TOP > > 40歳以降のダイエット。脂肪がつきやすい年齢でもできるメタボ予防法

40歳以降のダイエット。脂肪がつきやすい年齢でもできるメタボ予防法

40歳以上の人の多くが感じること、最近特に食べ過ぎているわけじゃないのに太った?なんでだろう?おそらく多くの人がこう感じているはずです。

これには理由があって、40歳を境に基礎代謝機能という機能が低下するからです。これは老化現象の一種なので、誰にでも起こりうることなのです。特にお腹周りは脂肪が蓄積されやすい場所なので、中年以降にお腹周りがぽっこりしてしまうのはある意味仕方のないことなのです。

中高年はダイエットに成功しないという思い込み

個人差もありますが、ここで多くの人が老化現象なら仕方がないと諦めてしまいます。諦めてしまい何も対策をとらなければ結局メタボリックという結末が待っています。これも中年だからとか、もう年だから仕方ないんだという思い込みと言い訳が状態を悪化させてしまうのです。

気持ちを切り替え、ちょっと日常生活を改善するだけでも中年だってまだまだダイエット可能ですし、はっきり言ってダイエットに年齢は関係ないし言い訳にはならないのです。

ここで諦めメタボリック+生活習慣病と一生付き合うか、メタボリックにはなりたくない!と頑張るかによってその後の生活も大きく変わってくるとしたら、私は努力する方を選びたいです。実際40過ぎると一旦付いた脂肪はなかなか落とせなくなるので、早めに行動に移すことも大切です。

40代以上におすすめのダイエット法

『年相応』という言葉がありますが、これはダイエットにも当てはまることです。基礎代謝が低下しているならそれを意識して、代謝をアップさせるようにすればいいのです。

ダイエットと聞いたとき多くの人が食事を制限することをイメージすると思いますが、40歳以上のダイエットには食事制限はせず、お腹の脂肪を撃退する作用のあるものを食べる方法がおすすめです。ただし食べ過ぎは禁物です。

代謝を上げるためには酵素と食物繊維が必要なので、いつもより多めに野菜を食べるようにします。どうしても足りない場合はサプリメントで補います。食物繊維は水分を含むと膨張するので、空腹を抑え食べ過ぎを予防する効果もあります。

野菜には酵素も含まれるので、40歳以降に衰えやすい消化と代謝の機能をサポートしてくれます。発酵食品にも酵素が豊富なので、味噌汁は毎日、できれば毎食でも飲むといいですね。無理な場合は酵素ドリンクを取り入れるのもおすすめです。

特に厳しい食事制限はしませんが、腹八分目とヘルシーを心がけます。炭水化物も食べていいのですが、食べる場合は午前中に食べておきましょう。

ザワークラフトも40歳以上のダイエットに取り入れたい食材です。ザワークラフトというのはキャベツの塩漬けを瓶詰めにしたものです。

ただの塩漬けではなく瓶詰めにすることで発酵食品になるので、酵素も含まれていますし、キャベツの食物繊維が腸内で脂肪の吸収を抑え、腸内環境も整えてくれます。自宅でも簡単に作れますし、市販のものもあるので取り入れやすいと思います。

ダイエットを決意してもお酒好きの人は、お酒も飲みたいですよね。どうしてもお酒を飲みたい場合は1日1杯の赤ワインをオススメします。赤ワインにはポリフェノールやレスベラトロールが豊富に含まれるので、適量なら脂肪の吸収を抑えるのでダイエットにも役立ちます。ただし飲み過ぎるとカロリーが高いので逆効果です。

ここで紹介した方法ならそれほど難しくありませんし、食材も身近なものだし安価で手に入ります。どこでも売っているものなので、今日からでも実践できますね。

40歳過ぎているからと諦めず、ちょっとだけ工夫+努力+改善をすれば、まだまだダイエットに成功できますし、痩せやすい体に体質改善しメタボリックを予防することも可能なのです。

最後にもう一つ、ダイエットはいかに体脂肪を燃やすかにかかっているので、適度な運動は欠かせません。工夫+努力+改善に軽い運動もプラスしておきます。お風呂の中でのストレッチ、簡単な体操でも十分なので毎日続けられるものを取り入れましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る