TOP > > 休みに限って頭が痛い!週末の片頭痛はカフェインが原因かも

休みに限って頭が痛い!週末の片頭痛はカフェインが原因かも

「ズッキーン」「ドクンドクン」片頭痛って辛いですよね。実は日本人の3割程度が定期的な頭痛を訴えているとのデータもあり、年代に関わらずに多くの人を悩ましているようです。特に片頭痛は頭の痛みだけではなく、吐き気やめまいなどの症状を伴うこともあり、日常生活においても支障をきたす原因になっています。

片頭痛の発症には特に規則性はないのですが、中には週末だけに片頭痛を訴える人がいます。これを「週末頭痛」と呼びますが、これはいったいどのような理由で発症するのでしょうか?そこにはある飲み物が関係していたのです。

片頭痛は血管が膨れることで起こるのだ

片頭痛の原因の多くが、頭の血管の拡張にあると考えられています。つまり、何らかの要因により収縮していた血管が拡張し、太くなった血管が神経を刺激することで痛みが出るという訳なのです。

片頭痛は発症すると数日は痛みがあり、また定期的に発症を繰り返すことから、予防としては発症要因の特定が重要となります。

週末頭痛についても、その原因は頭の血管の拡張と考えられることから、週末(休日)の生活環境に何らかの要因が隠されていると予想できます。調べてみると思いもよらない理由が隠されていたのです。

週末の片頭痛の原因はあの飲み物だった

週末頭痛の原因はいくつか考えられますが、代表的なものは「リラックス」です。「え~なんで?」って言われそうですが、普段仕事を頑張っている人は、常に自律神経が高ぶっている状態です。交感神経が優位にあり、筋肉や血管は緊張収縮した状態になっているのです。

一生懸命に仕事を頑張っている証拠なのですが、身体は常に緊張しています。この状態では頭の血管も収縮しており、週末の休みになると一気に緊張が取れて血管の拡張に繋がるのです。平日は仕事を一生懸命やって、やっとの休みに頭痛ではやってられないですよね(怒)。

このような人は休日であっても家で寝てばかりいないで、軽いスポーツなど身体に緊張を与えることが効果的です。そして週末頭痛には、もう1つ面白い原因があります。その原因となるのが、皆さんが大好きなコーヒーなのです。

コーヒー好きは週末頭痛が多い?

日本人は昔からコーヒー好きが多いと言われています。シアトル系エスプレッソブランドも上陸してから、あっという間に日本国内を席巻しましたよね。これくらいコーヒー好きの国民性だから、仕事中の飲み物と言えばコーヒーが定番になっています。

朝は缶コーヒーやカフェのコーヒーを飲んで、仕事をしながらコーヒーを1杯。昼食後も飲んでまたまた仕事をしながらもう1杯。夕方には眠気覚ましに更に1杯。1日に4杯~5杯も飲む人が多いではないでしょうか?

皆さんご存知でしょうが、コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインは覚醒作用や興奮作用がありますが、血管を収縮させる作用もあります。コーヒーを飲むと眠気が無くなったり、頭が冴えたりするのは、コーヒーに含まれているカフェインの作用だったのです。

このように平日にコーヒーを飲み続けることで、頭の血管は収縮を繰り返しそれが当たり前になってしまいます。しかし、週末になるとコーヒーの量が減ってしまうことから、カフェイン不足となって血管が拡張してしまうのです。

もうお気付きと思いますが、週末頭痛のもう1つの原因は、週末にカフェインの作用が無くなることによる血管の拡張だったのですね。普段の疲れから休日は昼まで寝ることも多いと思います。

また生活リズムが平日とは違うために、なかなかコーヒーをのんびり飲む事もできません。このような生活リズムの違いが週末頭痛を引き起こしていたのです。カフェインの過剰摂取はこのようなところでも問題があったようです。

それではカフェインによる週末頭痛を予防する方法はないのでしょうか?週末頭痛が発症するリスクが高いのは、平日に毎日約4~5杯以上のコーヒーを飲む習慣がある人です。コーヒーの量を1日3杯程度に減らすことが効果的ですが、難しい人はノンカフェインコーヒーを飲むのも良いでしょう。

コーヒーが悪いのではなく、カフェインの量が問題なのだから、ノンカフェインコーヒーでカフェインの総量を調節するのです。また、週末には昼過ぎまで寝ているのではなく、平日と同じ時間に起きてコーヒーを1杯飲むのも予防には効果があります。

朝にカフェインを摂取することで、血管の拡張を押さえて片頭痛を予防してくれるでしょう。平日みたいに何杯も飲むのではなく、要所要所にカフェインを取り入れることが重要ですね。

週末の頭痛はせっかくの休日を台無しにしてしまいます。もし貴方が大のコーヒー好きなら、もしかして原因はカフェインにあるかも知れません。カフェインコントロールで楽しい休日を過ごしましょうね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る