TOP > > 頭の片側がズキズキ!30代の女性に多い片頭痛の予防と対策について

頭の片側がズキズキ!30代の女性に多い片頭痛の予防と対策について

日本人に多い慢性頭痛

日本人のおよそ3割は「頭痛持ち」と言われています。頭痛のせいで生活に差し支える場合もあり、頭痛持ちの人にとっては悩みの種になります。

頭痛といっても原因はさまざまで、中には病気が原因になってる場合もあります。この場合は脳卒中など命に関わる病気のこともありますから放置せずに治療することが必要になります。

そして特に問題がないのに起こる頭痛は「慢性頭痛」といい、頭痛の多くがこれにあたるとされています。慢性頭痛は、何らかのきっかけで時々頭痛が起こっては治まるというのが日常的に起こるような頭痛です。

慢性頭痛には「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」があります。それぞれの慢性頭痛は以下のように特徴が異なります。

片頭痛…頭の片側が脈拍に併せてズキンズキンと痛む。
緊張型頭痛…頭全体が締め付けられるように痛む。
群発頭痛…片方の目の奥が強く痛む。

中でも片頭痛は女性に多く、長年の片頭痛に悩まされ続けることも少なくありません。片頭痛とはどのような病気なのでしょうか。

片頭痛とは

片頭痛というのは、脳の血管が急激に拡張することで起こる頭痛です。拡張した血管が三叉神経を刺激し、血管に炎症を起こして強い痛みを起こすのです。頭痛の発作は週1回~月2回くらいの頻度で繰り返して起こることがあります。

片頭痛は緊張やストレスが解けてリラックスした時に起こりやすくなります。これはリラックスすることで急に血管が拡張することが原因です。ですから、仕事中よりも休日に起こることが多いのです。

また、空腹や睡眠不足、女性ホルモンのバランスも片頭痛を引き起こす原因になりやすいです。男性より女性のほうが片頭痛になりやすく、30代の女性に多いとされています。

食べ物も原因のひとつで、チョコレート、赤ワイン、チーズ、化学調味料を食べると片頭痛を引き起こしやすくなります。

片頭痛の症状

特徴は頭の片側(こめかみなど)がズキンズキンと強く痛む症状です。脈拍に合わせて痛みが起こります。突然に強い発作が起こり、数時間~3日間ほど続いて自然におさまります。

症状は頭痛のほかに、吐き気、嘔吐、無気力、焦燥感、におい・光・音に敏感になる、などがあります。動くと余計に気分が悪くなります。また、発作が起こる前兆として目の前がかすむ、閃輝暗点(ぼんやりとした視野の中に目の前にチカチカした光が見える)といった症状があらわれることもあります。

前兆には頭痛は伴わず、その1時間後くらい後に片頭痛の発作が起こります。長年の片頭痛体質の人は前兆によって発作が来るのが分かることも多いでしょう。

セロトニン三叉神経

片頭痛が起こる理由には「セロトニン」と「三叉神経」が関係しているという説があります。セロトニンは脳内で分泌される神経伝達物質です。

緊張から解放されることでセロトニンが急に増加し、血管が拡張することで三叉神経を圧迫することで血管に炎症を起こす物質を放出します。それが脳に伝わって痛みを起こすというものです。

女性に片頭痛が多いのは女性ホルモンの分泌とセロトニン量が関係しているためとされ、生理前には片頭痛が起こりやすくなります。

片頭痛の対策

片頭痛の対策には、片頭痛を引き起こすような要因を避ける、予防薬を飲む、頭痛が起こったら処置を行うといった方法があります。なんといっても日頃から片頭痛が起こらないように要因を避けることが大切です。要因には以下のようなものがあります。

・ストレス
・外出(騒音、におい、緊張など)
・睡眠不足
・空腹(低血糖)
・チョコレート、チーズなど片頭痛のもとになる食品

もし片頭痛が起こったら頭を冷やします。血行不良から起こる緊張型頭痛は温めると楽になりますが片頭痛は温めてはいけません。頭痛が起こったら早めに鎮痛薬を飲むと効果があります。

受診して片頭痛の治療をうけることもおすすめします。片頭痛の予防薬は、片頭痛がよく起こる人に効果的です。血管を収縮させて片頭痛をおさえる薬は前兆発作が始まった時に飲むことで効果があります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る