TOP > > 偏頭痛の原因は意外なところにある 女性に多い偏頭痛の原因とは?

偏頭痛の原因は意外なところにある 女性に多い偏頭痛の原因とは?

ちょっと頭が痛いと感じるだけでもいろいろなことに影響が出てしまいます。頭痛といっても痛みの強さや痛み方には個人差もありますね。もちろん頭痛の原因もいろいろあります。

知っておきたい頭痛の原因

頭痛の原因は実に様々です。風邪や病気が原因の頭痛、生理時の頭痛、緊張やストレスが原因の頭痛、肩こり・首コリからくる頭痛、眼精疲労が原因の頭痛、気圧の変化などなど他にもまだあります。お酒を飲むと頭痛がするという人もいますね。

このように頭痛の原因は様々ですので、対処法もそれぞれに違ってくるということを覚えておくといいでしょう。もしも違った対処法をとってしまうと、余計に痛みがひどくなってしまうこともあります。

女性に偏頭痛が多い理由

頭痛がするのは女性だけとは限りませんが、統計的に見ても男性よりも女性のほうが偏頭痛は多いという事がわかります。これはなぜなのでしょうか?

女性は思春期を迎えるころから生理が始まりますね。閉経を迎えるまでの数十年間は毎月生理がやってきます。生理中は女性ホルモンのバランスが変化するので、この影響で生理の前後や生理中の頭痛がするのです。

個人差もありますが、ほぼ毎月のように生理のたびに偏頭痛が起こるので、女性に多いと言われる理由となっています。

この場合はホルモンバランスが影響しているので、頭痛だけでなく腹痛や倦怠感などもあります。ほとんどの場合は数日で解消されますが、我慢できない場合は鎮痛剤に頼るという方法もあります。

個人で判断できない場合や、むやみに薬を飲みたくない場合は一度婦人科で診察してもらい、痛み止めを処方してもらうこともできますので、相談しておくといいでしょう。

頭痛の原因による対処法

頭痛にもいろいろな原因がありますが、原因によって正しい対処法というのがあります。頭痛持ちだと自覚している人は覚えておくといいですね。

肩こりや首コリ、眼精疲労などが原因で起こる頭痛の場合は、休息もいい薬になります。コリが原因の場合は筋肉や筋もガチガチに凝り固まり、血行も悪くなっています。マッサージ、湿布、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって体を温め、血行促進させコリや強張りをほぐすなど工夫もしてみましょう。

風邪や病気の場合は、病気を治療することで頭痛も次第に収まっていきます。どうしても我慢できない場合は、効能に頭痛も含まれる総合感冒薬を飲むか、病院に行き医師に薬を処方してもらうのがいいでしょう。

意外なところにある頭痛の理由

お酒を飲むと頭痛がするという場合は、お酒を飲み血行が促進されることで血管が広がり神経を圧迫するのが原因だとされています。この場合はお酒を少量にするか、事前に頭痛薬を飲んでおくと痛みにも対処できます。

緊張からくるストレスも頭痛の原因になることがあります。この場合は緊張をほぐせば頭痛も解消されるように思えますが、無意識のうちに緊張してしまうような場合は痛みも長く続きます。時間の経過とともに痛みもひどくなる傾向があります。

緊張して固まることが頭痛の原因と考えがちですが、実は緊張がと解けホッと一安心し気持ちが開放された瞬間に頭痛が起こるのです。これはお酒を飲んだときの血管と状態がよく似ていると考えられています。

こういう時は我慢していても痛みは一向に解消されず、頭痛からくる吐き気なども複合することがあるので、痛いときには我慢しすぎも禁物です。薬に頼るのを悪いことだと考えてしまう人もいますが、使い方次第では頭痛をコントロールできるので、自分に合っている頭痛薬を常備しておくのも一つの方法です。

薬も飲み過ぎはよくありませんが、痛みをコントロールすることで頭痛とも上手に付き合っていくことができます。頭痛に関しては頭痛外来というのもあるので、心配な場合は一度頭痛外来を受診し自分の頭痛の原因を確かめておくのもいいですね。そうすれば頭痛が起きたときも、適切な対処ができます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る