TOP > > メタボ解消を目指して。やせるホルモンGLP-1を食べる

メタボ解消を目指して。やせるホルモンGLP-1を食べる

メタボは嫌、太るのは嫌、今よりもサイズが大きくなるのは耐えられない…!そんな思いを抱えて、ダイエットにチャレンジしたり、毎日の食事量を減らしたりしている人にこそおすすめしたいやせるホルモン、「GLP-1」をご紹介します。

やせるホルモン、GLP-1って一体なに?

やせるホルモンなんて、そんな夢か幻想みたいなものあるわけないじゃない!と笑いながら、心の底では、本当にあればいいのに…と思っていませんか?いえ、あるんです。本当に。それは食べても太らないように体に働きかけるホルモンなのです。

さて、この「GLP-1」というホルモン、耳慣れないとは思いますが、実は全ての人の体で毎日分泌されているものなのです。食後には特に多く分泌されていると言われています。痩せの大食いなんていう言葉がありますが、食べても太らないタイプの人は、このホルモンが人より多く分泌されているようです。

なんともうらやましい話ですが、このホルモンは、たくさん分泌される人と、少ない人といるのです。その差が、普段の太りやすさや太りにくさに直接関わっているのです。肥満の人が多い国、アメリカではなんと薬品として開発して既に治療に使用しているとか。

日本では今のところ糖尿病と判断された患者にしか処方されていませんから、すぐにそれが日常的に飲めるとは期待しない方が良いでしょうが、それならば、日本ならではの食材と食べ方で、しっかりGLP-1を増やそうではありませんか。

食べて増やせる、やせるホルモンGLP-1

このホルモンの素晴らしいところは、食事をして小腸を刺激すると、その刺激で出て来てくれるというところです。もちろん、出やすい食べ物とそうでもない食べ物がありますので何でも良いというわけではありません。

そこで大事なのが「ホルモンをたくさん出してくれる食べ物」です。食べ物には太りやすいものと、太りにくいものがありますよね。その違いは、普段は脂肪分が多いとか、カロリーが高いとか、糖分が高いとか、そういったことで多くの人が判断していると思います。

しかし、大切なのはそれだけではなく、食物繊維の多さにあるのです。食物繊維はお腹の調子を整えてくれるもの、というのは女性ならほとんどの人が知っているのではないでしょうか。この食物繊維が実はGLP-1をたくさん出してくれる良い刺激を小腸に与えてくれる食べ物のひとつ。

カボチャやひじき、大麦、ごまなどはとても高い数値の食物繊維を含んでいますし、色々な種類の野菜を食べることで、やせやすい体を作れるという「なんとなく知っていた知識」には、きちんと根拠があったということですね。

そしてもうひとつが、魚に含まれるEPAという物質。これもDHAと同じく最近は注目度が高くなって来たために、サプリメントなどで目にする機会が増えて来ました。

EPAは、エイコサペンタエン酸という物質で、いわゆる青魚によく含まれます。代表的な魚としては、サバ、アジ、イワシなどですが、他にもイクラやマグロのトロなどにもしっかり含まれているのです。

日本食を食べるだけでやせた欧米の人達の話

実際に数名、欧米諸国から日本に移住したり仕事で長く滞在したりしている人達から、日本食を気に入って毎日食べていたら、知らないうちに数キロやせた、という話をたびたび聞くことがあります。

彼らは「お腹いっぱい食べていたのに!」と驚いていましたが、よく聞くと、やはり魚の美味しさに目覚めた人達ばかりでした。寿司に始まり、煮魚、焼き魚、なんでもおいしくて毎日のように魚を食べていたという人達です。

日本に来ると、なぜ皆こんなに痩せているのかと驚く他国の人達は多いものですが、痩せていることが美しいという若い女性の風潮はともかくとしても、その大きな理由は頻繁に魚を食べ、豊富な種類の野菜を食べていたからなんですね。

昔ながらの食事が少しずつ欧米化するとともに肥満が増えているのは事実です。今こそ改めて日本食の良さを見直して、毎日の食事から変えていきませんか?美味しくしっかり食事をすることで痩せられるなら、一石二鳥ではないですか!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る