TOP > > 定期的にあなたを襲う!つらい片頭痛を少しでも和らげる5つの方法

定期的にあなたを襲う!つらい片頭痛を少しでも和らげる5つの方法

片頭痛の判断の仕方

意外と多くの人が苦しんでいる頭痛。一言に頭痛と言っても幾つかの種類があり、その代表的なものが緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛の3つになります。今回はこの中から片頭痛を取り上げてみたいと思います。偏頭痛は名称の通り頭の片側が痛む頭痛です。

まず自分の頭痛が片頭痛かどうかをチェックしてみましょう。一番の特徴としては先ほども説明したように頭の片側だけが痛みます。その痛み方はズキズキと一定のリズムを保ちながら脈打つように痛むことが多いです。頭痛と同時に吐き気等を感じることもあります。

片頭痛は脳の血管が拡張することによって起こります。そのきっかけは天気・温度差・ストレス・人ごみなど実に様々です。片頭痛に悩む方は比較的若い世代に多く、その割合は女性の方が多いと言われています。では次に片頭痛を和らげる方法を紹介していきます。

方法1.コーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる効果があり、結果的に頭痛を和らげる効果が期待できます。ただし飲みすぎは厳禁です。ティータイムや食後に1日2,3回飲むこともお勧めします。仕事の休憩に温かいコーヒーをゆっくり飲むことでリラックス効果も得られます。

方法2.冷やす

片頭痛の場合は頭部や首筋を冷やすことが良いとされています。冷却グッズや保冷剤をタオルで包んだものを頭の下に敷いたり、首筋や額に当ててみましょう。これで血管が収縮して痛みが和らぐ効果が期待できます。逆に緊張型頭痛の場合は暖めることが良いとされていますので間違えないようにしてください。

方法3.片頭痛にお勧めの食べ物

片頭痛の痛みを和らげる・予防できる食材を紹介します。積極的に摂ってほしいのがマグネシウムを含む食材。マグネシウムは血管の緊張を和らげる効果が期待できます。マグネシウムを多く含む食材は大豆食品・アーモンド・ひじき等です。

またビタミンB2には頭痛を和らげる効果があると言われています。マグネシウムと一緒に摂ることで相乗効果もあります。ビタミンB2を多く含む食材で代表的なものはレバー・卵・ウナギなどがあります。

方法4.静かな場所で休む

ストレスや温度変化で起きやすい片頭痛。痛みを感じたら絶対に無理をしすぎないこと。自分の部屋など落ち着ける場所で横になり、痛みが引くのを待つのが一番確実です。その際にカーテンで部屋を薄暗くするのもお勧め。学校や職場で横になれない場合は、楽な姿勢を保ちリラックスしているだけでもだいぶ違います。

方法5.香りで痛みを和らげる

片頭痛と付き合っていると自分がどのような時に痛みを感じやすいかが分かってくると思います。大きな仕事や発表会などストレスがかかった際に頭痛を感じやすい方は、アロマオイルなどを活用してリラックスすることをお勧めします。ペパーミントやラベンダーなどのハーブ系が特に効果的です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る