広い範囲に塗ることができます。

足だけでなく手や身体の使用にはオススメの形状です。

【スプレータイプ】

スプレーすることで簡単に薬を塗布することができます。手を汚さずに簡単に使用できることが利点ですが、薬剤の量が十分に行き渡らないことがあります。

そのため薬効は短く1日に数回の使用が必要になる場合があります。冷たいエアゾールが患部にかかることで、痒みが抑えられて症状が緩和される効果もあります。

水虫の初期に使用するのがオススメのタイプです。

【市販薬使用の極意1】塗る範囲を広げろ!

市販薬を使用しても一時は改善しても直ぐに再発することがあります。「やっぱ市販薬じゃだめか!」なんて思わず口にしてしまう人もいるのですが、実は使用方法が間違っているのかもしれません。

考えて見て下さい。現在市販されている水虫薬はスイッチOTC薬が主流であり、一昔前まで医師が使用していた薬と同じです。

それを市販薬として使用しているのですから、市販薬と言っても効果が悪いとは到底考えられません。つまり薬以外のところで、何かの問題が起きていると考えるのが普通ですよね。

そしてその理由が「薬の量と範囲」にあるのです。水虫は痒みと皮膚の水泡やただれが代表的な症状ですが、その部分だけに薬を使用する人が大勢います。

しかし水虫の原因である白癬菌は症状が出ている範囲だけにいるのではなく、その周辺全てに潜んでいることが多いのです。つまり薬の使用は患部だけでなく周辺全てに塗るべきで、特に足では足裏全体までに範囲を広げる必要があります。

また踵の角質も白癬菌が潜みやすい環境なので、踵やアキレス腱の周辺まで薬を塗るようにしましょう。

【市販薬使用の極意2】薬は両足に塗れ!

右足に水虫が発症したら、もちろんそこに水虫の薬を塗ると思いますが…ちょっと待って下さい。右足に白癬菌がいるのに左足にいないことなんて考えられますか?

ここまで水虫の勉強をしてきた皆さんなら解ると思いますが、白癬菌は感染者が使用したマットなどに簡単に住み着いてしまいます。右足で踏んだマットに左足が触れれば、それだけで白癬菌が感染してしまうことは明白ではありませんか?

つまり片足に水虫の症状が出ている人の大部分において、反対の足にも白癬菌が潜んでいるのです。これはあくまで症状が出ていないだけで、静かに進行している状況で水虫が再発しやすい理由の一つと考えられます。

水虫の薬を使用する場合には、必ず片足だけでなく両足に使用するようにしましょう。

【市販薬使用の極意3】薬の量をケチるな!

使用する薬の量もケチっていては、折角の治療も意味がなくなります。軟膏であれば人差し指の先から第一関節くらいの量を片足の分量とします。

一般的な市販薬の軟膏では10g~15gが一般的なので、だいたい目安的には両足で10日~15日程度で使い切るようにしましょう。

他のタイプの薬でも量が少なければ効果も薄くなるので、使用方法をよく読んで適量よりも心持ち多めの感じで使用するようにしましょう。

【市販薬使用の極意4】薬を塗るタイミングはお風呂上がり

せっかく薬を塗るのですから、最も効果的なタイミングで使用したいものですよね。そうであれば塗るタイミングにも気を配りたいものです。

オススメなのはお風呂上がりです。お風呂上がりには以下の利点があります。

  • 雑菌が少なく足が清潔になっている
  • 角質が柔らかくなっている
  • 適度に水分を含んだ状態になっている
  • 薬を塗るタイミングとして意識しやすい

つまりお風呂上がりは角質が柔らかくなっていることから、薬が浸透しやすく角質奥に住み着いている白癬菌に成分が届きやすくなっています。また皮膚も清潔になっていることから、他の雑菌の影響を受けることもありません。

脱衣室に薬を常備することで、お風呂上がりに薬を塗る習慣を付けることもできます。

どうせ薬を塗るのであれば一番効果的なタイミングで行いたいものですね。

市販薬には様々な種類があり、選ぶのにも一苦労です。水虫のタイプ、薬の成分を抑えて購入するようにして下さい。

▼関連記事
間違えたら治らない?正しい水虫薬の塗り方
市販水虫薬でも完治する!効果的な水虫薬の使い方はこれだ!

水虫の治し方を考える【靴下&靴編】

なぜ水虫は足に多く出る病気なのでしょうか?その理由として考えられるのが「靴」と「靴下」であり、これらに覆われることで足が蒸れることが白癬菌の繁殖に適した環境を作り出すのです。

つまりその環境を改善することで、水虫の治療や予防にも効果が出てきます。

五本指ソックスが水虫に効果的な理由

一時期ブームにもなった「五本指ソックス」ですが、これが水虫治療にとっても効果的と言われています。

五本指ソックスとはソックスの先の指部分が5つに分割されているソックスで、全ての足指を包み込むようになっています。

つまり普通のソックスでは指同士が接触するのに対して、五本指ソックスは指が包まれているため接触することがありません。

水虫の原因は白癬菌に感染してしまうことは勿論ですが、それが繁殖しやすい環境を作り出してしまっているのも要因になります。五本指ソックスでは指の汗をソックスが吸収してくれるので、指の間が蒸れにくくなります。

そうすることで白癬菌の繁殖を防ぎ、症状の改善や予防ができるのです。また市販薬を使用した状態でも、五本指ソックスを使用していれば、汗による妨害もなくじっくり浸透させることもできます。

しかし五本指ソックスは全ての水虫に効果的ではありません。足の指にできるジュクジュクした水虫以外の角質増殖型では効果は期待できません。

あくまで指の間で発症した趾間型や小水疱型に対して有効なようです。

靴は定期的に洗うか交換をすること

靴下と同様に靴も足を蒸らして白癬菌を活性化させる原因であり、靴の中にも沢山の細菌が住み着いています。対策としてはまず「洗浄」です。

スニーカーなどのスポーツシューズは定期的に洗浄するようにして、太陽下で乾かすことを基本とします。特に太陽下で干すことは殺菌効果もあることから、陰干しよりも効果的と言えます。

また簡単に洗うことのできない革靴については、スニーカーと同じく太陽下で乾燥が重要です。しっかりと乾燥させて細菌を死滅させるようにしましょう。

近年靴専用の紫外線を使用したドライヤーが販売されているので、これを使用するのも良い方法ですね。しかし革靴はどんなにケアしても白癬菌を全て除去することは難しいかもしれません。

そのような場合には定期的に靴を交換することも大切です。もったいないと思わないで、あくまで水虫治療中のことだと割りきって交換するようにしましょう。

除菌スプレーを使用した後にはしっかり乾燥

靴専用の除菌スプレーはニオイの元である細菌を除去します。白癬菌にも効果が期待できすので、使用することで水虫対策には有効です。

しかし注意したいのは使用直前にはスプレーしないことです。靴を履く食前にスプレーすると靴の中が、除菌剤で濡れた状態です。そのまま使用すると体温で靴の中が蒸れてしまう原因になるのです。

除菌スプレーは靴を履いた後に使用して、しっかりと乾燥させることが重要です。

一部の水虫には五本指ソックスが有効と言われています。また化学繊維よりも木綿製のソックスの方が汗を吸収する働きが期待できます。

▼関連記事
水虫予防にもなる5本指ソックスが予想以上に健康に良い4の理由
水虫の治し方は靴下がベスト!何と履くだけで効き目のある五本指
自信を持って素足になれる!水虫を予防する3つの掟

市販薬での治療には限界も!病院では飲み薬も

市販薬や五本指ソックスなどを使用することで、家庭においても水虫治療はできます。しかし足裏全体に広がったり、角質の深くに入り込んだりした状態の白癬菌を退治することには限界があります。

また爪の裏に入り込んだ白癬菌を外用薬で治療することは不可能に近いものです。

そこで市販薬を使用しても改善されない場合には、迷わず皮膚科の医師に相談するようにして下さい。皮膚科では外用薬以外に飲み薬を使用した治療を受けることができます。

感染症の一種である水虫は、他の皮膚病と同じく抗菌剤を服用することで、身体の中から細菌を除菌することができます。

これであれば外から届かなかった白癬菌に対しても、抗菌作用を発揮できることになり除菌が可能になります。飲み薬で水虫退治ができるなんてちょっと不思議な話ですよね。

この抗菌剤は肝機能低下などの症状を持っている人には、使用できないこともありますので事前に医師と相談するようにしましょう。

飲み薬で水虫退治なんて意外に感じる人も多いと思います。しかし、水虫が感染症だと理解すると不思議なことではありません。

水虫は症状を理解してから対策を考えろ

水虫の治療は闇雲に行っても効果が少ないことがあります。自分の水虫の種類を判断してから、市販薬などの対策を行うことが重要なのです。また見えない感染をよく無視して、一部分だけを対処するのも問題です。

水虫は再発率が多く約半数が再発すると言われています。しかし私的に言えば多くは再発ではなく、一部分しか治療していないことが原因であることに間違いないでしょう。

見えない部分を予測して薬を使用することが再発を防ぐキーポイントになるのです。

水虫対策は薬を「広く」「両足」「ケチるな!」の三大原則を守り、ジュクジュクしていれば五本指ソックス、それでもだめなら皮膚科の飲み薬でやっつけるようにしましょう。

でもね!恥ずかしがらずに堂々と治療することが一番ですよ。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

  • shutterstock_1980403912

    水虫は足だけとは限らない!頭にもうつる白癬菌をうつさない方法

    水虫は足にできるものというイメージが強いのですが、足以外にも手や頭にもうつるのを知っていますか?女性にも意外と多い水虫の正しい対処法を紹介します。...

  • shutterstock_82930861

    水虫ってなぜうつるの?家族への感染を予防する家庭での水虫対策

    梅雨から夏にかけての季節は水虫が流行するピークです。家族間でも水虫の感染が起こりやすくなるので注意が必要です。そこで水虫がうつるメカニズムと水虫の家庭内感染を防ぐ方法をわかりやすく...


  • shutterstock_243429253

    生活習慣に取り入れるだけ!お薬なしの自宅でできる水虫治療

    水虫って冬場に症状が治まるとついつい治療がおろそかになって夏場に再発してしまったと言うのを繰り返しがちですよね。そこで、お薬を使わず、ちょっと生活習慣に取り入れるだけで治療と予防の両方ができると言う方法を紹介しましょう。...


  • 水虫の治し方は靴下がベスト!何と履くだけで効き目のある五本指

    お父さんの水虫を完全に治したければ、靴下はゼッタイ試す価値があります。「ええっ?靴下で水虫が治るのか?」と信じない人もいるでしょうが、ホントにはくだけで完治するケースが多いです。もちろん、タダの靴下ではありませんよ。ではどんな靴下をはけば良いの?ここでお教えしましょう。...


  • 水虫はあなどれない!繰り返して治らないその原因と対処方法

    水虫はなぜ何度も何度もしつこく再発を繰り返すのでしょうか?水虫の原因である白癬菌は確かにとても強くしぶとい菌ですが、適切な治療や環境の改善で必ず完治できます。何度も再発し、毎年いつも水虫に悩まされている方はもう一度、自分の治療法を見直してみましょう。...


  • その足の痒みの原因が何とまさか!女性の隠れ水虫が急増中!

    水虫なんておじさんのかかる病気だと思っていませんか?それは一昔前の話で、今では若い女性にも実は水虫にかかっている人が急増しているのです。原因はブーツやレギンスなどの蒸れやすいファッション。あなたの足の痒みは大丈夫でしょうか?もしかしたら水虫かもしれませんよ?...


  • Fotolia_41240379_Subscription_XL

    市販水虫薬でも完治する!効果的な水虫薬の使い方はこれだ!

    ドラッグストアで手軽に買える市販水虫薬で効果的に水虫を退治する方法をお伝えします。市販薬は多種ありますが、どれも効能はあまり変わりません。もちろん、薬効は十分に備わっています。では何故効果が薄いのか?その理由は水虫菌の生息場所まで水虫薬が届いていないのです。...


  • 0718021

    夏のジメジメした靴は水虫の要因かも!軽い水虫治療にニンニクを

    暑くジメジメした日に一日中、革靴って本当に不潔ですよね。そのような状況では水虫を呼び込んでいるようなものです。なんとなく足指が痒かったり、赤くなっていたら、それは水虫のサインかも知れません。軽い水虫にはニンニク殺菌が効果的です。 ...


  • 家族に水虫の人がいたら100%うつる?予防することは可能?

    梅雨から夏にかけては水虫が増えやすくなります。家族に水虫の人が見つかったらうつされないかと気になってしまいますね。家族のように同じ屋根の下で過ごしていたら水虫は必ずうつされてしまうのでしょうか?水虫に感染する本当の理由と予防法について説明します。 ...


  • 夏に向けて手に出来る水虫が増加中!貴方の手を守る方法とは

    水虫は足に出来るものと思っていませんか?確かにイメージ的には男性の足指に多く発症していると思われてがちですが、近年では女性にも多くの発症が見られるのです。特に女性の水虫は足だけでなく、手にも出来ることが特徴ですね。手の水虫の原因と対策を考えましょう。 ...


  • 水虫になった皮膚は削っていいの?自宅で出来る正しい水虫の治療法

    水虫になった皮膚は削っていいの?知っていそうで意外と知らない水虫の治療方法を紹介していきます。間違った対処法を行っていると水虫が余計に悪化してしまう可能性も。水虫の方は必見です! ...


  • 近年増加中!フケが増え、脱毛を伴う『頭の水虫』の予防方法

    頭の水虫はペットや人間からも感染し、感染者の8割が初期には痛みも痒みも無いため、発見が遅れます。ここ数年、10代の柔道選手やレスリング選手や抵抗力の少ない子供・高齢者に多く見られるようになりました。今回は頭水虫に感染しない予防方法を紹介します。 ...


  • 女子が水虫を治療するために知っておきたい5つの事

    水虫になるのはお父さん世代だけではない!最近急増している若い女性の水虫。恥ずかしがらずに素早く適切に治療することがとても重要です。そこで女子が水虫を治療するために知っておきたい5つの事を紹介していきます。 ...


  • 試合でうつる?男子の顔を襲う新型の水虫トンズランス菌とは

    水虫と言えば菌の感染により足に発症する皮膚病でおなじみですが、新型の水虫菌「トンズランス菌」に感染する人が日本に増えていることをご存知でしょうか?近年、柔道選手、レスリング選手に流行しているというトンズランス菌について説明したいと思います。 ...


  • 水虫の方の靴下を洗濯する際はどうすればいいの?

    水虫にかかっている方の靴下は、そうでない方の洗濯物と一緒に洗ってはいけません。水虫患者の靴下の洗濯はどのように工夫するべきなのでしょうか。水温が関係していました。研究結果をお知らせいたします。 ...

キャラクター紹介
ページ上部に戻る