TOP > > 代謝を上げるとメタボ解消!やってはいけない代謝を下げる5つの方法

代謝を上げるとメタボ解消!やってはいけない代謝を下げる5つの方法

皆さんは代謝をご存知でしょうか?代謝とは我々が生きていく上で重要で必要な作用と言えます。呼吸、体温調整、内臓の働きなどは代謝によって生まれるエネルギーにより動いているのです。

代謝にも色々な種類がありますが、今説明した代謝を基礎代謝と呼びます。つまり基礎代謝は人間が生命を維持するために必要な最低限のエネルギーであり、特に活動しない状態(寝ている)においてでも必要な物なのです。

実は基礎代謝には個人差があり、代謝量が大きい人と小さい人がいるのです。

基礎代謝の向上によってメタボ解消が可能なのか?

何もしないでエネルギーを消費する代謝ですから、基礎代謝が大きい人の方が太りにくい体質と言えるでしょう。つまり、同じハンバーガーを食べて直ぐに寝ても、基礎代謝が大きい人は太りにくく、小さい人は太りやすいのですね。

それではなぜ基礎代謝に違いがあるのでしょうか?同じ人間であれば基礎代謝の量は同じくらいと考えがちですが、個人差によって基礎代謝は違います。基本的に体重や年齢などによっても違いはありますし、性別によっても違いは出てくるようです。

また、体重や性別以外にも筋肉量や体温差などの違いによっても基礎代謝に違いが出てくるようです。

つまり、基礎代謝が大きい人はエネルギー消費が激しく、基礎代謝が小さい人は省エネ型だった訳です。省エネ型の人はエネルギーの消費が少ない反面、余ったエネルギーを脂肪として蓄えてしまいます。

反対に基礎代謝が大きい人はエネルギーを使い切るので、脂肪として蓄積されることはありません。同じ食事をして太りやすい人と、太らない人がいる理由はこれだったのですね。

基礎代謝を大きくすることは、余分なカロリーを消費してくれるので、メタボの解消にも効果が期待できます。しかし、簡単に代謝作用をコントロールすることは難しく、それよりも普段の生活の中で代謝量を下げないように注意することこそが大切なのです。

基礎代謝を下げないためにやってはいけない5つのポイント

普段の生活の中で、基礎代謝を下げてしまう可能性のあるポイントを5つ紹介します。皆さんは知らず知らずの間にやっていませんでしたか?

お風呂はシャワーで済ませていませんか?

身体を温めることは基礎代謝を上げるのに効果があります。普段からシャワーで済ませている人は、身体を冷やすことに繋がります。身体の表面だけではなく深部を温めるために湯船に浸かることが重要です。

ジュースやアイスクリームを好んでいませんか?

冷たい食べ物は身体を冷やします。特に腸を冷やすことは代謝だけではなく、免疫作用も弱めることになります。冷たい食べ物には注意して下さいね。

運動を行っていますか?

基礎代謝は筋肉量と関係があります。筋肉を増やすことにより酸素を多く取り込めたりするので、代謝が向上します。有酸素運動以外にも筋力トレーニングも加えてみましょう。

食事をしっかり摂っていますか?

食事が不規則であったり、しっかりとした栄養を摂っていないと代謝が下がってしまいます。ビタミンやミネラルなどバランスの良い栄養を摂るようにしましょう。

質の良い睡眠をとっていますか?

不規則な生活は基礎代謝を下げる原因になります。特に睡眠不足や夜型生活は自律神経を狂わせて、基礎代謝を下げてしまう要因にもなります。しっかりとした睡眠を心掛けて下さい。

これらは簡単なことですが、結構当てはまっているのではないでしょうか?これらに該当する人は該当内容を改善することにより、基礎代謝を向上させることができるかも知れません。

太りにくい身体を作るためにはまず基礎代謝を下げないことが重要。参考にしてみて下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る